hopeyecatch

成績優秀者以外はボーナスなしのブラック出版会社。総合職から一般職への異動を突然命じられる

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

大学卒業と同時に新卒で就職しました。誰もが目にする雑誌や書籍を出版している会社だったので、知名度はそこそこあり、テレビCMもやっていたので安心していました。同期入社の数も多く、新入社員の研修制度も整っていて、始めの頃は良い会社に就職できたと喜んでいました。

朝7時に出勤して帰りは毎日終電。1か月後には慢性的な疲労感から体調不良に

入社から1か月ほどが過ぎ、同期の皆ともそこでお別れとなりました。それぞれが京阪神間にある支社に配属され、新たなスタートを切ることになりました。入社当時の希望配属先として、編集の仕事に携わりたかったのですが、しばらく働いてみて、どうもその様子が見えてきません。

もちろん、入社の際の面接時や、入社してから上司との面談でもその旨は伝えてきました。しかも上司・先輩は朝7時に会社に来て、帰りは毎日終電という生活でした。同期がたくさんいて、励まし合えたのでその点だけが救いでした。

ところが、1か月もしないうちにまず、体に異変が訪れました。土・日曜日の休みの日になると、慢性的な疲労感で布団から出られません。休みの日をただダラダラと過ごし、また月曜日を迎えるという生活です。

社長が発表する成績優秀者しかボーナスは支給されなかった

たまに、早く(と言っても夜の8時か9時)に退社しようとしてタイムカードを押し、「お疲れ様でした」とあいさつをしても、上司・先輩は誰も返事をしてくれませんでした。その会社では3か月に一度ほど、成績優秀者をたたえるパーティーが催されていました。

大阪市内の某ホテルの宴会場を貸し切って行われ、社長が演台に立って、社員を鼓舞する話をされます。続いて、成績優秀者の発表がありました。始めはなんのことかわかりませんでしたが、表彰の最後に社長がひとこと、「以上をもって、今回のボーナス支給者とする」と発言しました。

ますます意味が分からなくなってきました。同僚と顔を見合わせていると、上司が封書を一人ずつ配っています。私ももらいました。何が書いてあるのだろうと開封すると、中から一枚の紙が出てきました。「○○年度夏季ボーナス 0円」という文字が飛び込んできました。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

ボーナスが支給されるのは300人中1人だけ。新入社員は全員ボーナス0円

どういうことか全く分からず、トイレの個室に入ってゆっくり読んでみました。しばらくたってようやく理解できました。今回のボーナスは無いということです。入社時も入社してからも、成績優秀者にしかボーナスは出ないとは一切聞かされていませんでした。

涙が出てきました。個室から出てボーっとしていると、隣の個室から同期の女の子が目をはらして出てきました。理由を尋ねると、彼女にも私と同じ紙が入っていたようなのです。ボーナス0円は私だけかと思っていたら、彼女も同じでした。宴会場に戻ると、同期の皆が同じ紙をもらっていました。

ということは、さっき社長が言った「以上をもって、今回のボーナス支給者とする」というのは表彰された一人にしかボーナスは出ないということなのかとやっと理解しました。悔しいというよりも、悲しくて、本当に涙が出てきました。300近い社員のうち、ボーナスが出たのはたったの1人。

突然転勤を命令された上に、総合職から一般職に移るよう強要される。断るとクビだった

半年もしないうちに、先輩社員がチラホラ辞めていくのにも気が付きはじめました。社員数の割には平均年齢が低いということにもやっと気が付きました。離職率が高かったのです。

同期の友人が年が明けた1月早々に辞めると言いだし、引き留める理由もないので新しい環境で頑張ってねと、親しい者だけで送別会をした翌週、私は上司から呼び出されました。転勤命令です。しかも総合職で入社したにもかかわらず、一般職に移ってくださいという一方的な辞令です。給与も変わってきます。

断ったらどうなるのか聞くと、その場合はクビですとひと言。友人の送別会から4日後、私が辞職願をこんなに早く出すとは想像しませんでした。最後に上司が辞める理由を聞かせてほしいと本心からかどうかはわかりませんが聞くので「いっぱいありますが、求めていた職種、仕事に携われないとわかったからです。」と答えました。

そして、なぜはじめに編集の仕事はできないと教えてくれなかったのかと聞くと、「気づかなかったあなたが悪い」と、私の洞察力不足を挙げられました。今もあの会社は君臨しています。ですが、早めに辞めてよかったと思います。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。