hopeyecatch

新人従業員を休みなしで1日16時間労働させ、夜逃げに追い込み給料は支払わないブラック風俗店

世間は、バブルで、浮かれていました。みんな得体の知れないものに獲りつかれて毎晩飲み歩きあてもなくお金を使い続けていました。一体、どこからそんなお金が、湧いてくるのか知りませんが、とにかくお金があった。そんな時代でした。

ボーナスで毎晩飲み歩いていたバブル時代。バブル崩壊と共に借金だらけ

私も浮かれて毎晩飲み歩いていた一人です。その頃、働いていた会社は、一部上場企業で、ボーナスが、多分言うと怒られそうな金額を貰っていました。そのボーナスをほとんど飲み代につぎ込んで、毎晩遊び歩きその辺の飲み屋街では、ほとんど知らない人は、いないぐらいにあちこちを飲みまわっていました。

皆さんもご存知バブルの崩壊と一緒に私の人生も崩壊しました。一度にお金が、回らなくなり借金だらけとなり次から次にクレジットカードを使いまわした結果が、全てカードを取り上げられてしまい銀行からも相手にされないようなところまで、落ちぶれました。

そこで、とにかくお金を稼ぐ為にとても足を踏み入れたことがないような世界へ、私は踏み込みました。そこは、所謂、風俗業界で、まだ、そのころは、バブルの崩壊の余波を食らった影響は、あまりなく結構活気のある業界でした。

風俗業界に飛び込み、営業マンの経験からすぐに店長に昇格して月給は50万円

ボーナスも私にとっては少ないですがそれでも2ヶ月分という、業界でも破格の金額を貰えた名古屋でも大きな風俗店グループは、キャバクラ、風俗店、飲食店、カジノなど考えられる夜の世界をお金に変えるプロの集団だと私には映りました。

そこに入社して、もともと営業マンでしたので風俗の営業も簡単に客をあしらいながら、コンパニオンを上手におだてて店長ぐらいには、すぐに昇進しました。店長の月給は、普通の社員が、月に30に対して50ほど貰っていました。

更に店の管理責任者として警察の生活安全課へ行って名義を自分の名義にすると、何かあった時には自分も警察に捕まる危険はありましたが、それだけで月に5万程の手当てが付き55万程になりました。年収で、800万ぐらいはあったでしょう。

正社員未経験歓迎の求人情報を1,000件以上掲載するハタラクティブはこちらから

新人従業員は泊まり込みで1日16時間労働。夜逃げすると給料はなし

その他コンパニオンの女の子からの色々な付け届けなどを入れると1000万ぐらいになったかもしれません。なかなか美味しい業界でした。時間の長さを如何に感じさせないような工夫が、必要でしたが、多分、一日16時間労働の業界は、風俗店ぐらいでは、ないかと思っています。

これで、新人の男子従業員は、休みなしで、1年2年働かされて潰れていくものもいっぱいいました。所謂ブラック企業です。使えないと判断するや否や潰しにかかるのですが、散々働かせて辛さの為、夜こっそりと逃げ出すのを待っているのです。当然、泊り込みで、働かせます。

その為、お金に困っていて寝泊りできる寮希望の若い男子従業員を広告で募集します。直にそんな若い男子従業員は集まり、そして少しづつ減っていくので、また募集広告を出すことの繰り返しです。当然、夜逃げした人には給料はありませんし、その当時で月末〆の翌々月末払いという条件が新人従業員の当たり前のような労働条件でした。

店の業績が悪化し年収1000万が200万に。元従業員に面倒をみてもらいやっと生きてこられた

1日16時間労働で、休みはなし。そして、寝泊りは店泊させられます。その方が、朝、起きてすぐに仕事に就けるし幹部が、ゆっくりお昼ぐらいの出勤に比較して朝9時から仕事が、始まります。そして、幸運なことに店長職についていた私にもだんだん店の業績の悪化と共に他の従業員と同じような最悪の労働条件が、待っていました。

それでも、それまで、美味しい思いを散々してきた私には、すぐに見切りをつけて他の仕事に移ることが、出来ずにいました。徐々に売り上げが、下がっていき私の給料も徐々に下がっていきました。多い時に1000万ほどあったのにいっきに200万ほどまで、落ち込みました。

それまで、ベンツを乗り回していたのですが、ベンツの車検を受けるお金にも困るようになりました。車を維持するお金が、そもそもないのです。それでも何とか暮らすことが出来たのは、それまで面倒を見てきた女子コンパニオンに逆に面倒を見てもらっていたので、生きてこれたということでしょう。

今ではとうとう無理がたたり、入院する事になりコンパニオンの女の子に治療費を払ってもらいながら入退院を繰り返す日々です。