post-292

求人情報も雇用条件も、すべて嘘。医師の診断書に逆ギレする会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

元々、医療系の専門職として大学卒業時から従事していたのですが、体調の面での理由があり、2年間ほど養生のために過ごしていました。

その後、同じ道を進むのではなくて、別の道にチャレンジしてみたかったこともあり、あるインターネット上の求人サイトに掲載されていたいくつかの企業の面接を受ける事にしました。

全部で3社の面接を受けた中で、内定をいただけたのは1つの企業だけでした。個人的には、1社でも合格出来たことがとてもうれしかったので、もちろん、就職することに決めたほどです。

今にして思うと、当時、求人情報や面接の際に伝えられた雇用条件は、あくまでも就職希望者を募るための嘘の情報だったと言う事を知ります。ただ、当時は、できるだけ社会に早くなじんだ上である程度のお金を稼ぎたかったこともあり、そこまで考えが到らず、1年間にわたる就業を行う事になります。
高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。

残業は「お手伝い」

その企業を、個人的にブラック企業だと認定する理由としては、いくつかの物が挙げられます。

例えば、給与面です。当初は、時給当たり1200円の1日8時間勤務、そこに、仕事の進捗具合によっては最大で3時間の残業が入るとだけ伝えられていたのですが、実際に勤めてみれると、それがうわべだけの条件だったと気づいたほどです。

実際には、1日8時間勤務とは名ばかりに、最大で深夜0時を余裕で過ぎるくらいの就業を迫られます。おまけに、朝8時半始業、夕方の18時ちょうどにいったん終業し、その後は、いわゆるお手伝いという名目で、もちろん残業代は一切出ません。

残業が月130時間超え、それなのに給料20万円

また、休日に関しても、本来であれば完全週休二日制と聞いていたにもかかわらず、実際には、月に4回休めれば御の字、といってもいいほどの条件でした。特に、風邪や病気を理由に休もうとすると、連絡の電話越しに罵られたり給与泥棒扱いされたことには、さすがに私自身も辟易してしまったほどです。

幸い、私自身の性格があまりネガティブな方ではなかったこともあり、また、不景気といわれる時代に入っていたことも考慮し、限界まではがんばろうと思い、1年間、なんとか必死に働いていました。

最終的には、約1年後に、不満を理由に退職に到りました。それまでに獲得していた給与を年収換算にすると、手取りで約250万円という金額でした。

一ヶ月当たりに換算して、20万円ほどでしょうか。手取りベースで見れば、この金額は決して悪いようには思えませんが、ただ、一ヶ月当たりの残業時間が優に毎月130時間を超えるペースだったことを考えると、自分自身でもこの金額でよく1年間も耐えたな、と感じてしまうほどでした。
高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。

医師からの診断書を丸めて捨てる上司

同僚の中には、体調を崩してしまい、通院した後に医師の診断書を携えて出社してきた方がいたのですが、その同僚に対して、会社側の人間である直属の上司は、あろう事か、彼を頭ごなしに罵倒し、仕事のせいではなく、その同僚の体が弱いからだ、気持ちが弛んでいるからだ、と、かたくなに企業側の責任を見せようとせず、仕舞いには、彼が提出しようとしていた医師の診断書を丸めてゴミ箱に投げ捨てたほどです。

さすがに、この光景をまざまざと見せつけられた時には、私の中でも「この企業はブラックだ」と実感してしまったほどです。

結局、その同僚は、そのまま出社することなく退職していきました。もちろん、この光景を見て現実に戻ったのか、何人かの同僚も、その後1ヶ月以内には退職していったほどです。

ただ、その後、すぐに空いた席に新しい人材が入って着たのには、私も驚いてしまいました。ブラックなりに、おそらく好条件で社員を勧誘してきたのだと思いますが。

被害者になってしまった仲間同士、愚痴や不満が酒の肴

そんな私が配属されていた部署は、いわゆる営業担当の部署になります。外回りでは無く、会社に設置されている電話を使って、各戸に無差別の形で電話での営業を行います。

部署を取り仕切る直属の上司が一人おり、私と同じように電話を使った営業を行うスタッフが20人ほど、同じ部署で活動していました。上司自身は管理職として私たちを管理する側ですので、ある意味では会社側の人間といえます。

反対に、私と同じ仕事を担当する20人あまりのスタッフに関しては、ほぼブラック企業に採用された被害者側といっても過言ではありません。

よく、仕事が終わった後、気の合う仲間同士で深夜まで営業している店舗で飲み会などを行っていましたが、会社に対する不満や愚痴ばかりが酒の肴に上がっているほどでした。
第2新卒でもしっかり福利厚生!ボーナスももらえる正社員に!ハタラクティブはコチラから

戒めを科して再就職選び

結局、その企業を1年で辞めた後、私は、本来の職業に戻る事に決めました。

元々、その仕事をしていた関係で体調を壊してしまったので、以前はシフト制の職場に勤めていたこともあり、再度就職をする際には、できるだけデイタイムで働く事のできる環境を選ぼうと思い、結果的に、2ヶ月ほどの就職活動を経て、今の職場に落ち着くことができました。

今でも、あのときの経験は大きな糧ですが、二度とブラックには入りたくないという戒めを自分自身に科しています。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。