post-266

ジャイアン顔負け、俺様オーナーが経営するインテリア企業

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

2008年頃の話ですが、当時の私は派遣社員をしていて、派遣契約の期間満了により仕事がなくなってしまう状況にあっため、正社員の仕事を探していました。インテリアが趣味だったので、好きなことを仕事にしようと、インテリア業界の法人営業に転職したことが、そのブラック会社に就職したきっかけでした。

なんと入社1年でリストラに・・・。入社してから1年間は営業アシスタントを務め、1年後からは一人で営業をする予定でしたが、リーマンショックにより会社が倒産しかかってしまい、入社して1年で整理解雇されてしまいました。結局アシスタントのままで終わってしまい、営業として独り立ちすることは叶いませんでした。

金策に奔走する経理担当者:贅沢三昧の社長一家

その会社の何がブラックだったかというと、会社が倒産しかかって、経理部の担当者が銀行や信用金庫に毎日通って資金繰りを何とかしようと奔走していたにも関わらず、その会社の社長と家族が、自分の資産を切り崩そうともせず、徹底的に保身に走っていたことです。

神戸と東京に家を持っているだけでも十分すごいと思うのですが、驚くことに神戸の家は、コンクリート造りで有名なあの有名建築家が設計した家でした。神戸と東京を新幹線で優雅に行ったりきたりの毎日で、車はベンツとポルシェを所有していました。蓋を開けてみれば、バカな奥さんが副社長を、無能な双子の息子が専務と財務部長を務める典型的なダメ同族企業だったのです。

インテリア業界というと華やかなイメージがありましたが、バカな社長一家の浪費癖や派手な生活に、社員全員が巻き込まれてしまっているといった状況でした。社長の家には、世界の有名デザイナーによる高級家具がコレクションのようにずらりとたくさんありましたが、それらは間違いなく会社の経費で購入していたものでした。会社の金は俺の金、それのどこが悪いのかという態度で、ジャイアンも驚きの公私混同ぶりでした。

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

給料減、ボーナスカットで生活苦。助けてドラえもん

その社長一家が、神戸の自宅や高級家具を売り飛ばして社員たちを守ろうなんてするはずもなく、あっさりと簡単にリストラに踏み切り、リストラを免れた一部の社員たちも、正社員から準社員(時給で働くいわゆるパート)に切り替えさせられました。

入社した当時の年収は350万円程度でしたが、会社が傾き始めてからボーナスはカットされ、給与体系も月給制から年俸制に切り替わったせいで残業代もカットされ、正社員でいる意味が全くない状況に社員全員が陥り、結局退職した時の私の年収は250万円程度となってしまいました。

その会社で扱っている高級デザイナーズ家具やインテリア関連全般が好きだったので、しばらくの間は我慢してなんとか耐えていましたが、社員それぞれの給料では、自社で扱っている商材などとても買えるわけがない水準の生活を強いられることになりました。華やかなオフィスの内装を設計したり高級家具を販売したりする一方で、社員の生活はどんどん苦しくなるばかりで、特に小さな子どもがいる若手男性社員たちは大変そうでした。

経営能力、人材育成能力のない社長が、今も採用とリストラを繰り返し・・・

リーマンショック以前にも、その社長はリストラを度々繰り返していました。社員を増やしておきながら、固定費が増えて売上が悪くなると平気で社員をクビにして、またしばらくして人出が足りなくなると、会社のホームページの採用情報に正社員募集の案内を出すような会社でした。

その会社の社長は、自分に社長としてのマネジメント能力がないだけなのに、売上が悪いことを全て社員のせいにし、人材を財産と思うような器の大きさは全く見られない卑劣で私欲にとらわれた人間でした。

現在もまだその会社は存在していますが、当時その会社に勤めていた人たちはほとんど辞めてしまい、転職したり独立したりして、新たな別のステージで活躍しています。外から見た華やかなイメージにだまされて、その会社の傭兵として社長一家の華やかな暮らしのために頑張っている現在の社員の方たちのことを思うと、本当に気の毒でなりません。

求人情報にしょっちゅう募集の掲載がある会社や、離職率の高い会社はやめた方がいいと一般的に言われていますが、それは本当だということをこの会社を通じて身をもって経験しました。

先程この会社のホームページを久しぶりに見てみましたが、採用情報で3つの職種の応募を受け付けていました。過去のリストラから学んで反省する様子など全く見受けられません。社員を大事にせず使い捨てにするような経営者は、経営者として失格だと思います。

経営者というのは、社員はもとより、その社員の家族の生活に対しても責任を負っているという自覚を忘れてはならないと思いますが、私腹を肥やすことしか頭にないブラック会社の社長にそのような責任感を持てと言っても無駄です。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。