IMG_3

「医師転職ドットコム」取材!メディウェルに行ってきた

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
エムスリーキャリア
エージェント

★★★★★

詳細

2位
シミックキャリア

★★★★

詳細

3位
リクルートドクターズ
(非常勤)

★★★★

詳細

どうも、HOP!管理人のキュースケです。今回HOP!では「医師転職ドットコム」を運営している株式会社メディウェル様を訪問インタビューしてきました!

メディウェル様は「あなたの幸せが明日の医療の力になる」というポリシーの元、「医師転職ドットコム」という医師向けの転職支援サイトを運営している会社様です。全国6箇所(札幌本社、東京本部、名古屋支店、大阪支店、広島支店、福岡支店)に拠点を置き、47都道府県すべてを網羅した求人情報から一番マッチした求人情報を紹介してくれます。

求人情報の数はなんと約4万件も取り扱っており、しかも全国5つの拠点にいるコンサルタントの方が全国の医療機関を回りながら徹底的にリサーチをしているというから驚きです。それだけ力を注いでいるだけあって求人情報の質が非常に高く、転職した医師の満足度94.7%という数字にも納得できます。

医師とはいえ、仕事の悩みや転職理由は会社員と一緒・・・!?

今回のインタビューはキャリアコンサルタントも務めていた経験があり、現在はマーケティングを担当されている安藤さんに回答をお願いしました。

キュースケ:初めまして。本日はお忙しい中、お時間いただき誠にありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します!

安藤さん:よろしくお願いします^^

キュースケ:そもそも、医師の転職というのが僕にはあまりイメージがわかないというのが正直なところです。会社員の方の転職とはまったく違うものですよね?

安藤さん:そうですね、医師は会社で働くサラリーマンとはもちろん違いますが、それでもやはり病院などの職場に勤務している方ですから、業務内容や職場の人間関係、生活とのバランス、キャリアへの考え方の変化や労働条件(基本給、当直手当、アルバイトの日当、各種手当)など、様々な課題に直面しているという点ではあまり違いはないかもしれません。

メディウェル様訪問記事
キュースケ:なるほど、医師とはいえ働いてお給料をもらっているわけですしね。「各種手当」のお話となるとぐっと身近に感じます(笑)。とすると、具体的に医師の先生はどのような理由で転職を検討され、メディウェル様に転職相談されるものなのでしょうか?

安藤さん:医師に多い転職理由としては、たとえばオンコールや当直、残業が多いこと、休日がまともに取れないなど忙しさによる負担が挙げられます。またこれと連動する形で、やはり年収等の勤務条件に不満があるという医師も多いです。特に医局派遣の医師であれば、医局を退職して病院に直接勤務するだけで年収がぐっと上がること・当直やオンコールがなくなることも多いものですから、ここへの不満は大きいようで、ご相談も多くなっています。他の医師の勤務条件と比較したがる方も多いですね。

キュースケ:忙しさとお給料への不満となると、確かに普通の会社員の方の転職理由と似ていますね。

安藤さん:基本的にはそうだと思います。もちろん忙しさの質やお給料の差など、細かい違いはあると思いますが・・・。

また、大学医局では教授などの重要ポストにいる方の異動があって突然仕事がやりづらくなってしまったとか、若手医師のうちは本来の業務とは関係のない雑務が回ってくることが多く、そこに不満があるケースもあります。臨床や研究にもう少し専念したいということですね。

さらには、結婚や出産、ご両親の介護やお子様の成長など、ライフイベントによって働き方を見直す医師の方も多いです。特に女性に多いように思われます。こうした場合は医局に退職理由が認められやすいので、転職しやすいというのもありますね。

メディウェル様訪問記事

医師の転職でもっとも難しいのは「病院や医局による引き止め」

キュースケ:医師の転職とはいえ、通常の会社員の転職の場合とはあまり大きな違いがないような気がしてきました。では、転職の際に医師が感じる不安や困難にはどのようなものが多いのでしょうか。実際に転職サイトを運営されているメディウェル様に寄せられるご相談内容として多いものを教えていただけますか?

安藤さん:そうですね、様々な壁があるのは確かなのですが、他の転職と医師の転職との違いで言えば、病院側の引き止め・慰留交渉。どこの病院でも医師不足に困っていますし、大学医局もなるべく医局員を減らしたくないということから、たとえば大手企業の営業社員がひとり退職するという場合の慰留と比べるとややハードかもしれません。

キュースケ:そうですね、医師の退職となると「すぐに代わりが効く」というものでもなさそうですしね。病院や大学にとっては、医師ひとりの転職にも大きなインパクトがありそうですね。とはいえ、どんな形での慰留交渉があるのでしょうか。通常で言えば給与のつり上げでの交渉が多いように思いますが、医師と病院の間でもそうした慰留交渉があるものでしょうか。

