post-239

作業効率化をはき違える管理職に酷使され続けた日々

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

IT関係で働いていましたが、30代で転職することになり半年くらい仕事を探していました。多少待遇が悪くてもという気持ちで薄給も我慢し、自分にとって興味のある仕事内容で何とか内定を頂き、入社したのが前職の会社でした。
フリーターや高卒の就職活動を手厚くサポートしてくれるハタラクティブはこちらから。

立ち仕事で8時間+7時間残業、それでも年収330万

入社当時は仕事を覚えることで精一杯でしたが、慣れてくる頃には段々と周りが見えてきました。詳細な仕事内容は伏せさせて頂きますが、まずほぼずっと同じ場所での立ち仕事で8時間+残業5時間(休憩は昼1時間のみ)が毎日でした。残業は仕事が溜まっていないときは3時間ほどのときもありましたが、逆に7時間とかになった事もありました。

休日も祝祭日、GW、夏休み、年末年始は休みでは無く完全に週休2日でよく月1で休日出勤がありました。役職のある人は毎週週1休みの方もいました。もちろん有給はとれません。申請しても上層部に却下されるので、振替休日は使えたので長期の連休を取りたいときはそれを利用していました。

また、会社自体が社長と上層部のワンマン経営のような状態で何か不都合な事が起きると社長の怒号が聞こえました。実際に見たことはなかったですが、人に物を投げつけたりもしたと伝え聞いたこともあります。薄給でしたが、仕事内容自体は自分にあっていたようで残業代もやった分は全て出ていて、上層部とは関わりを持たないようにしていたので2年ほどは仕事を続けることができました。年収は330万くらいでした。

報告作業のせいで通常業務が遅れ、本末転倒・・・どこが効率化なんだ?

正直、辞める半年くらい前まではまだ続けられると思っていましたが、業績が芳しくないからか、社内で作業の効率化、改善をもとめてくるようになりました。とはいっても一般社員は意見を言うにせよ、会議の場はなく、通常の仕事で多忙のため改善を考える時間もありません。自分達はメール等で意見くらいは出せましたが、どういう風にどうやるかと聞かれることもありませんでした。

何も対応しないと思っていたら、いきなり上層部の意見からか社員の作業の見える化をして、出来る奴と出来ない奴を仕分けて配置改善をする目的で、作業データを取り始め、毎日一人一人の作業データの入力と3時間ごと作業報告が必要になりました。報告も毎日必須でした。この作業が大変で仕事の合間に行うので報告者は自分の仕事が出来ない時間が増え、通常の作業時間が減るという問題が起きました。

また、データが出た後、人の入れ替えでメンバー表の作成し直しなどの負荷作業も発生し、結局仕事に遅れがでました。見える化自体は悪いことではないと思いましたが、上層部が毎日データを本当に見ているのかそれを見て人の振り分けをしているだけだったら何で無駄な作業を増やしているんだデータ入力は毎日としても報告は週1くらいでいいだろうと思っていました。

また、休みの面についても仕事内容自体は毎日同じ作業なので1日休むとしても事前か事後に振替出勤すればよかったのですが、振替休日もお前が休みならその日に別の人を代わりに立てろと言うようになりました。それをアルバイトにも強制し、働く人の中にも子持ちの方もおり、仕方なく休む方もいましたので誰かが休むとその分社員に負担がかかるようになりました。
フリーターや高卒の就職活動を手厚くサポートしてくれるハタラクティブはこちらから。

上司からサボリを疑われ、退職を決意

私も同僚もこの頃から退職を意識するようになりました。実際に私が辞めた前後に何十人か辞めています。課長以下の上司もしょうがないくらいに思っていたみたいです。

この頃に、監視の意味を持つのか上層部の一人が自分達のフロアに席を作り、口頭での報告も必要になりました。正直、課長以下ほとんどの社員がその人を嫌っていました。私も嫌っていましたが、既に辞めることを決めていたある日、休憩前に別の仕事で金庫を扱う仕事があり、他の階から戻ってきて休憩に出るとき出口でボディチェックがあり、パソコンも使わないソフトは落としていくよう言われていたのでポケットに手を入れて、金庫の鍵間違えて持ってきてないよなと確認したあと、パソコンのソフトを落としたか多少素早くマウスを動かして再確認した直後くらいにその上司がタイミングよく通りました。

多分さぼっていたと思われたのか「お前、なにやってるんだ」と言われ、上記内容をそのまま伝えましたが、信じていないようで「じゃあ、何も悪い事はしていないのか」と言われたので自信を持って「はい」と答えましたが、その後、「いけ、しゃーしゃーと」などとぬかしやがったので(表現はあえてぬかしやがったにしました)内心、本当にキレそうになりました。

もう辞めることは決めていましたので耐えましたが。さらに班長を呼んで、この人の言ってる事本当?と確認しだしました。最終的にはサボっていた証拠もないので、さっさと休憩いきなさいと言って去っていきましたが、こんな上司のいる会社辞めてよかったなと思っています。今は派遣で働いていますが、仕事でのストレスは格段に減りました。上の人も話も聞いてくれて、事前に申告しておけば休むことも可能です。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。