サンドラッグのロゴ

求人で見る、サンドラッグが薬剤師にとって働き易いと評判の理由3つ

サンドラッグは、業界2位の売り上げ規模を誇る大手ドラッグストアチェーンで、薬剤師にとって高収入が実現できる魅力的な職場です。しかし、店舗によっては「残業時間が長い」「利益重視の体制」といったネガティブな声も。。

この記事では、ネガティブな声もあるが、実はサンドラッグは薬剤師にとって働きやすい職場であると言える3つの理由を紹介します。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.実は、サンドラッグ正社員薬剤師は高年収&好待遇

まずは待遇を中心に、サンドラッグで働くことの特徴を挙げていきます。

なんといっても高年収が狙える

サンドラッグの年収モデルでは、
・30歳までに600万円以上
・35歳までに720万円以上

が十分に狙えます。これは、他の大手ドラッグストアと肩を並べるか、それ以上の高年収です。

また、薬剤師全体の平均年収(38歳)の平均年収が530万円であることを考えると、サンドラッグで働く薬剤師がいかに高収入かがわかると思います。

登録数NO.1転職サイト「薬キャリ」でサンドラッグを調べてみた

薬キャリの求人検索にて「サンドラッグ」と調べると、計6件(2017年4月現在)の求人情報が出てきました。
下記は、最大年収600万円が得られる求人。「将来独立を考えている方」に向けた教育制度が整っているためキャリアアップも可能で、社宅つきなどの福利厚生も充実しています。
6件と少なく感じる方もいると思いますが、好条件な求人を全て公開にしてしまうと多くの応募者が殺到してしまうため求人が非公開になっている場合があります。一分で薬キャリに無料登録をすれば非公開求人を含む全ての求人を見ることが出来ますので是非登録してください。

薬キャリのサンドラッグ求人情報
※2017年4月現在の求人情報です。詳しい求人情報を見たい方は薬キャリ公式ページ

サンドラッグなど大手ドラッグストアの時給3,000以上・土日休みの好条件求人はこちら

3年連続利用者満足度NO.1「マイナビ薬剤師」でサンドラッグを調べてみた

マイナビ薬剤師の求人検索にて「サンドラッグ」と調べると、計655件(2016年2月現在)の求人情報が出てきました。
下記は、22歳で470万円以上の年収が得られる求人。入社後、ひとりひとりの希望に応じた研修を受けることができ、OTCだけでなく、併設店や調剤専門店など、幅広いスキルアップを図ることが可能です。スキルアップと高年収を両取りできるわがまま求人といえるでしょう。

マイナビ薬剤師のサンドラッグ求人情報※2017年4月現在の求人情報です。詳しい求人情報を見たい方はマイナビ薬剤師公式ページ

2.サンドラッグは薬剤師にとって働きやすい環境であると言われる3つの理由

サンドラッグが採用している1店舗2ライン制とは?

サンドラッグが薬剤師に求めているのは「かかりつけ薬局の薬剤師として、地域のお客様の健康管理に貢献したいと強く思い行動してもらえるかどうか。」ということです。現在スキルを持っていなくとも、サンドラッグは入社した薬剤師に対して「ファーマシーズで調剤スキルを磨く」「サンドラッグ店舗でOTCのカウンセリングスキルを磨く」両方のキャリアパスを用意しています。調剤・OTC双方のスキルを身につけ、より幅広い業務にチャレンジすることができます。

また、サンドラッグが採用している「1店舗2ライン制」とは、1店舗につき「接客・カウンセリング」に責任を持つ薬剤師と、「店舗運営」に責任を持つ店舗運営責任者を配置しそれぞれの役割を分担する制度のことです。薬剤師が売上管理・商品管理を行っているドラッグストアも多いので、カウンセリング重視で働きたいと考える薬剤師さんはこの「1店舗2ライン制」をとっているサンドラッグに向いていると言えます。