安藤さん:医師の場合にはそれはほとんどなく、具体的な労働条件の引き上げなどは聞いたことがないですね。やはり人情に訴えるケースが多いようです。ほかの医局員の負担が上がることや、患者さんのことなどは、確かに後ろ髪が引かれる思いにかられる医師の先生も多くいらっしゃいます。

医師の世界はやはり狭いため、実際の退職の場面にはとても気を遣うものです。我々「医師転職ドットコム」には、この病院や医局の退職にもノウハウがありますので、退職のサポートも行っています。

キュースケ:確かに、医師ですと師弟関係などもあるでしょうし、いざ退職するとなると周りの人間関係も意識しながら退職しなくてはならないですよね。そういった医師の転職の際の悩みは最初どのような形でヒアリングしていていくものなのでしょうか。

安藤さん:最初は医師側の都合の良い場所をお伺いしてお話を聞く事がほとんどですね。例えばホテルのラウンジなどで1時間前後お時間をいただいてヒアリングをする事が多いです。

キュースケ:希望の相談場所を指定できるんですね。てっきり場所を指定されてそこに行かなくてはならないのかと思いました。医師の方はオンコールもあったり勤務時間も特殊なケースが多いのでそれは嬉しいですね。最初の打ち合わせではどのような事を話し合うのでしょうか。

メディウェル様訪問記事

具体的な医師の転職の流れーメディウェル様との打ち合わせから求人情報の紹介、採用面接へ

安藤さん:最初の打ち合わせでは、今の勤務先から転職したい理由、希望年収や勤務時間等の勤務条件のヒアリングを中心に行います。場合によって事前に電話で打ち合わせ、面談当日には求人情報をいくつかご紹介できるよう準備して行くこともあります。いずれにしても、医師が希望する勤務条件と私たちが提示する求人情報の勤務条件にずれが無いようにしっかり打ち合わせをしていきます。

キュースケ:キャリアコンサルタントの方との面談が終わると、いよいよ次は実際に病院との面接ですよね。医師の採用面接となるとおそらく一般企業への転職の際の面接とは重要視されている部分も違うと思うのですが、いかがでしょうか。

安藤さん:そうですね。実際に医師の面接となるとおっしゃる通り、一般企業の面接とは違ってきますね。今までの経験、症例、持っているスキルなどについての質問はもちろんあるのですが、それ以外の雑談などからコミュニケーション能力を見ている事も実は多いんですよ。

キュースケ:確かに実際に医師の「お客様」は患者さんになるので、コミュニケーション能力は重要になってきそうですね。一人一人大きな責任・役割を請け負うことになるのでそう簡単に採用、不採用を判断出来ないと思うのですが、通常、面接はどのくらいの回数行うのでしょうか。

安藤さん:転職までの面接はだいたい1回で決まってしまう事が多いですね。ですので我々キャリアコンサルタントは事前の交渉や準備などをしっかりしていき、1回の面接で希望する勤務条件などに漏れの無いように細心の注意を払っています。
また、ほとんどの病院が人手不足ですので、採用に関しては病院が医師を選ぶというよりは、医師側が病院を選ぶという立場で進んでいきますね。

キュースケ:1回で決まってしまうんですね!そうすると医師側も病院側もかなり緊張感のある面接になりそうですね。

安藤さん:いえいえ、面接自体の雰囲気は和やかな雰囲気で行われる事がほとんどですよ。私たちキャリアコンサルタントはしっかり準備と面接の対策を行いますし、ほとんどの場合、面接に同席をいたしますからね。あ、もちろん医師側が面接への同席を希望されない場合は私たちは同席しませんよ。また、面接後に院内の見学を一緒にする事もあります。病院側も医師側も転職後に「そんな勤務条件は聞いていなかった、知らなかった」という声が上がらないように出来る限りの工夫をしています。

給与、当直ありなしなどの交渉は代行してもらえるんですか?

キュースケ:キャリアコンサルタントの方とは面接でも2人3脚で一緒に頑張っていくイメージなのですね。ということは、少し言い出しづらい年収や当直ありなしなどの勤務条件の交渉も、キャリアコンサルタントの方にお願いをする事は可能なのでしょうか。

安藤さん:はい、もちろん我々がサポートいたします。面接は1回きりが多いということもあり、原則的に勤務条件については面接前に擦り合わせをしますね。仮に医師の方が1人で面接を受けられる場合でも、勤務条件の擦り合わせは事前に行います。ただ、医師の方が面接現場で給与の交渉をするケースも中にはありますね。

メディウェル様訪問記事

キュースケ:何から何まで丁寧にサポートしてくれるのですね。実際に転職をするとなると不安な事だらけだと思いますので、キャリアコンサルタントの方がいつも近くにいてくれるというのは心強いと思います。キャリアコンサルタントの方1人あたり何名くらいの転職希望の医師を担当しているのでしょうか。

安藤さん:だいたい12名前後の転職を希望している医師を担当をしていますね。毎月新たに5名程追加されていきます。ちなみに医師1名あたりに平均7件ほど求人情報をご提案し、その中から2,3件に応募をして面接をしていくというケースがとても多いです。

