cyberagent

年商2,000億円も視野!?サイバーエージェント決算説明会【売上の7割がスマホ】

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

4月24日のサイバーエージェントの決算説明会は、ぶっとんだ人も多かったでしょうか。前期の発表ではまた赤字転落をしていたAmeba(アメーバ)事業が爆伸びし、大きく黒字転換。これが牽引する形でサイバーエージェントの四半期売上(2014年1月〜3月)は524億4,700万円と大きく躍進しました。また、営業利益は65億円に達したということで、これは過去最高の四半期営業利益となりました。

>>>株式会社サイバーエージェントへ転職を希望する方にお勧めの転職サイト

収益の7割がスマホ。前四半期までの種まきを終え、収穫フェーズに入ったことを強調。

とにかく前期までは「投資」に当てていたスマートフォン事業、Ameba(アメーバ)事業ですが、完全に2014年に入ってから刈り取りに来ています。収穫期を迎えたというコメントがぴったり。

全社的にもとにかくPC向けサービスよりスマートフォン向けサービスに注力してきたサイバーエージェント。アメーバ事業は確かに好調ですが、とはいえこの売上高524億円のうち100億円ほど。実は既存事業であるインターネット広告の収益も実はぐんぐん伸びており、この要因も同様にスマートフォンへの注力と言っていいでしょう。

前四半期はぱっとしない決算でしたが、ここまでいい業績が出せると決算説明会も気持ちいいでしょうね(笑)ここまでの2四半期の売上高は961億円となっており、年商2,000億円の大台も現実的になってきました。

hop-eyecatch-ameba

以下、ハイライトです。

・アメーバ事業は思った以上に早い段階で投資したぶんを回収することができそう。
・インターネット広告事業の営業利益は20億から30億弱へと大きく躍進。予算消化が進む3月は伸びやすいとはいえ、1.5倍!
・インターネット広告事業の牽引役はアドテクノロジー事業。アドネットワークやRTBなど、旬な広告がやはり伸びましたがこれほどとは!
・好調要因はとにかくスマホであることを強調
・課金売上が爆増しているものの、この四半期はCMを打っていない。キャンペーン効果でコイン消費を伸ばした(ガールフレンド(仮)など)。

サイバーエージェントへ転職を希望する方にお勧めの転職サイト

プログラマ、SEなどエンジニアの方は・・・

やはり転職エージェントを付けて効率的に転職活動を行いたいところ。ITエンジニアの方であればDODAのITエンジニア転職が断然オススメ。エンジニア向けの求人情報数・質ともに最強です。
>>>DODAのITエンジニア転職・公式HPへ

営業職など、非エンジニアの方は・・・

非エンジニアであれば王道のDODA(総合転職)。老舗で大手のDODA(デューダ:インテリジェンス)では、サイバーエージェントの求人情報も継続的に掲載されているだけでなく、類似企業の類似求人情報もたくさん掲載されています。
>>>DODAの非公開求人情報・公式HPへ

高年収を狙いに行きたい!28歳以上、職歴5年以上なら

ad-bizreach01

28歳以上であればビズリーチで思いきってハイクラス転職を狙ってみましょう。実際には600万円台から求人もあるようですからあまり構えなくてもチャンスを手に入れることはできそうです。
>>>ビズリーチは登録後、「レジュメビルダー」で自動的に履歴書作成が可能!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細