post-507

デザイン案もない状態でサイト作成を翌朝までにしてくれとの依頼

 

職業:WEBデザイナー
困った依頼:商店街のイベント告知サイトのデザイン 

私の住んでいる地域では毎年、夏になるとお祭りが行われます。毎年恒例のこのお祭り、いつもは近所に住んでいる方々だけでひっそりと行って居る、ちょっとしたお祭りだったのですが…数年前は、私にとってちょっとだけいつもと違いました。

お祭りまで1ヶ月のある日、母親から相談

お祭りが目前に迫った、1か月前のことです。その年、駅の再開発に伴って駅の利用者が倍増。寂れていた駅前は人でごった返すようになり、せっかくならお祭りもドドンとやろう!と実行委員の方が張り切ってしまいました…。(張り切ってしまったという書き方はどうかと思いますが、後になってこの書き方は正しいことがお分かり頂けるかと思います)

当時、WEBデザイナーとして細々と生活をしていた私。いつものように依頼されたお仕事を片付けていると、母親に相談を持ちかけられました。その年の実行委員の一人である私の母曰く、

「実行委員長の田中さん(仮名)が、”今年はネットで祭りの宣伝をしよう!”って言ってきたんだけど…」
「実行委員の中には、そういうの詳しい人いないのよ」
「あんたパソコンとか詳しいでしょ?依頼費もしっかり用意してるからちょっと頼まれてくれない?」

とのこと。なんでもネットを通じてお祭りの事をもっと世間に広め、町内にたくさん人を呼び込みたいらしい。町内も潤うし、活気づくし、そりゃあいいことじゃないですか。すぐさま軽い気持ちでOKを出して、その日の晩、実行委員会の集まりに母親と参加しました。

サイト開設を申し出ると実行委員の方が歓喜

実行委員会は総勢10名。実行委員長である田中さんや会計の山田さん(仮名)達を紹介され、早速、今回のサイト開設のお話に。

「いつもお世話になってる町の為なら、別にWEBデザインだけじゃなくてサイトを開設するくらいしますよ?」

といったことをお話しした途端、実行委員の方歓喜。委員長の田中さんも、

「いや、本当に?助かるよ」
「インターネットとかそういうの、誰もわからなくてね」
「出来ることがあれば何でもするから」

はっはっはっと、何がおかしいのかわかりませんが太ったお腹をポンポンさせながら笑顔で頼まれました。…その笑顔にその後、苦しめられることになるとは、この時の私はまるで思っていませんでした。

デザインイメージは無い。納期は明日

一通り自己紹介などが済んで、早速本題に。サイトはどのようなデザインにするのか、どういったことを書くのか、納期はいつまでか等を尋ねました。すると田中さん、楽しそうに一言。

「いやぁ実はまだ何も考えていなくてね?」
「でもサイトは出来るだけ早く作って欲しい、そうだな…明日の朝までに見られるようにして!」

…はい?何を言ってるんだこの人は。酒が入ってるからって調子に乗るなよ!…というのを心にぐっとしまい込んで、ちょっとずつ反論をしていきました。(冗談って可能性もありますしね)

「今日中ですか??確認してもらいたいですしそれはどうですかね??」
「流石にそれは無理ですよ?!」

とこちらも明るく返したところ、

「いやいや大丈夫?私ちゃんなら出来るって?」
「それっぽくちょっと作ってみてよ!実際にインターネットに載ったやつ見てみるからさ!」

ガッハッハッ!と、なんだか本当に作らされそうな雰囲気。実行委員の方々も

「そうね、早い方がいろんな人に見てもらそう!」
「一晩寝て起きたらもう出来てるなんて…なんだか良いよね!」

…そんなようなことを好き勝手にぺらぺらと喋っています。母親にチラリと視線を向けてみると、「楽しみにしてるから」と、母親もなんだか乗り気。…もう既に22時を回ってますけど…一から考えて朝までに仕上げなきゃいけないって結構辛くない?うーん、でもこの雰囲気は断りづらい感じだ…。

22時を回っていたが、仕方が無く受注

「わかりましたやりましょう!」
「じゃあせめてコンセプトとか…どんなサイトにしたいか教えてください!」

と、せめてそのくらいは聞かないとと聞いてみたところ…

「うーん…明るいのでお願いな!」

…とのこと。私撃沈。とりあえず実行委員は解散になり、その場はお開きに。開催日時、催し物などなど必要なことを聞き出して、帰宅後早速パソコンへ。

パソコンにかじりつくこと6時間。町内のイメージキャラクターを随所に散りばめた、比較的ポップで明るいテイストのサイトが完成。その日の朝、寝る間も惜しんで早速田中さんに連絡を入れ確認をしてもらいました。URLをお教えして、サイトをチェックしてもらったところ…

「うーん…なんだかちょっと違うなぁ…」
「明るい感じじゃなくて、やっぱり落ち着いた感じにしてくれる?」
「あ!あと去年のお祭りの写真送るからそれ入れてほしいな!」
「一晩で出来たなら、夜までには出来そうだね!」

頼んだよ?ハッハッ?…と言い残して電話が切られました。もういろいろと言いたいことはありましたが…とりあえず一言。先に言えよ!だから確認してもらいたかったのに!!

結局サイトは閉鎖。一から作り直すことに。休憩なしでそのまま作業続行し、意地で夕方に完成。その後田中さんに見てもらうと、

「いいね?!最初からこれ作ってよ?!」
「ありがとうね?!後日お金渡すよ?」

…と二言言われて終了。その次の年も作成を頼まれましたが断固拒否。
…もう二度と、あんなお仕事はやりたくありません。