post-1932

臨時職員で就職したが上司のパワハラ、残業代なし、有給も使えない職場でした

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

いわゆる就職氷河期時代で思うような就職先が見つからず、とりあえず正社員での就職先が見つかるまでのつなぎの仕事ということで臨時職員で募集があった会社へ就職したのがきかっけです。給料、仕事内容、職場環境、上司、人間関係すべてにおいてブラックでした。

給料は日給月給制で労働時間は9時間(休憩1時間)、1日5,200円でした。休みは日・祝日だったので月平均してもらえるお給料は手取りで11万前後でした。ゴールデンウィーク、年末年始の長期休暇や28日しかない2月は勤務日数も少なく本当に毎月やりくりするのが大変でした。

有給休暇もあっても、実際使うことができないような雰囲気でしたので一度も使ったことがありませんでした。残業も当たり前のように毎日2時間以上あり、残業代も出ませんでした。

仕事内容は、正社員も臨時職員もやる内容は同じで正社員か、臨時職員かという立場上の違いだけでした。正社員はお給料が月給制で、ボーナスも夏・冬の年2回4カ月分とかなり優遇されていて、年収が臨時職員の4倍くらいだったと思います。

クレームがあると上司から何時間も拷問のような質問攻めにあう

特に仕事の責任のおしつけがひどかったです。何か失敗やクレームがあると何が原因でこのようになったのか、誰が一番の原因かどうかを言いあいます。お客さまからのクレームがあった時は本当にひどかったです。

お客様に出荷する前に係長→課長→部長の順番で検印を押しているにも関わらず、一番最初に受付に携わった平社員を寄ってたかってせめます。

会議室で何時間も拷問のように質問ぜめに合い、なぜこうなったのか、馬鹿じゃないのか、など責めるだけ責めます。結局その後の対応に関しても一番下の平社員にやらせ、その後は何十枚という報告書を書かせられます。

平社員に対応させるのは悪いとは言いませんが、なぜこうなったのか、原因、対策、これからどうしたら同じミスをしないかなど話しあったり、アドバイスするのが上司の役目ではないのでしょうか。たいてい、平社員というのは臨時職員の私たちのことで、上司たちのストレス発散に使われているような感じでした。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

上司はパワハラ、女性先輩は勝手にロッカーをのぞき試着までしていました

上司は特にひどく、殴ったり言葉による暴力、いわゆるパワーハラスメントでした。セクハラ、パワハラは上司に相談というポスターが貼られている目前で「お前は何をやってもできない」「辞めてしまえ」「お前のようなやつがいるから会社のイメージが悪くなる」と言い、カッとなると興奮して手がつけられず、机の上の書類をばらまき、椅子を蹴り、ペンをぶつけたりしました。

「俺が上に言えばお前なんて簡単にクビにできるんだからな」と脅されたりもしました。女性の正社員の方はほとんどが既婚者のおばさんで、若い人は臨時職員という期間での雇用の人ばかりでした。先輩の人は、「困ったことがあったら何でも相談してね」と言ってはくれるもの、いざとなると知らないふりをして関わろうとしませんでした。

女性社員の間でも上下関係が厳しく、挨拶しなかった、礼儀が悪い、など臨時の私たちを細かくチエックしていました。一番驚いたのが、ロッカーの中をのぞかれたり、勝手に服を試着したりされました。はたから見るとイジメのように思いますが、その方たちは全くそういう自覚がなく若い臨時職員に対して誰にでもやっていいました。

正社員登用をちらつかせ、辞表に待ったを出す上司

会社の飲み会で、酔った勢いで先輩に相談したことがあったのですが、次の日には社員の女子全員に広まっていて、誰を信じていいか分からなくなるくらい人間不信になりました。

さすがに私も、辞めたいと思い上司に辞表を提出すると、今度は今まであんなにパワハラをしていた上司が、「来年にお前を正社員にしようと会議で提案しているところだから、頑張れ」といわれ、正社員になることをチラつかせ私を引き止めてきたのです。

給料の待遇が良かったので今まで正社員になることが目標だった私にとってはチャンスがきたと思いその時は辞めず我慢しました。正社員になったら移動願いを出してこの部署から移動したいと思って辛い日々を耐えて来ました。

頭を平手で殴られ、上司の暴力とパワハラに限界を感じ退職

ですが結局つぎの年、正社員になることはなく上司からは「今不景気だから、会社の方針で今年は正社員採用はなくなった」と言われました。後から知ったのですが、その上司は会議で正社員にする話など一度もしていなかったと周りから聞きました。

転職しようにも資金も、休みもなくなかなか辞めることができず、ズルズル5年ほどこの会社で働いていました。結局最後に、お客様のクレームがあった時、例の拷問があり頭を平手で殴られた時限界を感じ辞めました。

今は、正社員として働いていますがあの会社は本当にブラックでした。でもあの5年間の経験で、強くなれたし、どんな上司でも対応できるようになりましたし、あの時の苦労があるから今の職場が楽しく思えるのだと思っています。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。