post-2005

転職者注意!建設コンサルタントで激務で長時間残業も低年収の日々…

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

私が働いていたのは、とある建設コンサルタント会社です。初めに、建設コンサルタントとはどんな職業なのか説明したいと思います。建設コンサルタントとは、公共施設(道路、橋梁、トンネル、ダム等)等の設計、調査等に関わる職業のことを指します。

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

建設業と言えば、道路を工事したりしている姿を思い浮かべる方も多いかと思いますが、建設コンサルタントはその造る前の調査、設計を担当しているわけです。例えば、高速道路を造ろうと思った時、道路の線形を決めなければいけません。

また、どのような構造(橋梁、盛土、切土等)で道路を通せばいいのか考えなければいけません。そんな時、建設コンサルタントの登場です。そういった公共物を造りたいと思っている発注者は主に行政(国、都道府県、市区町村等)は、建設コンサルタントに調査から設計、あるいは現場監督や造った後の維持管理まで、任されるのです。

建設コンサルタントは、いわば、「土木のお医者さん」であり、私たちの社会基盤を整備している大事な仕事なのです。

2年間の勤務で定時にあがれたのは数えるほど、深夜残業が当たり前だった

そんな建設コンサルタント業界ですが、一般的に「ブラック企業の温床」だと言われています。元々公共工事は利益を追求する種類の仕事ではないため発注額が低いのは頷けますが、例えば年間300億売り上げたとしても、利益が2億しか残らないくらい、利益率が低い業界です。

昨今の公共事業に対する冷たい視線は、そんな建設コンサルタント業界にさらに追い打ちをかけていました。しかし最近は自民党が公共事業を増やそうとしているため事業が増えています。

さて、私が働いていた会社の話に戻りますが、私の働いていた会社は、建設コンサルタントの中でも中堅クラスの会社でしたが、深夜残業は当たり前、残業代は出たりでなかったりという、いわゆる「ブラック企業」でした。まず深夜残業ですが、働いていた2年間のうちで、定時の17時半で帰れたのは、数えれるほどでした。

年度末は、深夜残業に加え土日出勤も当たり前。時間の感覚がマヒするほど激務だった

20時に帰れたら早いほう、22時〜23時に帰るのは普通で、終電で帰るのも当たり前という感じでした。行政に仕事を収める時期である年度末は特にひどかったです。深夜残業に加えて、土日出勤は当たり前です。1月〜2月は数日しか、3月は1日も休みがありませんでした。

そうやって働いていると、時間感覚がマヒして、20時に帰るのが普通になってきてしまいました。ここで問題になるのは、残業代が出るかどうかです。それだけ忙しくても、残業代がすべての時間に対して払われるのであれば、まぁよしとしましょう。しかし私が働いていた会社では、残業代は出たりでなかったりでした。

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

残業手当を申請しても、技術力の無さを理由に上司に却下される

就業時間はパソコンで入力する形だったので、時間は思うように操作できました。一応パソコンの稼働時間も記録に残るようになっていますが、「プログラムを稼働していたためパソコンをつけっぱなしにしていた」等の理由をつけて無視することができました。

何より、残業をつけて出すと、上司から「この時間でおまえはどれだけ働いたんだ。どれだけ成果を出せたんだ。自分が利益を出した分だけつけるように。」と言われたりしました。

私は新卒採用で働いていたので、確かに技術力もないし作業スピードも遅かったですが、だからといって私が働いた時間が短くできるわけではありません。その時間私は確かにパソコンに向かって机に向かって働いていたのに、そのようなことを言われて、無性に腹立たしかったです。

技術や知識を得て良い経験になったが、激務すぎて退職者が続出した

その時、「これがうわさに聞くブラック企業というものなのかな」と思いました。それから2年間、会社で働いて得たものは技術・知識であり、いずれもかげがえのないものでしたが、だからといって働いた時間をちょこまかす会社である以上は、今後発展することはないでしょう。

働けるだけ働かせて、会社の利益を上げても、辞めていく人は後を絶たず、仕事をまわせなくなり、何よりきちんとした成果を残せなくなり、いずれ会社は衰退していくでしょう。今はただ、建設コンサルタント業界、そして私の会社の未来を危ぶむばかりです。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。