post-2128

上司の遅刻は部下の勤務時間で精算、勝手に勤務時間を改ざんするブラック企業

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

私がブラック会社に就職したきっかけは、単純に募集されている就職先があまりにも少なかったからです。当時はまだまだ景気が悪くてどこの会社も新規に雇ってくれるような環境になく、たまたま広告でパートから正社員としての登用があることが記されていたので就職を決定しました。

一言で言うと、この会社は全てにおいてブラックでした。先に言っておきますと、契約に書かれている通りの時間帯で仕事をしないのは当たり前で残業もサービス残業も普通です。

契約では年収400万円のはずが、「労働基準法に違反」という理由で天引きされ実際は年収200万円

労働基準法に違反するという奇想天外な理由でなぜか給料も天引きされ、契約書通りに書かれた年収ならば400万近くあるのですが、実際は200万前後しかありませんでした。これは日常的なことですので驚くことでもありません。私は仕事が少なかったこともあり働けるだけありがたいと思う温和な心を持っていたので、給料面で不備があっても我慢できる人間性ではありました。

けれど、そこの会社に所属している上司はこうしたブラック体質よりも遥かに酷いものだったので本当に我慢できなかったのです。生活をするためにはお金がどうしても必要だったので3年間は我慢しましたが、残りの1年は本当に惰性で続けていただけだと言えます。

何より酷かったのは、会社に所属している上司です。これは誇張でもなんでもなく、本当に仕事を何もしないのです。部下に対して指示を出すだけ出して、自分は個別に用意されている小部屋に引きこもってゲームをしたりパソコンをいじっているだけでした。

また、この上司というのは適当な理由をつけて部下に同情を誘って仕事をサボる悪癖があったのです。事務所に届いた重たい荷物は腕の骨が折れているとか言う意味不明な理由で持つ事を拒否し、外部からクレームが入ったときには耳鳴りが始まったとわけのわからない幻聴で部下に全て対処させていました。

遅刻しても部下のせい、勤務時間を勝手に改ざんし本社に報告していた

また、給料の支払いも適当です。支店から働いた時間を本社に送るような形になっていましたので、データをきちんと取って勤務時間を管理しておかなくてはいけなかったのですが、その上司は自分が遅刻で出て来れなかった時間帯は他の部下の責任として勝手に勤務時間を改ざんして本社に報告していたのです。

当然、その分の給料は私達の給料から差し引かれていました。さらに最悪だったのが上司が勝手に現金を持ち返ったことです。支店にはお金を管理するための金庫が存在するのですが、自身の生活費が足りないとか言う理由で置手紙一つで会社のお金を勝手に使っていたのです。

当たり前ですがそれから数日して、その上司は左遷されて裁判沙汰にまでなりました。これで少し気分が楽になったと思いきや、次にやってきた上司も本当にろくでもない上司でした。
学歴に自信がなくても正社員として働ける!内定率75%を誇るハタラクティブへはこちらから。

新しい上司の母親は、「息子の退社時間が遅い」と部下にクレームの電話をかけてくる

私が働いていた支店は3階建てだったのですが、3階は物置のような状態になっていてほとんど誰も使用していませんでした。

新しく来た上司が突然、建物の中に霊を感じる、とか言う意味不明な言葉を言い放ってホームセンターから買ってきた大きな板を3階の階段の入り口があるドアに打ち付けたのです。それから3階は勝手に開かずの間とされて、以降私が所属していた3年近くは誰も3階に行っていません。

もっと酷かったのが、上司の母親からの電話です。仕事が遅くなると必ずその上司の母親から帰りが遅いから早く帰らせろと部下である私達にクレームをつけてくるのです。

もう本当に意味が分かりませんでしたけど、その上司も母親から電話があると子供のように家に帰ってしまうので結局私達が全て仕事をこなしていました。ちなみに、その上司は当時30才でした。

入れ替わりが激しい職場に最後まで仲間はいませんでした

結局、その会社で働き始めたときは最もキャリアがなかった私でしたが、4年経ったときには私が1番上のキャリアになっていました。入れ替えが非常に早かったので、会社内で仲間も出来たことがありませんでした。そういう意味でもブラックだと言えます。

現在は貯めたお金で自営業を営んでいますが、お店のために働いてくれている部下に対してはなるべく優しく接するようにしています。上司になった今でもあの当時の上司達のモノの考えがまるで理解できませんが、少なくともああした会社には絶対にしないようにと心がけています。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。