post-2343

1日12時間労働は違法じゃないの?人を使い捨てするブラック企業

ここで紹介するのは、出版社とは名ばかりのブラック企業に勤めてしまった私の体験談です。実はその会社、出版社であることに間違いはないのですが、主な事業は風俗サイトの運営だったのです・・・。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

1.出版社とは名ばかり。そこは風俗サイトの運営会社だった

私はもともと出版業界への就職を希望していました。しかし、大学在学中に出版社から内定を得ることができず、しばらく書店で契約社員として働いていました。

そんな折、転職情報誌でとある出版社の中途採用の募集広告を見つけ、応募したのがきっかけでした。筆記試験はなく、面接試験のみ。それも人事部長と一度だけの面接で内定をもらうことができました。

その時点で何かおかしいとは思っていたのですが、どんな形であれ、「出版業界への就職」という夢がかなったことに違いはなく、浮かれた気持ちで入社日に臨みました。


2.夜11時まで電話をかけまくる。就業規則とかけ離れた劣悪な労働条件

その会社は発行する小冊子や運営するサイトに、風俗店の広告を掲載し、その広告料金を主な売上としていました。最初に入って、営業部の先輩にこう言われたのを今でも覚えています。

「10人が入って、3日で半分はやめていくからさ。あまり気張らないでいこうや」営業部ではズラリと50人くらいの社員が、電話機を手に営業をかけていました。

「お世話になります。店長さんはいらっしゃいますでしょうか。はい、ぜひわたくしどものサイトに広告を……」自分も上司からもらったマニュアルと営業先リストを手に、入社日から電話をかけまくりました。

当初、聞いていた就業規則では勤務時間は朝10時から夕方6時までとあったのですが、そんなのはおかまいなし。新人だろうがベテランだろうが、営業電話でアポイントがとれなければ夜11時頃まで延々と電話をかけ続けなくてはいけません。


3.部長から監視され勤務中は休みなし,上司から暴力も

営業先が風俗店なので、夜遅い方が責任者がつかまりやすいのは事実。しかしそれならば、始業時刻を遅くしてもいいのでは…と思ったのですが誰もそんなこと口には出せません。

鬼軍曹のような営業部長が、厳しく目を光らせていたからです。勤務中にちょっとでも手と口を休めようものなら、容赦なく叱咤され、ときには暴力に訴えることも。

さすがに私のような新人が殴られることは稀でしたが、成績がふるわない営業マンが殴られるのを何度も目の当たりにしてきました。


4.【1日平均12時間労働】トップ営業マンの年収1500万円以上に目がくらみ耐えた半年,ついに転職を決意

1日の平均労働時間は12時間。週6日勤務で月給は20万円。年収にすると240万円。ただしこれは固定給であって、営業の成果が上がれば歩合も加算されていきます。

先輩に聞いた話では、トップの営業マンで月収100万円。賞与を含めれば年収1500万円以上ということでした。

かなり過酷な職場だったとはいえ、半年ほど続けられたのは、こういう成果主義に目がくらんでいたからかもしれません。

そしてまがりなりにも出版業界でキャリアを積んでいるわけで、短期間で辞めると、次の転職活動のときに悪影響を及ぼすと考えたからです。


5.転職を後押ししてくれたのはハタラクティブでした

目標の売上をクリアするために、自ら借金してまで架空の契約を結んでいた先輩は、借金がかさんで夜逃げ同然で会社を辞めていきました。入社した日の昼に姿を消した社員を何人も見てきました。

こんな状況なので、長く続けている同僚や先輩はおそらくどこか麻痺していたのでしょう。上司の言うことは絶対。まるで宗教に洗脳されているような人間だけが残る。そんな会社でした。

転職を後押ししてくれたのは、ハタラクティブでした。ハタラクティブは厚生労働省から認定を受けているので安心して自分の境遇をアドバイザーに話す事ができました。

それから転職のサポートを全て無料で受け、転職に成功することが出来たのです。今は小さな編集プロダクションで働いています。ときには徹夜作業もあり、給料もそんなに高くありません。

しかし以前勤務していたブラック企業に比べれば、会社から一人の人間として認められている。そう思えるからこそ、多少つらくても続けていけそうです。

ハタラクティブの口コミをもっと見る


6.ブラック企業や過酷な労働時間の企業へ転職しないために

よく分からない転職情報誌や募集広告は当たり前ですが、良い事しか書かれていません。

しかし、ハタラクティブは良い面だけでなくさらに企業の詳しい内部情報も教えてくれ、20代若年層の正社員支援に特化しているというのが大きな強みです。

また、ハタラクティブでは求人情報探しから内定までコンサルタントの方が請け負ってくれます。自分で求人情報を探したり電話をかけて面接の日程を設定したりといった手間が大幅にカットされるので、とても便利なサービスです。

登録して自分の希望を伝えれば、あとは「正社員」の求人を探してきてくれるというとても便利なサービス。しかもこれだけのサービスがすべて無料で受けれられるのはハタラクティブだけです。

ブラック企業や過酷な労働時間がある企業への転職に陥らないために「これから」のあなたこそ今すぐ登録すべきではないでしょうか?

20代に一番人気のハタラクティブ!

hataraku-banner02
初めて、20代 無料登録 履歴書対策 高年収求人
  • 書類審査通過率91.4%、内定/率80.4%の実績
  • カウンセリング場所は渋谷、立川 (関東1都3県就職可能であれば電話面談も可能
  • 求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県
  • ビジネスマナーから書類の書き方、面接のコツまでコンサルタントが希望者へしっかりサポート
  • 登録後に担当者から連絡があるのですぐにカウンセリングの日程調整が可能

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。