post-1899

年収180万で毎日12時間労働!休日手当も賞与もない、もろただ働きの美容品会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

当時、ある士業の資格を取得すべく勉強していた私は、実践を兼ねて士業の事務所に入社しました。しかし、その事務所で働けると思いきや、「請負」という名の派遣としてある美容品会社で働くことになりました。その時はやりたい仕事が経験できるのであればそれでもいいだろうと思っていました。

高卒で学歴に自信のない方の就職活動を手厚くサポートしてくれるハタラクティブはこちらから!

夜型人間の社長は残業時間にミーティーングを始める

その美容品会社がブラックでした。10人ほどの小さな会社でしたが業績は好調でした。なので全員毎日とても忙しく働いていました。その会社の一番の問題は労働時間です。

毎日5時間の残業は当たり前、休みは週一日と隔週の土曜日がありますが仕事が終わらないため休日出勤も当たり前です。休日手当はなし、ボーナスに反映されるわけではなく、もろただ働きです。

しかも、小さな会社なので社長の一言で全てが決まります。社長の出社が昼から夕方にかけてでしたが、夜型の社長は平気で、従業員が残業している21時頃からミーティングを召集します。

従業員はやるべきことがあるから残業しているわけで、そこにミーティングが入ってきたらもう終電で帰るのは諦めるしかありません。タクシーで帰っても経費で落ちるのは数回に一度ほど。繁華街に会社があったので忘年会シーズンなどはタクシーもつかまらず、疲れた体を引きずるように寒空の中徒歩で帰ったこともあります。

社員のほとんどが20代の女性でしたが、こんなことを平気で会社はさせているのです。一番驚いたのが労働時間に対する社長の一言です。この会社は自分がやりたいことを目指してみんな働いている。

好きなことをしているのに、違法労働時間というのはおかしくないか。これは、確かに働いている全員がこの気持ちであれば労働時間も苦ではないと思いますが、私はいくら経験したい仕事とはいえ、毎日12時間も働きたくありません。

高卒で学歴に自信のない方の就職活動を手厚くサポートしてくれるハタラクティブはこちらから!

契約満期になって気がついた!残業代未払い分は士業事務所に請求できたのに・・・

事務所と美容品会社の契約が1年だったので、それは全うするのが社会人としてのケジメと思い、満期まで頑張って働きました。その頃は気づきませんでしたが、今思えば士業の事務所もブラック企業でした。

残業代が出ないのは美容品会社が出さないからだと思っていたのですが、法律を調べてみると私を雇っていたのは事務所であり、お給料も事務所からもらっていました。美容品会社が残業代を出さなくても事務所は私に残業代を支払う義務があったのです。気づいた時には事務所は倒産していましたが。

士業事務所の給料は見習いということもあり年収で180万ほど。これで毎日12時間以上働いているのです。美容品会社の社員全員が長時間労働をしていましたが、社長を悪く言う人は誰一人としていませんでした。私がそこまで信頼関係を築けていなかったのもありますが、みんなの感覚が少し麻痺しているように感じました。

深夜労働当たり前、休日出勤は当然、みたいに。少し怖さを感じました。今は結婚し子どももいるのでもちろんそんな会社では働けません。時短勤務で働き、有給休暇もしっかりとれて、子どもの急な病気で欠勤しても、子どもの病状を心配してくれるような会社でやりたかった仕事をしています。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細