post-2374

キャリアコンサルタントに本気を出させ、希望以上の条件で転職する4つのコツ

 

転職サイトに登録すると、「転職エージェント」「キャリアコンサルタント」などと呼ばれる人から連絡が来ます。この人があなたの転職をサポートしてくれる「担当者」となる人。デキる人だといいですね!

さてこのキャリアコンサルタントの仕事はさまざまですが・・・

  • 面談を行って転職の希望を聞き出してくれます。
  • 希望に添った求人情報を探してきてくれます。
  • 一緒に採用面接に出向いてくれます。
  • 病院に対し、あなたの代わりに条件交渉をしてくれます。
  • 転職に伴う引越まわりのお手伝いなどをしてくれる人もいます。

などなど、とても心強いサポートをしてくれます。実際、通常の転職サイトよりも医師向けの転職サイトでは、かなりがんばってくれる人が多い傾向があります。頼もしいものです。

しかし、彼らの「本気」を引き出すにはいくつかの「コツ」があります。この「コツ」が掴めないと・・・「対応を後回しにされてしまった」「あまり時間を割いてもらえなかった」「わがままを聞いてもらえなかった」「採用面接に同行してもらえなかった」等、100%彼らの力を引き出すことができないケースもあるのが難しいところ。

ということで、この記事では「転職エージェント(キャリアコンサルタント)に本気を出してもらう4つのコツ」についてお話ししていきます。ここでは、転職を希望している医師のことを彼らがどのように見ているかという視点がポイントになるので、ちょっと頭を切り替えて考えてみるのがいいですね。

  1. 転職サイトの報酬は「転職完了時の完全成功報酬」
  2. 転職成功ポイント(1):転職を希望している時期を「早め」に伝える
  3. 転職成功ポイント(2):希望の年収を「遠慮せずに」高めに伝える
  4. 転職成功ポイント(3):転職サイト登録は1つではダメ!2つ以上のサイトに登録しないといけない理由

転職サイトの報酬は「転職完了時の完全成功報酬」

キャリアコンサルタントが所属している転職サイトは、あなたが転職完了した際に病院からもらえる「成功報酬」で収益を立てていることは別の記事でもお話しした通り。転職に成功してもらえれば報酬は入ってきますが、転職してもらえなかった、別の転職サイト経由で転職してしまったなどということになれば、どんなに頑張っても報酬はゼロです。

コンサルタントの評価もここで決まることはほぼ間違いないことはわかっていただけますよね。とにかく「自分の担当の医師を転職させること」が彼らのミッション。ここがわかれば、彼らが重視してくるポイントが見えてきます。

転職成功ポイント(1):転職を希望している時期を「早め」に伝える

「半年以内に転職したい」「できれば年内が助かる」などと転職の時期を少しゆっくり構えている場合には、

「それなら他の急いでいる人を先に対応していこう」

と考えるのは自然なことでしょう。コンサルタントとしても、ひとりで複数の医師を担当していますし、「その医師が転職を希望している時期」というのは、少し乱暴な言い方をしてしまえば「売上が立つ時期」ということになるわけですから(!)

転職しようという気持ちが堅い場合、もしくは時期についてはこだわっていない(早めでも遅めでもいい)という場合には、思いきって「急いでいる」と伝えてしまうのがいいでしょう。キャリアコンサルタント優先順位を高めて対応してくれます。

転職成功ポイント(2):希望の年収を「遠慮せずに」高めに伝える

転職完了時に転職サイトに入ってくる成功報酬は、その医師が新しい病院から受け取る年収の1/3ほどの設定となっていることがほとんどです。

つまり、年収の低い医師よりは年収の高い医師の方ががんばりがいがあるということ。年収600万円の医師を3人担当するよりは、年収2,000万円の医師を1人担当する方が労力も少なく、成功報酬も高いということになるのはすぐわかるでしょう。

彼らから見ると、医師の年収というのは「在庫の価値」と言ってもいいかもしれません。(さすがに言い過ぎですか?)

最初のキャリアコンサルタントとの面接では、遠慮せずに希望年収を伝えましょう。ここでは2つのポイントが。

①まずは現在の年収を伝えることになりますが、多くの医師の方はご自身の年収を正確に把握していません。手取りで毎月振り込まれている金額よりも、実際の額面上の年収というのは非常に高くなっているためです。(所得税、住民税、保険料などが控除されているのですが、これが思った以上に大きいため)ですから、給与明細をしっかり確認しておきましょう。

②よほどのことがなければ、現在よりも年収をアップしての転職を希望していることを伝えましょう。もちろん現在土日もなく一生懸命働いているのに、週3日程度の非常勤での転職を希望している場合、さすがに年収の大幅なアップは難しいかもしれません。でも年収のキープはできるかもしれませんし、「最低限このぐらいの収入は維持したい」というラインは誰にでもあるはず。このラインを大事にしたいところです。

そのキャリアコンサルタントが担当している別の医師はあなたのライバルでもあることを忘れてはいけません。ライバルに負けないぐらいの好条件での転職を希望している、ということを遠慮なく伝えていくことが、彼らの本気を引き出すコツです。

転職成功ポイント(3):転職サイト登録は1つではダメ!2つ以上のサイトに登録しないといけない理由

転職サイトは非常にメリットの多いサービスを無料で提供してくれますから、ひとつに登録しただけでもかなり重宝することは確かです。しかしそれでも、最低でも2つの転職サイトに登録しないといけないんです。

理由は以下の通り。

  • そもそも1つだけの登録では、母数となる求人情報の数が足りないことがよくあります。
  • 転職サイトの質というよりは、実際にはキャリアコンサルタントとの相性が非常に重要。これは当たり外れがあるため最低2つ、できれば3つのサイトに登録して相性を確認しないといけません。
  • キャリアコンサルタント同士を競わせる必要があります。他のサイトに登録していない場合、多少対応が遅れても他社に取られる危険がないということで、対応を後回しにされちゃいますよ。

特に大事なのは3つ目。ご存知の医師の先生も多いでしょうが、転職に成功した場合、転職先の病院から転職サイトに謝礼が支払われるのがこの業界のシステム。たとえば年収1,500万円での転職が決まった場合、採用した病院から転職サイトには500万円程度の報酬が支払われるのです。

このように完全成功報酬で動いているのが転職サイト。そしてその転職サイトで働いているキャリアコンサルタントです。

彼らはとても忙しく、多くの医師をひとりで抱えて日々対応しています。となると容易に想像がつくのですが、当然彼らも優先順位を付けて対応しています。他の転職サイトにも登録して転職活動をしている医師と、ひとつだけでしか登録していない医師とでは、どちらの方が丁寧で素早い対応をしてくれるでしょうか?答えは明らかですよね。

ということで、1つと2つは大違い。転職支援サイトの複数登録は絶対です。

>>>6つの重要ポイントを外さない!「HOP!」お勧めの医師向け転職サイト一覧