キュースケ:コンサルタント1人あたり12名前後であれば1人の医師を全力でサポートできそうですね。こんな質問をしたら大変失礼だとは思うのですが、正直キャリアコンサルタントの中にはベテランの方もいれば、1人前になったばかりの方もいると思います。どのようにその差を埋めているのでしょうか。

安藤さん:確かにキャリアコンサルタント一人一人の能力に差はありますね。新人のコンサルタントもいれば、兄弟に医者がいるコンサルタントや、病院のコンサルをしているようなベテランコンサルタントもいます。ただ、そのような能力の差を少しでも埋められるように毎週各営業所で勉強会を開き、コンサルタントの質に不満を感じさせないような転職サポートが出来るように努力しています。

医師転職ドットコムの大きな安心は「医師」「勤務先病院」「医師転職ドットコム(メディウェル)」3者の契約でがっちり勤務条件をかためること

キュースケ:そういった心強いサポートを受けつつ面接を終え、無事に内定を獲得して転職を完了したとしても、おそらく実際に働き始めるまでに不安に思う事って結構あると思うのですが、実際に上がってくる声としてどのようなものが多いのでしょうか。

安藤さん:「本当にこの病院でいいのか」「病院側で提示した勤務条件が立場によって変わる事があるんじゃないか」という勤務条件に関する心配ごとが多いですね。他社様の転職サイトを利用されたことがある方がおっしゃるには、転職をした後に「聞いていた勤務条件と違うじゃないか!」となるケースもあるみたいで…。そのようなことの無いように医師転職ドットコムでは3社間で書面を交わしています。間に中立な立場の弊社が入ることで、医師が安心して転職できるように工夫しています。

また今勤めている病院や大学などで慰留交渉が入るなどして退職できなくなってしまい、入職時期が決まらないというケースも他社様の転職サイトを利用されていた事のある方の声を聞いてみると多いですね。ただこちらに関しては先ほども申しましたが、我々医師転職ドットコムでは病院や医局の退職にもノウハウがありますので、退職のサポートも行う事もさせていただいています。

キュースケ:最後勤務条件がしっかり固まるところまで徹底した転職サポートをしてくださるんですね。他社様と比べても段違いかと思います。その医師の人生を左右するほど重要な役割を持つ「キャリアコンサルタント」の方ですが、一番やりがいを感じる時はどのような時なのでしょうか。

安藤さん:やっぱり医師の方が転職をした後に、ありがとうの一言をくれた時や、病院側より医師転職ドットコム経由で転職してきてくれた医師は良かった、と言ってくださった時がやっていて良かったと感じる時ですね。

メディウェル様訪問記事終始笑顔で受け答えしてくださった安藤さん。話していてとても安心感がありました。

メディウェル様訪問インタビューを終えてのキュースケの感想

メディウェル様では3社間で書面を交わして入職後に条件のずれが起きないようにしたり、週1回勉強会を開いて医療の知識を磨いたり、内定獲得後の離職に関するノウハウを貯めていたりと、医師が不安に思っていることや求めていることに対して100%以上応えられるように、あらゆる角度からサポートが出来るように工夫されているということを強く感じました。

一生涯に何回もない「転職」という重要なタイミングなので、一緒にその活動をしていくコンサルタントの方の「質」は本当に大切だなと思いました。僕はweb業界で働いていますが、いざ転職をするとなった時に全然web業界について知識が無い人がコンサルタントとしてついたらおそらく不安に感じると思います。

今回インタビューに回答してくださった安藤さんは医師に関する知識がとても深く、話していて安心感がありました。安藤さんのような自分の業界に対する深い知識を持っていて尚且つ話していて安心感のある方にコンサルタントをお願いできたら、満足いく転職活動ができそうです。

ちなみに安藤さん曰く、転職を考えている人は複数の転職サイトに登録してみて比較をしていく方が多いようです。もし僕が複数サイトに登録をするなら、少なくとも医師転職ドットコムのような安心してコンサルタントの方に相談ができる転職サイトに登録をしていきたいと思います。

>>>イチオシの医師向け転職サイト、医師転職ドットコムはこちらmedi002

転職サイト名
常勤
非常勤
年収UPしたい
公式サイトリンク
エムスリーキャリアエージェント

無料登録


登録はコチラ
医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。
エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。
シミックキャリア

無料登録


登録はコチラ
医薬品開発を主に行っているシミックグループが運営。一般病院リハビリ病院クリニックなどの他の転職サイトでは見かけないオリジナル求人が豊富なので、エムスリーキャリアエージェントと一緒に登録をすれば大体の求人情報を網羅できる。
シミックドクターは「転職をしようか迷っている場合」でも登録できる。今の勤務先と掲載されている求人を比較検討することも可能。
リクルートドクターズキャリア

無料登録


登録はコチラ
3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。
また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。