post-2474

営業成績のため、大手を希望する学生を騙し中小企業に就職させる人材派遣サービス

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

私が24歳の時、新卒の就職活動を行っていました。当時の私は特に取り柄がなく、就職活動は苦戦し、9月末まで就職先が決まらないという問題を抱えていました。時期的に末期であり、就職留年を考える必要があるなと思っていた頃、友達を通してUさんという人材派遣の仕事を行っている人と出会う形になりました。
再就職を考える20代の方でも内定率75%以上!再就職への手厚いサポートが受けられるハタラクティブはコチラ!

就職活動に行き詰まり、アルバイト採用された会社がブラックだった

Uさんの話によると就職における手伝いをしてくれると言っていただき、また最終的に現在Uさんが勤めている企業に入社するかと提案され、結果的にアルバイトとして働くことになりました。

当時は就職先が見つからず、困っていた私を助けてくれた恩人として見ていましたが、正直勤め先がブラック企業だと気づきました。

当時、私は見習いとして働いていたのですが、同じ年代のYさんもいました。上司からの命令はとても達成できるモノではないと思いました。私が入社した企業は大手広告店の代理店を行う仕事であり、Uさんはその傍らで人材派遣関係の仕事も行っている形になっていました。

当時のYさんの仕事を見ても、まず同じサービスを受けている企業に電話をかけ、同じサービスでうちの広告店に変えませんかという提案をする営業電話をしていました。

大手広告代理店の顧客から仕事を横取りするよう強要するブラック上司

なぜ同じサービスなのかというと、大手代理店ではサービスにおける内容を変える事が出来ず、かつ現在の日本国内の広告の需要は満たされつつある為、他の代理店のお客を取る方法でしか収益が上がらない状態になっていたのです。

つまり同業者同士の共食いであり、相手から見ると、なぜ同じサービスなのに、弊社に変えないといけないのか、その質問に答える事をせずに、ライバル店の取引先を取る命令をYさんは受けていたのです。

上司からは電話の話し方、相手への質問が悪いと、現在の状況の深刻さよりも、Yさんの営業電話の掛け方が悪いと怒られる形になっており、また他の上司にも同じような事を言われる事になっていたことから四面楚歌の状況でした。

うちの上司はまだ広告の需要が満たされる前から働いており、常に取引先とのパイプを持っており、常に安定した収益をあげられる状態になっていた為、Yさんの取りづらい状況を打開するアイディアは持っていませんでした。
再就職を考える20代の方でも内定率75%以上!再就職への手厚いサポートが受けられるハタラクティブはコチラ!

人材派遣サービスとは名ばかり。応募してきた学生に紹介できる会社はわずか数社

私はそんなYさんの仕事ぶりを見て、Uさんの人材派遣の仕事を重点的に手伝おうと思ったのですが、この仕事においても複雑な感情を持ちました。

Uさんが行っている人材サービスは、主に大手広告店が出してている求人を求める企業から、求人内容を別のサイトに貼り、そしてそのサイトに応募してきた人を他社に紹介する方法を取っていました。

初めのうちはその求人内容をサイトに貼る仕事を行っていましたが、Uさんの働き方を見てみると、まず人の話を聞かず、相手の求職先をあたかも自分にとって収益が出る求人へと誘導する方法を取っていました。

具体的には大手流通企業を志望していた学生が来た事があるのですが、Uさんの手持ちの紹介先には大手の流通企業はなく、中小系の企業を一つだけ持っている状態でした。

営業成績を確保するために何も知らない学生を利用

私は頼んで同席させてもらったのですが、Uさんはその学生に対し、大手流通業界に就職するのがどれほど難しいか、でもそれでも入る方法はまず中小企業から勉強して、大手を目指す方法があると可能性を示唆。

自分はあたかもたくさんの有名な流通の中小企業に紹介できると話し、そして学生をその方法でお願いしますと言わせていました。後でUさんに聞きましたが、新卒で大手流通業界を目指すのと、中小から大手を目指すのとでは明らかに新卒から入った方が楽。

それが判断できない学生は大手に行っても、働くのは難しいと、なら中小企業を紹介する方が良いよねと返事をしました。Uさんの人材サービスの仕事は企業に学生を紹介する為に色々な手を取っています。

一番ひどかった例はYさんが半年かけてやっと広告を載せても良いと言ってくれる取引先を確保したので、Uさんは相談してきた学生を呼び、そこの企業の方が向いていると、取引先と今後継続的に取引するために、学生の要望を自分にとって有利にする方法へと変えていたのです。
再就職を考える20代の方でも内定率75%以上!再就職への手厚いサポートが受けられるハタラクティブはコチラ!

紹介先を半年以内に辞めた人には強制的に給料の8割返還を要求

こういう方法を取っていることから、Uさんの人材サービスでは入社して直ぐやめる人が後を絶ちません。この人材サービスでは紹介した人が入社して半年以内に辞めたのであれば、報酬の8割を返す形になっている為、辞めたことが分かれば、その学生に連絡し、なぜ辞めたのか問いだたす為、電話を取る方法を取っていました。

自分が紹介した企業に問題があっても、「でも、あなたは頑張ると言いましたよね」と自分が悪い企業を紹介したことは棚に上げて、相手の不備を追及する方法を取っていました。

こういうサービスを間近で見ると人としての善悪の判断が出来なくなると思いましたので、仕事が出来ない振りをして怒られ、そして最終的に後腐れのない転職までこぎつける事が出来ました。

皮肉にもUさんにはUさんのおかげで良い企業にいく事が出来ましたと言えましたので、こういう言い回しを身に着けられた自分が恐ろしく感じました。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。