post-1815

長時間残業を強要する社長と言葉使いが悪い従業員に苦しめられたブラック会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

会社に就職したきっかけは、前の職場の経営が危うかった上に、職員を過剰に雇いすぎ、追い出されたため、新しい職場を急きょ探さなければならなかったところに求人があったからでした。

年収も350万程と作業に対してそこそこの額ではあるが、上昇する期待も持てたため、得意のコンピュータの能力も生かせると思い、入社しました。

第2新卒でもしっかり福利厚生!ボーナスももらえる正社員に!ハタラクティブはコチラから

社長から押し付けられる、長時間残業や理不尽な作業

入社してから1週間ほどで様子がおかしいことに気が付きます。長い時間働くことや自分に従うことが当たり前という社長の感覚が感じられるようになってきました。特に厳しい言葉などはなかったものの、何事もなかったように長時間の居残りを要求したり、理不尽な作業を押しつけたりするようになってきました。

更に、ひとりの従業員が会社をめちゃくちゃにしていました。汚い言葉や人を傷つけても平気な常識感を押しつけており、会社はその雰囲気に飲まれていました。さらに社長はそのことには何の対処もしませんでした。それが、その従業員に逆らえないしがらみが裏にあったせいなのか、汚い雰囲気が平気な人だったからなのかは、全くわかりません。

仕事に同行するために同乗した社長が運転する車の中、猛スピードで走ったり強引な割り込みを行ったりと、こちらにとっては恐怖を感じる経験もしました。指摘しても何もおかしなことはしていない、という感じでした。

正直、このまま事故が起きて自分だけ無傷で助かりたい、なんて思いを抱くほどの異様さでした。そして、こんなところにいたら自分がだめになる、こんなだめな職場にいることによる劣等感と罪悪感にさいなまれ続ける、と感じるようになりました。

再就職を考える20代の方でも内定率75%以上!再就職への手厚いサポートが受けられるハタラクティブはコチラ!

会社がうまくいかないのは私のせい、執拗に社内いじめが始まります

こんな状態では会社がうまくいくわけはありません。しかしその問題を私のせいにしようとしたのです。とりあえず私をいじめておけば、何かしらの対処をしたつもりだったのでしょう。問題を見抜いたり、解決したりする力は無に等しい状態になっていました。

もはやできるだけ早く脱出するしかない。3カ月で抜け出せたのは、不幸中の幸いだったのかもしれません。とはいえ、我慢しなければならない3カ月は、地獄そのものでした。精神的にもかなり病みかけ、体が突然熱くなったり、言葉の呂律が回らなくなったり、体がすくんだりということが頻繁に起きました。

最大の問題は、社長が人の感覚を理解しない人であるということかもしれません。自分がこれだけできるから、相手もこれぐらいは耐えられるだろうという感覚で接して来られても、こちらはそれが苦痛なのです。

自分がこれだけ知っているから、相手もそれを知っていて当然だという感覚で作業を求められても、作業がうまくいくわけがありません。そのくせ自分が知らない知識を使って作業すると、えらく不機嫌になります。

そのことは会社の発展をも妨げます。更に、従業員の振る舞いが世間や内部の社員にどう見られているか、という感覚にも鈍感であり、結果として前事業の失敗や会社の雰囲気の悪化にもつながっています。(もっとも、何かしらのしがらみがあったのかもしれませんが、そのしがらみを作ったことも問題視しなければなりません。)

ハタラクティブなら福利厚生が充実した会社に、高卒でも正社員として就職できる。

ブラック企業を経験し、次は圧力を感じないフリーランスで働くことにしました

退職したのは3年ぐらい前の出来事になるのですが、未だにこのときの傷から抜け出し切れていません。もう束縛されたくない、もうやさぐれた雰囲気の中に身を置きたくない、もう異様な言葉で追い詰められたくない…。

そんな思いが、例えば就職のための面接のとき、例えばきつい考えを世間に示す人をテレビで見たとき、ふとよみがえってしまいます。今はひとりで作業したい。誰にも恐怖を感じずに作業したい。そんな思いを抱きながら、フリーランスで働けるよう努力をしています。しかしなかなか芽が出ません。

ただし体調だけは万全です。人からの圧力を感じずに過ごしているからでしょう。ブラック企業の問題は、そこで働いている間だけの問題ではありません。そこで傷ついたあとに、働くのが困難になったり、生活にも支障をきたす恐れがあります。でもその傷を持っているからといって、誰も助けてはくれません。

もし可能であれば、ブラック企業で傷ついている、または傷ついた人の支援を行いたいと考えています。救いを求めている人は、日本にはたくさんいます。何かしなければならない。そう思います。

どんな行動をすればいいかを、今は模索しているところです。自分に何ができるだろう。もしかしたら、そういった人たちを救うための経験を神から与えられたのか…なんて言うとちょっと痛いかもしれません。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。