・基本的な福利厚生がバッチリ

ほかの大手ドラッグストア同様に、退職金制度、社員持株制度、財形貯蓄、社員購買割引制度、薬剤師国家試験準備休業制度が整っています。実は、これらの福利厚生は小さな会社ではなかなかお目にかかれない内容です。これも大手ならではの待遇と言えるでしょう。

さらに!男性女性それぞれに優しい福利厚生

上に挙げた福利厚生だけでは他のドラッグストアと変わりがありません。サンドラッグでは以下の福利厚生が揃っています。

男性にやさしい 女性にやさしい
・男子独身寮
・借り上げ寮
・独身者用マンション
・育児休業延長制度
・育児短時間勤務延長制度
・復職フォロー制度

男性、女性それぞれに向けた手厚い福利厚生が揃っています。特に、女性に向けた育児関係の福利厚生は注目です。復職時の体制もしっかり整っているので、ママ薬剤師や結婚を控えた女性薬剤師も安心して働けます。例えば「育児短時間勤務制度」は、法律では子供が3歳の誕生日を迎えるまで勤務時間を6時間に短縮できる制度ですが、サンドラッグでは小学2年生になるまで延長できるのです。

ここまでできるのも、やはり大手のサンドラッグならでは。徹底して「安心」の環境が揃っていますね。

サンドラッグで働くための求人はこちら

3.サンドラッグ薬剤師の方はこんな経験をしています

次に実際の業務内容、業務形態、残業時間などを見ていくことで、サンドラッグで働く薬剤師の特徴・評判を見ていきたいと思います。

▼業務内容と業務量

■30代女性

業務内容に関しては、OTC販売と調剤業務を主業務としています。

付帯業務として、棚卸しやレジ打ち、接客、品出しなどを行います。

ドラッグストア勤務の薬剤師には共通して言えることですが、調剤業務を中心として経験をつみたい人には不向きな職場だと感じます。

■20代女性

サンドラッグの勤務形態は週40時間勤務のシフト制です。

土日も営業している店舗が多い為、土日も出勤になる事があります。

店舗にもよりますが、週休2日はとれますが、休日休暇が必ずとれるというわけではありませんでした。

■30代女性

処方箋の対応が多い調剤薬局に比べ、日用品を扱うことが多くなるのがドラッグストア薬剤師の特徴です。

一般医薬品であるOTC医薬品に関するお客さんの質問に答える機会が多く、接客スキルが磨かれます。

接客スキルを磨きたくて、高収入を得たい人にはおすすめの職場です。

店舗責任者になると、商品管理や人員管理など管理薬剤師としての仕事も増え、やりがいを感じます。

▼残業時間は店舗によってまちまち

■20代女性

基本的にシフト作成時に残業時間も申請するため、当日、規定のシフトを超えて時間外労働になったとしても、残業申請がしづらい状況がありました。

残業時間に関しては、企業、店舗によって異なり、断定することはできません。

しかし、残業時間が多く十分な残業手当が望めない、いわゆるブラックなドラッグストアか否か、を見極める基準はいくつか存在します。

ここでは3つの判断基準を紹介します。

21時以降も営業しているかどうか

もっとも簡単にブラックかどうかを判断する方法です。仕事量が多く、勤務時間が長いドラッグストアは、営業時間が長くなる傾向にあります。

目安としては21時以降も営業しているドラッグストアはすぐに飛びつかず、今一度慎重になる必要がありそうです。

働く人の数が足りているかどうか

実際に客としてお店に入り、従業員の数をチェックしてみてください。店舗の大きさと従業員数の両方を確認することが大事です。

大きさの割に人が少なければ、従業員一人にかかる負担は大きく、重労働である確率が高いといえるでしょう。

接客に力を入れているかどうか

安売りをバンバン行っているドラッグストアは少し警戒する必要がありそうです。

その一方で、しっかりと固定客を付けるために接客が丁寧な店舗は従業員を大切にしている証です。

そういった店は販売ノルマなどが厳しい可能性もありますが、ブラックで重労働な店舗よりは遥かにマシです。

実際の店舗に行き、親切丁寧に対応してくれるお店であれば間違いはないでしょう。

▼大手で働く安心感

サンドラッグが全国展開する大手だからできることです。

小さな調剤薬局などで働くことと比べると、サンドラッグほどの大企業で働くことは強い安心感があるでしょう。

そうなると腰を据えてじっくり仕事ができますし、ライフプランやキャリアプランなど「今後」の設計も立てやすくなります。

4.サンドラッグの薬剤師になったら研修はあるの?

