Lt250-250

レバテックキャリア調査結果(2)社内の雰囲気まで徹底リサーチしていて怖い

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

圧倒的な企業情報が特徴のレバテックキャリア(旧レバレジーズテック)。すべての会社の求人情報をキャリアコンサルタント全員で共有

レバテックキャリアの他社と違うもっとも大きな点は求人情報の「深さ」です。

他の転職サイトでは、求人情報として提示された企業についてより深く質問しても、転職エージェントがあまりその企業に詳しくなく、詳細な情報が返ってこないことも多いようです。特に求人情報と転職エージェントの数が多い大手ほどその傾向は強く、情報にムラが出やすくなっています。

レバテックキャリアでは必ず企業へ出向き、人事担当者はもちろん、働いているエンジニアやPMから話を聞いています。企業のPMやエンジニアとのミーティングはなんと年間3,000回以上。企業はどの様な人材・スキルを探しているのかを分析したり、開発プロジェクトのヒアリングだけでも年間1,200件を超えています。

レバテックキャリアは希望転職先に入社させることをゴールとしていません。転職先の会社でキャリアアップすることがレバテックキャリアのゴールだということです。そのためには企業の細かい情報、社内雰囲気まで調べ、求職者と合っているか検討し求人を提供します。

>>>レバテックキャリアの公式HPへ<<<
レバテックキャリア

キャリアコンサルタントのムラが少ない

そして最新の企業情報はキャリアコンサルタント全員で把握。ムラが非常に少ないこともレバテックキャリアの特徴です。

求人情報や会社情報を担当者ごとに把握している他社では、求人の職種によってキャリアコンサルタントがコロコロ変わります。レバテックキャリアは誰に相談しても同じ情報を共有しているため、キャリアコンサルタントの説明が二転三転しません。これは相談する立場からすると安心できますよね。

レバテックキャリアのキャリアコンサルタントは全員がエンジニア出身です。

最新の企業情報をもとに求職者に合った求人を紹介。スキルアップのための勉強会やイベントも多数開催

先にも述べたようにレバテックキャリアは転職先でのキャリアアップを目指しているため、最初の面談ではまず求職者の経験やスキルから今後どのようなキャリアアップを望めるか一緒に考えることから始めていくそうです。いきなり希望に添った企業の紹介はしません。

求職者の考え方や人柄、希望をもとに、キャリアコンサルタントがたくさんの情報から求人を提供してくれます。

また転職自体を悩んでいる方や迷っている方には「転職希望サンプル」があり、今の職種(企業)から違う職種(企業)へ変わった時の年代別収入の比較を見ることができます。転職希望サンプルと今現在のIT業界の状況、企業の細かい情報すべてを総合して転職を考えることができます。

レバテックキャリアでは登録者向けに勉強会や転職支援イベントを行っています。例えばサイバーエージェントやgloopsといった企業から講演者を招き、コアエンジニアによるゲーム開発についての話を聞くことがでる勉強会。需要が拡大しているソーシャルゲームの開発秘話など質疑応答も加えながら無料で受けることができます。

転職支援イベント「ヒカラボ」では技術ノウハウが学べるセミナーやハンズオンセミナー他多数、毎週何かしらのイベントが開催されています。イベントも無料で受けられ、自身のスキルアップへと繋がりますね。

>>>レバテックキャリアの公式HPへ<<<
レバテックキャリア

IT業界の傾向から求められるエンジニアまで幅広い情報を把握

キャリアコンサルタントが把握しているのは詳しい企業情報だけではありません。今現在のIT業界の傾向、求められているエンジニアについて実際の現場で働くエンジニアたちから情報を得ています。レバテックキャリアでは転職サービスを始める前にフリーランスの案件求人を専門に取り扱うフリーエンジニアIT求人@Agentを展開しています。

レバテックキャリアのキャリアコンサルタントは@Agentを利用している現役エンジニアからもじっくり話を聞いているのです。そして企業情報を得るときにも実際に働いている方の話を聞くことで、レバテックキャリア独自の現場情報を得ることができるのですね。

最新の詳しい企業情報やIT業界のリアルな動向は転職を考えている方にとって、心強い判断材料になります。レバテックキャリアでは他社にはない情報を惜しみなく求職者へ提供し、内定までサポート。転職しようか迷っている方もぜひレバテックキャリアのキャリアコンサルタントに相談だけでもしてみませんか。

>>>レバテックキャリアの公式HPへ<<<
レバテックキャリア

キャリアコンサルタント1人が担当する人数から内定者数まで、情報が少ないと言われるレバテックキャリアを詳しく調べてみました

転職サイトの中でもレバテックキャリアは、求人情報もすべて非公開ということやキャリアコンサルタントの数、登録者数など詳しい情報が書かれていません。宣伝も他社と比べると少なく、情報が少ないサイトの1つでもあります。今回はレバテックキャリアの実態をグッと踏み込んで調べてみました。

・キャリアコンサルタント1人が担当する人数は?— 30~40名程度
レバテックキャリアではキャリアアップ相談や転職自体の相談もできるため、全員が転職希望者ではありません。

・その中でも月何名が内定をもらうのか ————– 5名ほど
・1人が面接を受ける企業数 ————————— 8~15社
面接企業数が8~15社なので応募数はもっと多くなりますが、レバテックキャリアの書類通過率は64.6%。企業が求める人材を熟知したキャリアコンサルタントは、その人材に匹敵するスキルやキャリアを持った求職者に求人を提供しているため、書類通過率が高いのも頷けますね。

・面談から内定までの比率は ————————– 29.7%
他社が15~20%の中、レバテックキャリアは30%に近い29.7%。驚異的そして魅力的な数字ですよね。

・内定までの期間 ———————————– 約1ヶ月~1か月半
・内定者の年齢層 —————————- 20代~40歳近くの方が多い
レバテックキャリアの内定年齢は20~30代が多いですが、幅広い年齢層がサポートを受けられます。

>>>レバテックキャリアの公式HPへ<<<
レバテックキャリア

「失敗しない転職」はとにかく詳細な企業情報から

転職活動が失敗してしまう原因の1つに、前職の不満な点ばかり改善しようとすることがあります。

確かにサービス残業の多さを理由として転職を考えたとき、次の会社は残業代が支給される、もしくは残業が少ない会社というのを基準にして選んでしまいたい気持ちは誰でも出てくるでしょう。しかし、サービス残業がない会社だとしても、自分のスキルが生かせない職場だったり、人間関係がうまくいっていなかったり、年収が希望通りに取れなかったりしたら??

レバテックキャリアではとにかく詳細な企業情報を集めていることと、キャリアコンサルタントのムラがないことが強み。こうしたあらゆる角度から企業を検討し、求職者にとって一番いい転職活動をサポートしてくれます。

以上から、レバテックキャリアはこのような方に特にオススメです。

  • フリーランスから企業への転職を検討している方
  • 年収アップだけでなく、転職後のキャリアアップを真剣に望んでいる方
  • なるべく詳細に企業情報が欲しい方・納得いくまで説明を受けたい方

レバテックキャリア公式HPへ(登録は30秒で完了)
【LT】03_336-280

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。