post-1821

仕事の接待強要!残業代なし年収600万に隠れた現実。ブラック企業

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

仕事というのは、生活のためにやっているんですけど、それだけではありませんよね。やりがいとか、社会とつながっている感じもとても大事だと思うんです。とくにお客さんと直接対応するような仕事の場合だと、相手に喜んでもらうことを通じて少しでも社会に貢献しているという感覚も貴重なモチベーションだと思うんです。

だからこそ、お客さんを大事にしない企業はブラックなんじゃないかなと思います。仕事量が多いのももちろんですけど。以前、私がいた会社がまさしくそうでした。

そこには前の職場の上司経由で紹介されました。当時私は前の職場を体調不良のため辞めて、半年ほどたっていました。仕事があるけど行ってみない?といわれて面接。面接の時に話をしてくれた人がとても感じが良かったので、働くことにしました。

高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。

年収600万円には、毎晩行われる接待への強制同行が含まれていた

その会社に決めたのは、お給料がいいのもありました。会社に入る前に提示された金額は、年収にしておよそ600万円でした。資格が必要な仕事でもありましたから、平均的に見てもお給料がいい職種ではあります。それでも600万円は高い方でした。いきなりこのお給料はありがたいと思ったのです。

仕事に入ってすぐにわかったのが、全員の退勤時間が異常に遅いということです。定時は5時半なのですが、その時間に帰る人は誰もいません。しかし、会社からは一応出ます。そこから何があるのか。接待です。今どきそんな会社があるのかといわれそうですが、ありましたよ。しかも、接待こそが本当の仕事ともいえるのでした。

入職初日は、みんなと一緒に出て私だけ帰りました。それが定時で帰宅した最初で最後の日。翌日から接待に同行することになりました。しかしお客さんがどういう会社の人で、何人来て、席順は誰が一番なのかということは全く知らされません。いきなり連れていかれて、言われるがままに動いていました。12時前に帰れれば、恩の字という生活でした。

以前の職場では接待というものがまったくなかったので、何をしたらいいのかわかりません。特に気のきいたことが言えるわけでもありませんし、せめて邪魔にならないようにと一生懸命グラスを下げたり、車の手配をしたりしていました。

学歴に自信がなくても正社員として働ける!内定率75%を誇るハタラクティブはこちらから。

昼間の仕事よりも接待の方が大切な会社でした

入職後、1週間目にいきなり上司から爆弾をおとされました。「君さあ、いつもついてくるだけで何にもしないけど、どういうつもりなの」。すみません、よくわからなくて、と答えると、上司は大きなため息をついてみせました。

「あのね、会社は君に金を払っているわけ。気にいらない客でも、働くのが当然だろ。専門的なことは話さなくてもいいけどさ、せめて上手に相手に合わせてくれよ。きのうも専務をさしおいて、課長を真っ先に案内しようとしただろう。一目見たら席順なんかわかるだろうよ。初めての相手でも、一目で役職順くらい見抜けなくてどうするんだよ」

ああ一般の会社ではそういうことができないといけないのかと、私は謝るばかりでした。とにかく私にとってはふたつめの会社だったので、世間一般の常識とはこういうものかと思ったのでした。

それからも、昼間の仕事よりも接待中心の生活が続きました。営業担当は外回りのついでに上手に休憩や仮眠をとっているようでしたが、私は常にデスクにいるので休むこともできません。日中は営業から頼まれた報告書などを作らなくてはなりません。

接待の席で犬の鳴きまねを強要され退職を決心

睡眠時間は平均4時間あったでしょうか。肌はボロボロだし、なによりも頭がまともに動きませんでした。食事はほとんどとっていませんでした。 接待の席ではしだいに私をやり玉に挙げて、いかに使えない人間なのかをあげつらうことが多くなってきました。それもやんわりとです。

「いやー、こいつはまだ新人でして。どうしても××さんとのお席についてきたいというので仕方なく連れてきたんですわ。××さんはうちの一番大事なお客様だから、お前なんかが同席させていただけるところじゃないって何度も言ったんですけどね。いちおう連れてきましたけど、この通りまったく何の役にも立ちませんなあ。申し訳ございません」

といった感じです。こう言っておいて、帰りの道々全員で、「××はガメツイから接待したけど、接待分はきっちり上乗せしとけよ」なんて平気でいいます。もう精神的に参ってしまいました。

ある接待の席で「こいつが得意なのは、犬の泣きまねだけですわ。テリアと柴犬の鳴き声をやりわけるんですよ。あ、やって見せましょうか」といわれた時には、もう終わりにしてもいいと思いました。仕事に入ってから、4カ月しかたっていませんでした。

これがたまたま私に対するいじめだったのかとも思いました。しかし会社を辞めてしばらくしてから、一緒に働いていたひとも同じ目にあったという話を聞きました。その人はノイローゼからウツになって、今は一歩も家から出られないそうです。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。