DODA3

DODA(デューダ)総合転職・徹底調査(1)56.7%が「初めての転職」で利用

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

DODA(デューダ)は、利用者の半分以上にあたる56.7%が1回め=初めての転職ということ。2回め以降の転職となると経験も出てくるのでこなれてくる中、初めての方がDODAに集まるには理由がありそうです。

理由①:首都圏から地方までを網羅した40,000件の圧倒的な求人情報数

DODAは転職サイトの中でもリクナビに続く求人情報数を誇っています。その数は、なんと40,000件!常時6,000社の企業から40,000件の求人情報が集められています。そのうち公開されている求人情報は全体の2割。残りの32,000件は非公開求人となっています。

他社の転職サイトでは求人情報のエリアが絞られているところが多く、首都圏の求人情報しか扱わないサイトも見かけます。しかしDODAの求人情報は全国を網羅。地域ごとにどういった業種・職種が今好況なのかを調べ、その企業をリサーチ。採用されるには何が必要かを把握していきます。

UターンやIターンを検討している方、自分のやってみたい業種が好況な地域はどこなのか、DODAでは全国規模で転職先を探すことができですよ。全国を網羅する圧倒的な求人情報数ときめ細かいエージェントサービスで支持を得るDODAですが、どのような方が利用しているのでしょうか。

年齢

学歴

  • 高等学校・・・・・・・3.1%
  • 高等専門学校・・・1.3%
  • 専修・各種学校・・・7.0%
  • 大学・・・・・・・・・・・75.7%
  • 大学院・・・・・・・・・10.6%
  • 短期大学・・・・・・・2.0%

転職回数

  • 0回・・・・56.7%
  • 1回・・・・26.4%
  • 2回・・・・10.8%
  • 3回・・・・3.9%
  • 4回以上・・・2.2%

56.7%の方が初めての転職でDODAのサービスを利用しています。無料で診断できるコンテンツも多く、初めてでも安心して転職活動を進めることができます。

>>>DODA(デューダ)の総合転職、公式サイトへ

理由②:スマホ・携帯からも転職活動をサポート。マイページを使って空き時間で転職活動

在職している方は転職活動に充てる時間も少なく限りがありますね。勤務時間外を使って転職活動をすることは、体力・精神的にも負担になってきます。

DODAでは転職活動の負担を少しでも減らすために、マイページを作成してちょっとした空き時間でも転職活動を進められるようサポートしています。PCだけでなくスマホや携帯で簡単に確認でき、マメにチェックすることができます。

マイページでは以下のことを確認できます。

  • 専任キャリアアドバイザーからの連絡
  • Web履歴書の完成度(更新や添削確認も可能)
  • 企業からのスカウトメール
  • 企業からのメッセージ
  • 登録者の経験を活かすことができる求人情報
  • 希望条件に近い求人情報
  • 検討中リストに保存されている求人情報
  • 過去5件の閲覧求人情報
  • 登録情報が似ている方の内定までの平均応募数

その他にもDODAが行っているサービスの診断結果や利用状況も見ることができ、サービスの申し込みも可能です。面接までの転職活動をマイページでしっかりサポート。日々更新されるマイページ情報で転職活動の効率をあげましょう。

>>>DODA(デューダ)の総合転職、公式サイトへ

理由③:書類通過率が高まるDODA独自の推薦状も応募書類と一緒に提出

企業へ応募する書類を無料で添削するサービスは、今や転職サイトでは当たり前のサービスになってきていますね。もちろんDODAでも無料で履歴書や職務経歴書の添削をうけることができます。しかしDODAはそれだけではないのです。企業へ応募する書類(転職者自身が用意するもの)にプラスしてDODA独自の推薦状も一緒に提出します。

推薦状は専任のキャリアアドバイザーが担当。そのため専任のキャリアアドバイザーは面談や求人条件・希望のやり取りをしながら、転職者の人柄も見ていきます。希望求人情報を探すだけではないのですね。

履歴書では読み取れない個性、仕事への考え方、優れているところを余すことなく推薦状にまとめていき、履歴書や職務経歴書と一緒に企業へ提出してくれます。自分の良いところは、なかなか気が付きにくく、当たり障りのないアピールになってしまいがち。DODAの推薦状で良いところすべてを企業へアピールできますね。

そしてもう1つ、DODAは書類を応募し結果を待つだけではありません。審査が少しでも早くされるように企業の担当者を促します。結果を待つ時間はただでさえ長く感じますよね。企業によっては審査の結果が出るまでに二週間以上かかるところもあるようです。応募した後のフォローも充実していますね。

>>>DODA(デューダ)の総合転職、公式サイトへ

理由④:DODAのメールマガジンは最新の求人情報から転職市場も把握できる。

DODAでは会員登録時にメールマガジンの無料配信を希望することができます。配信されるメールマガジンは2種類あり、「速報!求人ニュース」と「天職のススメ!」です。最新の求人情報や転職市場の動向を知ることができ、効率良く転職情報を得ることができますよ。

速報!求人ニュース

登録内容から希望に近い求人情報や新着求人情報が配信されます。登録者以外は公開されていない求人情報になりますので、人気のある企業の求人情報をいち早く見ることができます。

配信は毎週月曜と木曜ですが、希望条件に合った求人情報が入ってくると曜日関係はなく配信されるので情報を逃すことがありません。週5回配信されることもありますよ。他にも登録しているエリアのセミナー情報やイベントもチェックすることができます。

今、採用がアツい企業はどこなのか?人気の業種や職種は?企業はどういった人材を求めているのか?といった転職市場が分かる「天職のススメ!」。市場動向だけでなく、転職の進め方や企業へ応募する書類や面接のノウハウも配信。

そして最新求人情報も併せて紹介されていますが、「天職のススメ!」で紹介される求人情報は非公開求人情報の中でも極秘プロジェクトや年収600万円以上のポジション、英語力を必要とする求人情報を扱っています。

>>>利用者の56.7%が「初めての転職」!DODA(デューダ)の総合転職<<<DODAの総合転職

DODA(デューダ)総合転職・徹底調査(1)56.7%が「初めての転職」で利用
DODA(デューダ)総合転職・徹底調査(2)キャリアタイプ診断・年収査定サービス
DODA(デューダ)総合転職・徹底調査(3)【リアルが充実】転職フェア・面接準備セミナー

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。