post-24

転職先の初任給が約束より7万円も少ないブラック企業だった…

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

「ブラック企業」と呼ばれる会社に入社してしまう人のほとんどが「こんな会社だとは思わなかった」と言うと思いますが、私もまさにその一人です。

その会社に入社したのは、新卒時に普通に就職活動をした時です。他に2社から内定を受けていましたが、初任給の高さに惹かれて採用試験を受け、二度の筆記試験と3回の面接であっさり内定が出ました。

筆記試験は「バカにしてるのか?」と思うほど簡単だったし、3回あった面接はどれも好感触でした。ブラック企業にありがちな、初めだけは好印象。後々最悪の実態が見えてくるという会社の典型です。

同期で採用された人数は、全社員の20%強。当初は新卒採用ってこんなもの?ちょっと多いんじゃない?程度にしか考えていませんでした。

初任給が、約束より7万円低かった!?

何がブラックだったかと言えば、待遇面と、労働環境です。

まず面食らったのは、入社式の後に「初任給変更通知書」という紙切れが、新入社員に配布されたこと。採用段階で提示されていた初任給から、7万円低い額でした。

これでは先に内定をもらっていた会社の方が、数万円上です。失敗したと思いました。

法学部出身の同期が「労基署に訴えたらどうにかなる」と言っていましたが、それを聞いていたかのように人事部は「今『話が違う!』と辞めてもらってもいいし、どこかに訴えても良い。でも君たちはその後どうするのかな?もう一度、大変な就職活動を頑張るのかな?」とたたみ掛けてきました。

仕方なく、その会社で働き始めました。

残業代は当然のようにもらえない

先輩社員は皆、口を揃えてバカの一つ覚えのように「ウチの会社は体育会系だから」と言いながら、毎日四六時中、新入社員に罵詈雑言を浴びせてきます。入社後1週間で、同期入社の1割が退職。

朝は7時半に朝礼が始まるのですが、それに1秒でも遅刻したら大変な吊るし上げにあうので、遅れそうな場合は通勤途中に電話して、突然の体調不良ということにし、「休暇」扱いにしていました。

夜は新入社員といえども終電まで。先輩社員の雑用で忙しいのです。もちろん、こんな会社に残業手当はありません。

抵抗したところ、激しい社内バッシングにあう

さすがに納得がいかなくなり、直属の上司に「他の方はどうであれ、私は当社の就業規則通りの勤務時間で働かせてもらいます」と宣言したところ、上司は笑いながら「できるもんならやってみろ」と一応認めてくれたのですが…

私の発言を大袈裟にした内容を、役員と私を除いた全社員にメールで周知していました。このような子供じみた悪ふざけを、誰も悪いと思わない組織なのです。それからは社内の人間からのバッシングの嵐でした。

営業職だったので、営業成績を突かれるのは当たり前だと覚悟しており、そこは確実にクリアしておきました。すると業務面以外で揚げ足を取るようになってきました。

たとえば、私が少しでも定時より長く居ると「時間だ!早く帰れ!」と先輩社員に怒鳴られたり、女の先輩社員に「あんたがこのトイレ使っていいなんて、就業規則にあった?」と嫌がらせを受けたり。

社内便で「新!就業規則(社内秘)」というでたらめの冊子が私宛に送られてきたりもしました。

「福利厚生が充実した会社に正社員として再就職したい、、」そんな時はハタラクティブ!

営業職で歩合もあったため、給料はよかった

それでも3年間この会社で我慢できたのは報酬のおかげです。

報酬は、営業職ならば売り上げの一定比率を給与に上乗せさせなければならず、これはブラック企業であってもさすがにいじれないので、そこそこの稼ぎはありました。特に賞与への反映が大きかったです。

他に助けとなったのは、同期入社との飲み会くらいです。同期の女性社員は、ある管理職の愛人となってしまったことを知り驚きました。こういう系統の悩みを持つよりは、自分の境遇の方がよほどマシ。

などなど、時間が経つほどに耐えられるようになりました…というよりは、感覚がマヒして動じなくなっただけのことかもしれません。

当時の年収は、入社3年目で650万円前後でした。基本給が予定通りであれば、700万円は超えていたはずです。勤続年数で基本給がアップすることは、私が勤めていた頃はありませんでしたし、何しろ入社直後に7万円少ない額からスタートしていますから。

地方公務員に転職したが、逆に物足りなさを感じることも

結局、勤続丸3年で退職しました。

定時出勤・定時退社しても、自宅に持ち帰って仕事をすることが多く、これでは意地を張り通す意味もないと感じたことと、このような企業風土の会社にいても成長には限界があると感じたからです。

一度目の転職では地方公務員になりましたが、前職と天と地の差で逆に物足りなさを感じ、現在は某メーカーの営業職として働いています。

大企業なので、福利厚生が確実な点が一番安心できます。初職で経験した小心者たちからの嫌がらせのようなことは一切なく、自分の置かれている職務に純粋に集中できる環境が心地よいです。

初職の3年間のおかげで精神力は相当に鍛えられ、ストレス耐性が大幅アップしたせいか、現在の職場でへこたれた経験は一度もありません。私が3年間身を置いたブラック企業を離れて10年。今では規模も大きくなり、働きやすい会社になっているとか。噂ですが。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。