レバテックキャリア

ランキング1位はレバテックキャリア【少数精鋭のエンジニア専門部隊】転職サイトランキング2014年最新版(3)

ブラック企業の悲しい記憶・・・

レバテックキャリアの公式HPへ

また、ブラック系のIT企業で死ぬほど働かされ、心に傷を持っている人も多いと言っても過言ではないかも・・・汗できもしない仕事を営業マンが強引に受注してしまって炎上したケースもあれば、クライアントの要望が次々に変わり手に追えなくなってクレーム化した経験、チームの仲が悪くて空中分解してしまったこと、納期前1週間は泊まり込みでほとんど寝られない・・・などなど、かなり虐げられてきた経験を持っているエンジニアも少なくありません。

「ITエンジニアはこういうものなんだ」という諦めがある人もいますし、カラダを一度壊してしまっている人も。こうした過酷な環境は、ITエンジニアという職業のことをよく理解していなければなかなか伝わらないもの。いくつもの現場で話を聞いてきたコンサルタントにしかわからないこともあるのでしょう。

エンジニアのニーズを理解しやすいというのももちろんですが、技術の話や現場の過酷な話を理解できることである種の仲間意識みたいなものも芽生えやすく、このことが利用者満足度アップに影響しているようです。上記はエンジニアの特殊性のほんの一例で、ここへの対応は経験を積まないと100%は厳しいもの。

やはりコンサルタントのエンジニアへの理解を徹底的に高めるというレバテックキャリアの作戦は、なかなか的を得ているんじゃないでしょうか。

レバテックキャリアの公式HPへ

でも、エンジニアの内情を本当に理解している転職コンサルタントって・・・?

では「ITエンジニアの内情を理解した転職コンサルタント」と言ってもそんなにたくさんいるものかと言えば、もちろんそんなハズはない。日々アップデートされていくエンジニアのスキルをキャッチアップしていくことは並大抵のことではありません。

少数精鋭と言えば聞こえはいいですが、転職コンサルタントの数がそう多くなくて大丈夫なの?という心配も上がってきそうです。

レバテックキャリアの公式HPへ

大手は大手でたいへん!求人情報と求職者の数に押しつぶされる

大手転職サービスでは毎年新卒で100人単位で採用してますね。これが3年以内に半分以下まで減ってしまうというから、とにかく転職支援サポートという仕事も激務の中の激務なのでしょう。

数ヶ月程度の研修ですぐさま転職コンサルタントにアサインされるケースもあるようです。エンジニアの気持ちがわかるかどうか以前に、社会人経験がなく転職する人の就業ニーズ、不安や不満、将来について考えていることなど、正しく理解して転職支援の仕事に生かすことはなかなか難しいかもしれません。

でも、そうでもしないと圧倒的な量の求人情報と求職者のマッチングなんてこなしていくことはできないのかもしれませんね。つまり、求人情報数や利用者数を売りにしている転職サイトは多いものの、実はそこに対応できるコンサルタントの数と質が追いついていない場合には、サービスの質が保てずムラが出てしまう。ネットの苦口コミにこうした悪い評価が吹き出してしまうのには、こうした背景があるようなのです。

「ランキング1位はレバテックキャリア」ページ一覧

【レバテックキャリアの公式HPはこちら】
レバテックキャリア

(1)転職サイトへの不満TOP10とレバテックキャリアの評判がいい理由
(2)エンジニア自身も気づいていない?特殊で多様な就業ニーズ
(3)大手転職サイトのサービスの質が上がりにくいのはなぜ?