post-2630

業務マニュアルも新人研修もないブラック不動産。月給13万円で激務に耐えたテレアポ業

4年ほど前、高卒で学歴もなく、4年間で6回も転職をしてしまっている私は、次の就職先を見つけるのにすごい苦労をしていました。そんな転職活動を1年ほど続けていて、もう生活費の借金のあても無くなってしまった時に、背に腹は代えられなくなって、求人情報を年中ネットや求人誌に掲載している不動産営業の会社に応募をしました
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

退職者が続出。年中求人広告を出し、ハローワークや求人雑誌の常連会社だった

書類選考も面接もあっけらかんとしたもので、「バイトの面接?」と思ってしまうような内容だったのですが、予想した通りあっさりと採用。

心配8割安心2割の複雑な心境で「ひとまずは安心」をしていたのですが、出勤初日からとんでもない会社に就職してしまった事を思い知らされます

会社に行くなり先輩達に自己紹介などもさせてもらえず、いきなりファイルを渡されて、「あの席で良いから」と私のデスクを指定されます。

乱雑に散らかされた机の上、パソコンは前の使用者のファイルが削除されずにデスクトップはアイコンで一杯。

机の引き出しを開ければお菓子などの食べ残しが残っている状態で、人の入れ替わりが激しいのが1分で見て取れました

ハタラクティブに無料相談

採用条件と違った!マニュアルも研修も仕事説明もない、いい加減な社内環境

面接の時に「うちは既存客のルート中心だから、営業はしやすいと思うよ」と面接官から言われていたのですが、出勤してきて最初に渡されたファイルの中には企業の名前と代表の電話番号しか書いてありません。

私は担当とおぼしき先輩に「これ、どの部署の誰にかけるとか無いんですか?」と質問したら、「そんなのあるわけないじゃん」とあっさり言われてしまいました。

面接の時に聞いていた話とはちがう、完全に新規の飛び込みテレアポです

そんなはずではなかったし、新規のテレアポなんてやったこともなかったし、売る不動産商品の内容もファイルの中に簡単なパンフが挟まっているだけでさっぱりわからないので、何をどうして良いかわからずに戸惑っていると、すぐに課長とおぼしき40歳くらいの男から、「なにぼけっとしてんだよ」と怒鳴られてしまいました。

「だって、仕事の内容もトークのロープレも何もやっていないんですよ」とやんわりと抗議をしたのですが、「うちは研修なんかないんだよ。とにかくファイルの番号に電話をかけろよ」と半ば脅迫のような感じで仕事をするように言われました。

17時までに契約が取れないと始末書提出。上司がOKを出すまで帰れない

出勤初日でただでさえテンパっているのに、こんな感じの扱いに「やばいな、予想通りやばい会社だったかもな」と失望感も重なって頭がおかしくなりそうだった私。

それでもその日はとにかく電話をかけまくって、電話の相手先からも「はあ?」みたいな対応ばかりをされながらも何とか1日を乗り切りました。

しかし悲劇はまだまだ続きます。アポが一件も取れなかった社員は、五時を過ぎても帰ることができずに、そのまま日報と称した「始末書」を書かされるのです。

今日の電話をかけた相手先企業の全名称、聞き出した担当者名、そしてアポが取れなかった理由と明日からの改善点。

これらをまとめて上司に提出し、OKをもらうまで帰ることはできないのです。

ハタラクティブに無料相談

上司の罵声に怯えながら、月給13万円でも我慢し続けた半年間

年中人が入れ替わり、しょっちゅう求人誌に求人案内が載っている理由がこれで理解ができました。それでも私にはもうここ以外に行くところがありませんでしたので、もう頭がおかしくなってもいいやと思って我慢をして出社し続けました。

結局半年位は何とか我慢をしてこのブラック企業に勤めたのですが、給料は手取りで13万円、たまにアポが取れた時に入ってくる報奨金のようなものを合わせても、MAXで月に15万円を超えたことはなかったので、頭が本当におかしくなってしまう前にこの会社を退職しました。

「電話しろ!」「アポを取れ!」と怒鳴ってばかりいる課長とその腰巾着のような主任が現場を取り仕切っていたので社風も最悪でした。職場では結構すぐに友達ができる方の私だったのですが、私語すら許されない現場ですから友達なんて一人もできませんでした。

転職先は同じ不動産営業。きちんと新人研修があり、大変でも充実した毎日に

次々に新人が入ってきて、昨日まで隣にいた人が翌日には別人に変わっているなんて年中でしたので、本当に最悪な会社だったんだと思います。今ではその後に転職した会社に勤めて、はや四年の月日が流れてします

同じ不動産の営業の会社ではありますが、新人の研修もちゃんとしていましたし、同じアポ取りでもDMを送ったり、色々な戦略を考えて営業の人間がアポの電話を入れやすい環境を会社側が一生懸命考えてくれるので、大変な仕事ではありますが充実した毎日を送れています。

漫画に出てくるような会社でしたが、「まああれも良い経験か」とポジティブに考えています。

20代に一番人気のハタラクティブ!

hataraku-banner02
初めて、20代 無料登録 履歴書対策 高年収求人
  • 書類審査通過率91.4%、内定/率80.4%の実績
  • カウンセリング場所は渋谷、立川 (関東1都3県就職可能であれば電話面談も可能
  • 求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県
  • ビジネスマナーから書類の書き方、面接のコツまでコンサルタントが希望者へしっかりサポート
  • 登録後に担当者から連絡があるのですぐにカウンセリングの日程調整が可能

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。