hop-nurse

転職の条件で「年収アップ」と「職場の人間関係」ゆずれないものは?

60%以上の看護師が退職するときに本当の理由を伝えていなかった

看護師はとてもやりがいのある仕事ですが、反面、とても辛い仕事でもあります。看護師国家試験に合格して、やっと正看護師の資格を取得し、毎年たくさんの新人看護師が新しいスタートをしているのに、まだまだ看護師が足りないのが現状です。それは多くの看護師が次々と退職してしまうからです。

そこで病院を退職した看護師に退職理由をたずねたところ、結婚や妊娠・出産、育児やご主人の転勤、親の介護などの家庭環境の変化、立ったままの作業の多い看護師ならではのヘルニアなど退職を余儀なくされる理由もあります。その他に、勤務体制や給料の不満、人間関係なども挙げられます。

しかし、これは全て表向きの理由です。「本音が言いづらいので、当たり障りのない理由を伝えた」という看護師が実に60%以上もいたのは驚きです。退職するときには問題を起こさず穏便に退職したいものですから表向きの理由を伝えるのも納得ですね。それでは本当の理由は何だったのでしょうか?

本当の理由は、いじめやパワハラの人間関係だったのです。次いで、給料の不満、仕事にやりがいがない、福利厚生などの不満・・・などが続きます。表向きの理由の家庭環境の変化は上位にも入らず、「人間関係」を挙げた看護師がとても多かったことがわかります。

転職を考えたときに何を求めて転職先を選ぶべきか

現役の看護師が転職する際に、何を重視して転職先を選んでいるのでしょうか?転職を考えたときに、今の条件や状況よりさらに悪くなってしまうのは避けたいものです。
例えば、

  • 働きやすい職場の雰囲気(人間関係)かどうか
  • 給料や待遇の良さは自分の希望通りか
  • 残業時間、勤務時間などの労働条件
  • 新人研修がきちんとされているか
  • スキルアップ、キャリアアップができる職場か
  • 自宅と職場の通勤時間に無理はないか
  • 子供がいるので院内に託児所が設置されているか
  • 病院の近くに寮は完備されているか

などが転職をするときの条件に挙げられます。自分自身のライフスタイルに合わせて条件は人それぞれ違いますが、条件ばかりにこだわりすぎてもいい結果が得られないかもしれません。

多くの看護師が悩んでいる「給料」と「職場の人間関係」。転職をする時どちらが優先か

給料と人間関係のどちらを選ぶかは千差万別で、どちらかを選ぶのはとても難しいことです。前の職場で「給料が安く不満があったので、給料が高い職場に転職したい。」「人間関係のトラブルがあったので、転職先は人間関係のいい職場を探したい。」と単に現在の問題を回避するだけの理由で転職を考えていませんか?

高給料でも良い病院はたくさんあります。しかし「高い給料さえもらえればいい。」と給料条件だけで選んでしまったら・・・。その分、労働条件が悪くなり、勤務形態が更にハードになる場合もあります。そうなると体力的・精神的にも負担が増してしまいます。現実の過酷な業務に追われ、自分に余裕がなくなり、いつの間にか当初抱いていた看護師への希望や憧れが消え失せてしまうかもしれません。

また、「人間関係のいい職場」を選んだ場合、それは働いてみないとわからないものです。他の看護師とのコミュニケーションをとらずに自分さえ良ければいい、自分だけ我慢すればいい。と割り切ってしまい、周りの人のことは考えない・・・。それでは、いい人間関係が作れるはずがありません。

スタッフと上手にコミュニケーションがとれないと、看護師の人間関係が悪化してしまい、最悪な事故やトラブルにもつながりかねません。何よりも悲しいのは、一番大事な患者さんにまで悪影響を与えてしまうということでしょう。

人間関係の良い職場は仕事のストレスが少なく、自分の能力を思う存分発揮できるはずです。もし人間関係に問題があったとしても、まず自分自身を変えてみる努力をして、それでも改善されなければ上司に相談し、最終的に転職を考えてもいいと思います。転職する理由を明確にするために、転職をして自分はどうなりたいのかを整理してみるのも良い方法ですね。