post-2225

個人からのサイト作成依頼は後で「やっぱりいらない」が多発するので要注意

職業:webデザイナー
困った依頼:カラーミーサイトのカスタマイズ 

ファッション関連サイトのカスタマイズ依頼

私は個人事業主として、Webデザインに関わる仕事をしています。1人で行っているのでクライアントとのやり取りや制作に関する全てのことを自分1人で行っています。依頼内容はカラーミーサイトのカスタマイズの依頼でした。

クライアントはファッション関係のショッピングサイトで、カラーミーサイトを使ったサイト運営を個人でしている方からの依頼でした。

担当の方は30代後半の女性で結構いろいろなことについて提案してくる人でした。良く言えば、積極的な人といえますが、逆に言うと遠慮が全くなく、自分の希望だけを伝えてくるような印象の人でした。

私とそのクライアントの一対一のプロジェクトで、トータルでは3週間の製作期間で6万円の作業代となりました。ただし、仕事の仲介サイトを利用した依頼だったので手数料が引かれ作業代としては最終的に4万8千円の収益となりました。

ページ追加にFlashやバナー作成など数多くの依頼を受けたが・・・

まず、カスタマイズをするにあたってこちらで基本料金の設定をしており、その基本料金からさらに希望のデザインや項目、ページ数などによって料金を追加していくという料金体系をとっていました。

そして、クライアントからの依頼はページの追加やバナーの作成、そしてFlashの依頼がありました。これほどいろいろと全てのものを要求してくる人はなかなか最初の段階ではいないのですが、要望に応えるため、全ての作成の依頼を受けることにしました。

そして追加料金等も事前に話して了承を得たはずだったのですが、実際にFlashの作成をしてクライアントに見せたところやっぱりFlashはいらないと言ってきました。

私はその時に作成に関して、項目ごとに前払いで支払ってもらうというような方法はとっていなかったので、しぶしぶ承諾することにしました。

作成だけさせておいて後でいらない、と言うわがままなクライアント

しかし、作成時間には1日にかかっており、作業時間やコストを考えるととても受け入れてはいけないことだったと後で後悔しました。私はその時以来、作成を要望した時点で作成料金をいただくということを事前に決めることにしました。

そのように依頼をするだけして、作らせておいてやっぱりいらないといったわがままなクライアントが実際にいました。その経験から必ず作成前にキャンセルしても料金がかかるということを伝えてから作成するようにしています。

特に企業からの依頼だったらこのようなことはなかったかもしれませんが、個人での依頼は依頼する方もノウハウが分かっておらず、わがままなクライアントもいるのが現実です。そういった人にも対応するような規定を設けて仕事を受注した方が良いなとその時に感じました。