18

【リクナビで年収50万円アップ!】転職コンサルタントと求人サイトの活用法

転職前の年収:400万円 => 転職後の年収:450万円
職種:QAエンジニア
面接を受けた会社:10社
登録した転職サイト:リクルートエージェント

当時いた私の会社は、取引先がたった1社。その会社に常駐して働くというスタイルをとっていました。特定労働派遣なのですが、その取引先の1社に働いている人が600人くらいいるとして、大体200人くらいは私の会社の社員でしめていたかと思います。

個人情報を取り扱う業務アプリで、たいへんなことが・・・

協力会社という立場で、業務アプリケーションの検証をずっとしてきました。が、突然私の会社の別部署の人が逮捕されてしまうという事件が起きてしまいました。そこからは本当にあっという間にいろいろなことが起きて大変でした。逮捕というと内容がどういうものだったのか気になったところですが、業務アプリで扱うものが個人情報で、非常にデリケートな部分でしたので一発アウトな感じでした。

私達の仕事は検証でしたので、ダミーのテストデータを扱いこそすれ生の個人データを扱うことはまずなかったのですが、別部署のフィールド課では結構扱う機会が多かったらしく・・・その部署のメンバーが個人情報を持ち出してどうやら外部に売ったのが、そもそものきっかけだったみたいです。

事件発覚後2ヶ月で会社は事業閉鎖となりました。この機会に転職という形で、事業閉鎖まで1ヶ月くらいのところから怒涛のように転職活動を始めたのを覚えています。

突然始まった転職活動だったが・・・

このように突然のなりゆきでスタートすることになった転職活動でしたが、情報収集は得意でしたので自分でも情報を集め、様々な企業に応募していくということも行っていました。並行して転職コンサルタントの人と連絡をとりつつ、書類選考、面談の結果などを共有し合うような形で進みました。

当時の年齢からすると、ITエンジニアの転職業界ではまだまだ売り手市場でしたので、比較的面接まではすぐこぎつけることができたと思っています。

技術が特殊だった関係で求人も少なく、転職活動は丁寧に進めました

この転職活動で得たものが結構ありました。第一としては、自分を振り返ることができたこと。第二としては、少なからず折衝能力がついたかなと思うこと(面接も立派なプレゼンの場なんだなと感じていました)です。

転職活動の具体的な内容としては、あくまで自分の経験を生かしたいという思いが強かったのでまずは、QAエンジニアに絞り込んで活動をしていました。私は、ネットワーク、キッティング、Oracleなどを専門領域としています。

IT業界というと、大抵ネットワークか開発かサポートかに分かれてしまうと思います。求人をみると大体同じ傾向です。その中でQAエンジニアの職は本当に少なかったです。ですので、売り手市場でやりやすい部分はあったと思いはしますが、決して楽だったというわけではありませんでした。求人数が圧倒的に他のIT業種と比較すると少なかったので本当に丁寧に活動をしました。

転職コンサルタントの方と相談しながら、常に自分でもしっくりくる新しい会社のイメージを毎回していたかと思います。転職が成功したら、この高級そうなご飯を食べに行って少しでも自分にご褒美をあげることばかり考えていたように思います。

ようやく「ちょうどいい」と思える求人情報に出会いました

そんな折、求人サイト(リクナビ)で今の自分でも即戦力としていけそうかなっと思わせる内容が掲載されていました。求人情報の内容はQA経験者が条件で、年賀状ソフトの品質管理業務でした。幸い自分の大の苦手な筆記試験がなく面接2回程度で内定が決まるというのも魅力的だったのですぐ履歴書と職務経歴書の準備をしたものです。

実際その年賀状サービスの会社にて面接をすると、おそらく品質管理部を仕切っている人(あとから聞いたら問題児らしくなかなか会社では評判がよろしくなかったですけども)に相当気に入られたらしく、面接を受けて3日後くらいに内定が出たのを覚えています。

転職には成功、しかし入社してからも苦労が・・・

入社してどうだったかというと、思ったより品質管理といっても人数が確保されていない状態で大変だなというのが第一印象でした。

ただ、最大のデメリットが人間関係でした。というのも、一緒に作業を行うメンバー1名と全く馬が合わなかったのです。個人的にその先輩が好きなものを持ってきてなるべく会話をしようとおもったのですが会話のキャッチボールがうまくいかず相当苦労しました。

それでも、品質管理の枠をこえて企画やら新機能の意見だしまで参加させてもらえて、今となっては非常によき経験をさせてもらったなぁと感じています。

>>>ITエンジニア特化。転職サイトを口コミで比較してみました