「利益よりも教育を重視した経営方針」を標榜するサンドラッグ。当然、研修制度も充実し、ドラッグストアでの就業経験がない方でも、スムーズに業務を開始することができます。主な研修を紹介します。

・入社研修

入社直後にはOTC販売の基礎知識や心得に関する研修が用意されています。これにより、調剤薬局や病院薬局での調剤経験しかない薬剤師でも、安心してドラッグストアでの仕事を始めることができます。

・医薬品知識教育

ドラッグストアのお客さんがよく訴える症状をもとに、医薬品の知識を習得できます。あわせて、カウンセリング時の会話についてのポイントなども学べるので、自信を持って販売業務に臨めるでしょう。

・現場教育

入社研修、医薬品知識教育で基本的な研修を終えたら、次は現場教育です。ベテラン社員がいる店舗に配属され、指導を受けながら実際の現場を学んでいきます。

これだけ研修制度が整っていれば、ドラッグストアでの就業経験がない薬剤師やブランクのある薬剤師でも安心して入社できるのではないでしょうか。

最近では、OJTという名目のもと、いきなり現場に放り込まれ「仕事は自分で覚えなさい」というスタンスの会社が非常に多いです。しかしサンドラッグでは、薬剤師をしっかり育てる研修制度が整っています。これを活用しない手はありません。

5.サンドラッグの求人は公開されているだけなの?

このように、待遇も良く研修制度もバッチリ整っているサンドラッグ。しかし、2点注意しなければならないことがあります。

▼中途情報は表には出ない

その理由としては、大手ドラッグストアは基本的に新卒採用に力を入れている、という背景があります。中途採用はまれにしか行われないので、募集を大々的に行ってしまうと、応募者が殺到し、収拾がつかなくなってしまうのです。そこで採用側は、会員以外は閲覧できない「薬剤師専門の転職サイト」で求人を行います。転職サイトの会員は転職への意欲も高く、同時に質の高い人材ともいえます。そういった人材を効率良く集めるというわけです。

▼正社員もアルバイトもある

薬剤師専門の転職サイトにはドラッグストアの正社員、アルバイト求人が多くあります。正社員としてバリバリ働いて稼ぎたい、OTC販売業務などを通して接客スキルを磨きたい方から、アルバイト・パートとして子育ての空いている時間で稼ぎたい、自分のペースで働きたい方まで、非公開の求人が存在します。

サンドラッグに転職することを考えるなら、薬剤師専門の転職サイトに登録することがおすすめということですね。

6.サンドラッグの求人が見つかりやすい転職サイトは…?

なぜサンドラッグで働き始める際リクナビ薬剤師へ登録するのが良いのか?理由は2つあります。

薬剤師専門の転職サイトに登録すれば、サンドラッグをはじめとした非公開求人を閲覧することができます。

さらに、専属の転職エージェントに相談をすることができ、転職にあたってのアドバイスを受けることもできます。自分が描いているキャリアプランを実現するために、もっとも適した職場はどこか、という質問をしてもいいでしょう。大手ドラッグストアで働くことが本当にベストなのか迷いがある方には、場合によっては別の道を示してくれるかもしれません。

また、大手ドラッグストアへの転職は、非公開とはいえ狭き門です。そこで頼りになるのがやはりエージェントです。彼らは薬剤師転職のプロ中のプロ。内定を勝ち取るための書類作成や面接対策など、有意義なアドバイスがもらえるでしょう。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら