post-2154

社長と税理士がパワハラ攻撃。試用期間3か月で社員をポイ捨てするブラック不動産会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

人材紹介会社に転職サービスを登録していた時に、ブラック会社を紹介されました。ブラック会社は不動産業で、希望職種は経理職で年収も申し分無かったので面接応募することにしました。転職エージェントの方と同席の上で、ブラック会社の社長と面接し問題なく進み採用に至りました。

勤務開始直後から、社長には恫喝され、顧問税理士からは嫌がらせ

ここまでは、何も問題なかったのですが、働き始めてから、いきなり出先から社長が電話で一方的に恫喝してきました。何に対して怒っているのか、仕事に問題があった訳でもないのですが、30分程一方的に恫喝されたので、何が何だか訳が分かりませんでした。

それを見ていた周りの方は冷ややかに見てるだけで、むしろ、私が100%悪いといった感じでした。これが恫喝の始まりでした。毎日毎日、社長はおろか、顧問税理士からもノートを渡しただけで、そのノートを丸めて頭を叩かれたり、社長からは渡した資料を文句つけて目を突いてきたりと、これは異常だなと感じました。

社長と税理士の執拗なパワハラから、自主退職に追い込まれていった

税理士も粗を探すかのように仕事とは関係ないことを指摘する始末で、何か思惑があってこういったことをしているんだなと思い、とにかく、毎日恫喝することで人格否定するところまで追い込み、最終的には自主退職させる手口だなと思いました。

よくよく考えてみると、採用した時が決算月で、その時は税理士に経理業務を丸投げしていました。しかし、税理士がブラック会社の経理処理を思うように進めることができず、誰か雇わないと決算が終わらないような状況だったため、私をとりあえず採用するに至ったわけです。

決算が終わったらもう用はなく、辞めてもらうには、恫喝や高圧的な態度で退職に追い込むことが一番手っ取り早いと考えたことでしょう。そう考えると辻褄が合います。私的には、3ヶ月が試用期間だったので、次の転職にも傷がつくこともなかったですが、社長と税理士がグルで一人の人間を追い込むような最低なことを実際にするんだなと思いました。

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

短期で使い捨てする人材を募集する為、人材紹介会社に嘘の求人情報を載せていた

わざわざ、人材紹介会社に嘘の求人情報を載せてまで、決算を終わらせたかったというだけでポイ捨て採用するブラック会社があるので、面接の時のブラックだと見極めができなかった私も悪いと今は感じています。

小さい会社で社長のマンワン的なところが大きく影響していましたが、小さな会社の経理もできない税理士も資格を持っているだけで仕事できていない部分を棚上げして、社長とグルになって追い込むことをしていたので、人として最低です。

小さい会社の経理なら、いくつも顧客を持っていてもできるものなので、それができないのは税理士としても仕事の質を疑ってしまいます。

ブラック会社はトラブルが絶えず、移転や会社の乗り換えを繰り返し

出勤最終日に、社長から「がんばれよ」と声をかけられましたが、無視しました。もう、この人とは会うこともないし、一生用もないと思ったからです。ブラック会社は、移転を繰り返して今はどこにあるのかも分かりません。ブラック会社の社長は、別に会社を設立して、そこで細々とやっているようです。

情報だけは、嫌でも耳に入ってきますのでやむを得ませんが、一軒家を売っているみたいです。私が働いていたときに、マンションを売っていましたが、そのマンションの駐車場について住民側と売却したブラック会社、管理会社との間でトラブルがあり、トラブル回避のために、ブラック会社の社長は会社を乗り換えたと話を聞きました。

3ヶ月の試用期間で退職。ブラック企業を反面教師とし独立

今は、独立してなんとか仕事を得ている状況ですが、この当時いたブラック会社の社長や税理士、他の社員とは全く交流はありませんし、今後も交流はないでしょう。今は依頼されたお客様とは信頼関係を築いていきながら、経理面や経営面をサポートしています。

今思うと、その当時ブラック会社にいたことは、たまたま運が悪かったと思うほかありません。実際、今は独立して生計を立てていますので、社会的地位を考えるとブラック会社の社長やブラック税理士と同等の立場で話をできます。人生の中で、ブラック会社に3ヶ月だけですが関わったことも、今ではいい勉強だったと思っています。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。