post-2013

事務職採用のはずがコールセンターの社員。法定労働時間を無視するブラック企業

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

私は高卒で新卒入社しており、その入社した先がブラック企業でした。入社のきっかけは、高校に届いた求人一覧の中にその企業が入っていた事でした。

まずブラック企業だと薄々気付き初めた理由は面接の時です。その企業は「事務職の正社員」として求人を出しておりましたが、実際に面接に行ってみると「コールセンターの正社員」というものでした。

正社員未経験歓迎の求人情報を1,000件以上掲載するハタラクティブはこちらから

求人情報に騙された!総務配属の喜びもつかのま、実際の勤務はコールセンターのオペレーターだった

求人にはコールセンターのオペレータ業務と記載はなく事務作業・文字入力・一般的な電話対応と記載されていた為、大変驚きました。私自身、コールセンターのオペレータになるつもりは毛頭なく、「事務職を希望している」と、面接官に伝えたところ「大丈夫です。総務の人材も求人しております」との事でした。

その言葉に安心し、その後2次面接・筆記試験と進み、無事採用。ですが、実際に部署配属されてみるとコールセンターでのオペレーター業務だったのです。私の他にも100名程新卒入社しておりますが、誰も総務へ配属された人はおらず、私同様「事務職希望で入社した」「事務職という求人だから応募した」という人ばかり。

すぐにでも退社したかったですが、新卒入社して直ぐの退職は、今後の就職の事を考えても余り良いものではありませんし、何より私は地方から札幌へ就職した為、会社を辞めるという事は生活に大きな影響を与え、死活問題に繋がります(両親は経済的に一切支援不可の為、親に頼る事も出来ません。

人手不足でサービス残業!社員の有休希望は却下されることに

その為、お金が溜まるまではと我慢をする事にしました。ですが、実際に業務が始まるとブラック企業としての姿が濃くなってきました。詳しく申し上げますと「有給が使えない」が一つ目に上がります。会社には有給制度がありますが、正社員はほぼ有給が使えません。

コールセンターは時間やシフトに融通が利くというイメージをもたれがちですが、その企業は「クライアントとの取り決めのブース数を守る為」として希望する時間帯での仕事は出来ませんし、ブース数を守るという観点から有給希望を出しても通らないのが当たり前でした。

2つ目に無料残業です。これは平社員から役職者全員が言える事ですが、無料残業は当たり前です。特に役職が上がるほど無料残業は増えます。その背景として仕事量に対して人員が少ない事や、残業代は15分単位で計算される為、例えば59分残業しても、会社への申請は45分で出さなければいけない・・という事が理由です。

更に残業時間が多いと総務からのお叱りが入る為、「仕事は終わらないが、これ以上残業申請は出せない・・だから無料残業で仕事を終わらせれる」という負の連鎖になるのです。

正社員未経験歓迎の求人情報を1,000件以上掲載するハタラクティブはこちらから

ボーナスは一定の役職じゃないともらえず、実労時間は法定労働時間を超えていた

3つ目に出勤日数とシフト労働規定時間です。その企業は会社で取り決められた出勤日数と実働時間を超えなければ給料が減額されます。その為、シフト上の実働時間が常に「法定労働時間」を越します。

4つ目にインセンティブ制度です。会社では3ヶ月に一度テストを行い、スキルや能力に合わせインセンティブを支払う制度を設けています。ですが、実際は能力値のあった金額は支払われていません。

テストの結果上の金額と、実際に支払われている金額を比べると明らかに支払われている金額が低いのです。これは実際に問題になり、会社でも支払制度を変更しましたが、根本的な解決には至っていません。

5つ目にボーナスです。ボーナス有りと言っていますが、実際は一定の役職まで上がらないとボーナスは出ません。だからといって給料が高い訳ではなく年収も180万程度です。

この企業にはついていけず、体調やメンタル面に不調をきたし上司や部下、同僚は次々に退職していきました。多くの人は退職後に法的期間へ相談をしに行っていますが、会社の姿勢が変わる事はありません ※厳重注意も受けています。

何度も退職を考えましたが、その度に人手不足で引き止められたり、部署異動させられたりと退職が出来ず、結局5年間も勤めました。妊娠や体調不良も重なり、どうにか退職する事ができ、現在は休養中ですが、二度とあのような企業には勤めたくない、コールせセンターは懲り懲りだと感じています。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。