hop-nurse

病院内の派閥の対立やいじめに不安。職場の人間関係に悩み苦しむ看護師たち

スタッフ間のコミュニケーションの取り方に不安を覚える看護師たち

看護師といえば、白衣の天使と表現されるように、誰にでも優しく接し、誰かの為に役立ちたいと仕事をテキパキこなすようなイメージが多いと思います。そんなイメージとは裏腹に、女性が多い職場特有の人間関係に悩んでいる看護師が多いようです。

看護師の仕事は患者さんへの対応、医師や看護師同士のチームワークといったコミュニケーションを大事にしなくてはならない仕事です。しかし、看護師の悩みはコミュニケーションの取り方に多いようです。

看護師は患者やその家族と看護についてコミュニケーションを一番とらなくてはいけませんが、その他に、同僚・医師・上司・院内の他の科のスタッフなど、数多くに人たちとかかわっています。中でも同僚とのトラブルが多い様です。女性の多い職場で陰口を言われることもしばしば。

看護師同士のいじめは精神的な苦痛。医療事故に繋がりかねない

看護師の職場でのトラブルの原因に、病院内に派閥があったり、同僚からの嫉妬や嫌がらせ、ひどい場合にはいじめにいたるケースがあり人間関係の悩みとなっていくようです。看護師にとって病院内の派閥は精神的にも悩まされる一つです。巻き込まれたくないと中立の立場をとると個人攻撃に繋がるおそれがあり、派閥に所属し気を使いながら仕事する毎日。

派閥の対立がエスカレートしていくと、いじめになっていくこともあります。最悪の場合、制服やナースキャップ・靴などをなくなったり、業務に支障をきたすような事態になることも・・・やはり、基本は医療従事者ですので、患者さんとの対応を一番に考えなくてはならないことです。

看護師の職に就きたいと思ったきっかけに、

  • 人から感謝されるから
  • 誰かの役に立ちたい
  • 手に職をつけたい
  • 命の大切さを実感した

など希望を抱いて看護師を目指した方が多いのです。

しかし、人間関係の悩みがあると、スタッフへの気遣いを優先させ、仕事の質が落ちてしまうのはもちろん、医療への集中力が散漫になり医療事故に繋がりかねません。こういった職場環境では看護師としての成長はおろか「仕事を続けるためには我慢が必要」という現状はとても辛い事だと思います。

人間関係が深刻になったら転職で環境を変えてみるのも一つの道

いじめが社会問題になる現在、人間関係の問題は深刻さをましています。いじめはこどもの問題だけではなく大人の職場においても行われています。実はチームワークの大切な医療の現場で看護師たちは人間関係に悩んでいます。

もちろん、全ての医療機関が人間関係が悪いというわけではないので、人間関係の良い職場もたくさんあります。実際に楽しくストレスなく勤務している看護師は多数います。職場の環境が悪いなと感じたら転職を考えるのも一つの考えです。

責任感の強い方なら、この現状から逃げ出してはいけないと考えるかもしれませんが、人間関係の悪い職場で窮屈な思いをして働き、精神的ストレスで医療ミスをしてしまうよりか、看護師としての新たな可能性を伸ばせる職場に転職する方が将来的には自分に磨きをかけることができると思います。

転職を決めたところで、新たな職場で人間関係に悩むのであれば現在の職場を続け、我慢するという考えもあると思います。もし、職場の内部事情がわかったらどうでしょうか。

看護師転職サービスは医療機関の情報を沢山持っています。なぜなら、看護師転職サービスのコンサルタントは、職場に出向き現場の声を基本に情報収集しているため内部事情に詳しいのです。看護師転職サービスのコンサルタントに内部事情を確認し、転職してみるのも一つの手だと思います。職場の人間関係がわかれば転職への踏ん切りもつくと思います。

看護師だから人間関係に悩むのではなく、どこの職場にいっても人間関係のトラブルはつきもなのかもしれません。後は自分のためにどうしたいのかという気持ちなので、職場の環境が悪い場合は勇気を出して転職するのも良い方法ですね。