post-1672

長時間労働や人手不足によるストレスで退職者が続出するブラック会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

私は24歳の時に、大人の女性をターゲットにした習い事を運営している会社に就職しました。転職前、私は契約社員として働いており、どうしても正社員の仕事をしたかったので、安易に会社を決めてしまいました。

そこは残業代が出ない会社でした。面接のときに、残業代も含めた額のお給料であるという説明を受けました。入社したてはそれで満足していました。残業も少なかったし、仕事もそれなりにやりがいをもって楽しくできていたので。

1.部署異動後は自分の仕事に
関係ないクレームに平謝りの毎日

平謝り 画像

ところが、入社して2年ほど経った頃、会社の組織変更がありそれに伴って私も会社の管理部門に異動が命じられました。そこは会員からの苦情の電話も受信している部署でもあり、自分が担当している仕事以外に、ひどいクレームを受けることが多々ありました。

具体的には、こちらで提供するサービスの質が良くないというものばかりで、そのときはただひたすら謝り、担当部署に報告するだけで何の対策も取っていませんでした。

電話を受ける側としては、何らかの対策を取って満足のいくサービスを提供してほしいと思っていましたが、営業部門はそうは思っていなかったようで「とりあえず謝っておいて」と言うのみ。電話を受けてひたすら謝っている時間に、自分たちがしなければならない仕事がどんどんたまっていることに気づいてほしかったです。

組織体制の変更による人手不足と増え続ける労働時間

また、この時の役員たちは何を考え、どのような理想像があったのかが私たち社員たちには伝わっていなかったように思います。組織体制の変更だけで、仕事の内容が変わるわけではありませんでした。明らかに人手不足でしたしそれでいて仕事量が多くなり、みるみるうちに残業時間は増えていきました。

そのような会社に嫌気がさしたのか、ベテラン社員の退職が相次ぎました。他にも、精神的に病んでしまった人も続出し、休職から退職になってしまった人が多く、まともに引き継ぎもできないまま仕事量だけが増えていきました。
人手が足りない仕事に就いてしまい、なかなかやめられない方まずは相談する所から始めてみませんか?

2.残業代は出ないのに深夜までバイトの残りの仕事をやらされる

ブラック企業 女

会社は人件費がかかることを理由に、安いアルバイトの採用をはじめました。しかし、アルバイトに任せられる仕事量は少なく・残業代も発生しないようにしていたので、結局正社員がやることになり仕事の負担はあまり変わりませんでした。

仕事量が多いので、正社員を増やしてほしいとお願いしても上司は「これ以上人を雇うことはできない」と。会社がどんどんおかしな方向に進んでいると思いながら仕事を続けていました。

残業は毎日夜10時、遅いときは11時くらい。休日出勤をしなければいけない時期もありました。そんな時期が1年ほど続きました。それでも月々の手取りが16,7万。残業代も出ないのに、どうしてここまで会社に残らなければならないのだろう、とどんどん精神的に弱っていきました。

ある日、残業していて夜9時くらいにコンビニで軽食を買って会社の前に戻ってきたとき、10階建ての自社ビルで、自分のいるフロアだけが電気がついていました。私達一般職の社員が終電近くまで仕事をしているのに営業部門の総合職は定時か、自分たちより早く仕事が終わっていたのです。仕事の振り分け方がおかしいのは一目瞭然でした。

この仕事、この会社、なんて馬鹿らしいんだろうと思いました。会社に嫌気はさしていましたが、自分の中で何か「ぷつんっ」と切れてしまい今回のことが決定的な転職の動機になりました。次の日には会社を「一身上の都合により退職」。
「その退職ちょっとまった!」辞める前に登録すべきサイトはこちら

3.以前のブラック会社よりも給料が良く、残業代も支給される派遣会社に転職

その後は派遣社員に転身しました。福利厚生や給与体系などが中小企業より充実しているからです。派遣先の仕事では、残業がほとんどなかったものの、まれに残業するときは残業代が出ましたし、ボーナスがないものの正社員の時よりも月々の手取りが5万ほど上がりました。

正社員でも業績が悪くてボーナスがもらえない時期もあったので年収は250~300万前後でした。なぜもっと早く転職しなかったのだろうと思ったほどです。派遣でも精神的に充実して楽しく仕事ができれば正社員でなくても問題ないと思います。

4.マックスキャリアはどんな転職サイト?

マックスキャリアで転職準備をしよう!

hataraku-banner02
20代転職 無料登録 履歴書対策 高年収求人
  • オフィスワーク限定の派遣向けサービス
  • 25~35歳の女性に大人気
  • 派遣未経験者でも大丈夫

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。