post-41

給料日直前に社長から「お金を貸して欲しい」と頼まれるITブラック会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

その会社に就職したのは求人広告を見てです。福祉関係の会社で、はじめてでも大丈夫!家庭的で仲良しな会社です、が売り?でした。

当時の私の給料は月20万円、ボーナスはなしです。土日祝日が休みでその他平日に休みたい時は土日祝の休みを出勤にすればよいよ、という簡単な感じでした。働き始めたころは比較的皆が仲良く楽しく仕事をしてる感じがしました。社長も気さくな方でした。

重要書類や手続き、時間や請求関連にルーズなのはブラック企業の特徴?

少しおかしいなと思ったのが書類などがきちんと揃っていなくて請求忘れなども普通にありました。お客様から請求はまだかと聞かれることもありました。また約束の時間にこない、などのクレームもあり、いい加減な会社だと思いました。

そして社長などの机の上が汚くてなにがどこにあるのかわからない状態でした。クレームの電話対応や事務所が汚いなどありましたが、社長その他の人柄の良さや、休みが取りやすいなどの気軽さからなかなか辞めることができませんでした。

給料の不払いが始まった

さらにおかしいな、と思ったのが、やはりお給料です。

お給料をまってほしい、と言われたのは働いてから数ヵ月後です。バツイチの方が多かったので、旦那のいる私に言いやすかったのだと思います。

普通の給料日から半月後にお給料をいただくようになりました。当たり前のように毎月の給料がそうなりましたが、だんだんと他の方もまってほしいと言われてるようでした。

高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。

給料遅れが続く中、社長が新車を購入

そんな中、従業員が待つ中、必要だからと、仕事上のものではありましたが、ある日、新車を購入していたりして、お金があるのか?ないのか?わからないな。と怒りを覚えたこともありました。

それでも、仕事上では自分の好きなように、用事がある時は遅くにでてその分遅くまで働く、などが可能でしたし、お給料も悪くはなかったので、遅れてももらえるなら、いいかな、という気持ちになっていました。

社長から「お金を貸して欲しい」と言われるように

ですが、次には働いて1年くらいたち、社長と仲良くなると、今度はお金を貸してほしい、と言われるようになりました。それもお給料日の前夜に、です。1万2万のお金ではなく何十万のお金を、です。

給料日の前夜、で、切羽詰まった電話のため朝一番に銀行に行くこともありました。貸したお金は約束の日には戻ってきました。そんなことが何度もありました。

お給料を待つ、さらにはお金を貸す、ということでこれ以上、仕事を辞める理由は十分だと思うのですが、1年、2年と過ぎると、人間関係ができてきて、また自由に働かせてくれるので、他に行っても自分は通用しないのではないか?という不安もでてきてなかなか辞めることができなくなっていました。

さらに新しい事務所を出すことに!?

そんな中、お金がない、中ですが、お金がないはずなのに、今度は新しい事務所をつくるから、という話になりました。お金がないのに!?と思うのですが、お金がないからこそ、という考えのようで私には理解ができませんでした。

お金がなければ今の状態でお金を使わない方法で人員の整理や仕事を増やす方法を考えた方がいいと思うのですが、私には経営がわからないし、大きなことは言えないし、やると言えばやるのだろうから、、と見守るしかなかったのですが。

今から考えれば新しいことをっするのは新たにお金を借りるためだったのかもしれません。お金がない、というのはお給料をまつ、お給料をまってもらってる人数が増える、お金をかしてほしいという、新しく事業をはじめる、いつもきていた銀行員がこなくなる、電気、電話がたびたび停まる、無理やりな営業をはじめる、など、ひしひしと、あっこの会社危ないんだなと感じる点はありましたが、それでも皆辞めずにいたのは社長の人柄、それと、楽したい自分たちの意思だったと思います。

私はその後普通の大きな会社に勤めましたが、就業時間を守る、遅刻しないとか、仕事中に携帯をみない、とか、お昼休憩が1時間きっかりだとか、そんな当たり前のことに体がなかなかついていけなくってしんどかったりもしますが、それでも、給料日の先日にお金貸して!の電話がかかってくるはずもありませんし、朝仕事していてどこからも電話がならずに、まさかっ!!(電話きられてる!)とあせることもありません。

お金のためお金のためと言われるのは変わりませんし、窮屈で仕方がないですが、やはり普通に仕事をした分だけお給料がいただける。そんな当たり前のことがすごく大事だと思ったので、お給料さえ普通にいただければありがたい!と思い仕事をさせていただいています。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。