post-1617

立ちっぱなしで200件の営業電話を強制、アポが取れるまで座れないブラック不動産

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

将来不動産屋を開業したいと思って、宅建を取りました。未経験でしたので、どこも雇ってくれるところもなく、途方に暮れていたところ、宅建の試験会場で答えあわせをしていた時に近くにいた美女と仲良くなりました。

高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。
その方と答えあわせをしたら二人ともどうやら合格をしているようだということが分かり、話が弾みました。そしたらその美女は不動産屋さんの社長夫人だったのです。宅建主任者が会社に一人でも多くいることがいいということで自分も取ったということでした。

私が就職先がないということをこぼしたら、「じゃあうちで働く?」と言われ合格の嬉しさもあいまってその足で会社見学に行くことにしました。いきなりの社長面接でこちらも合格。来週から来てくださいと言われて喜んでいました。

でもそういえば条件を確認するのを忘れたなあと思って聞いてみたら、なんと給料は成果があがらないと出ないとのこと。えー!と驚いたのですが、他に行くあてもなく頑張ることにしました。

アポを取るために1日200本の営業電話を強制させられた

出社して初日。配属されたグループの机は10人いて4つが荷物置いてあるまま空っぽ。リーダーが「今日は一日俺について来てくれ」と言うので、その通りにすることにしました。どんな仕事なのかとワクワクドキドキしていたら、その日は結局リーダーがその会社の物件に引越しするのでドンキへ買い物へ行くのの荷物持ち。ということでなぜか秋葉原のドンキに連れて行かれました。

会社に戻って、仕事の説明。まず朝来てやることは先輩の机の掃除。机でタバコが吸えたのでそのままになった灰皿をきれいにすることから始めるそうです。そのあとは雑巾で拭く。これは新人であれば普通ですね。

いきなり次に驚きました。電話をひたすらかけて、営業するとのこと。毎日200本電話をかけてとにかくアポイントメントを取るということ。電話で話す内容を決めましょうとアポを取るための秘訣をまとめた紙をもらいました。

電話をかける200件のリストは自分で集めてくださいとのこと。回りの人に聞いたら、名簿やさんに買に行ったり、友達をだまして同窓会名簿などを手に入れるとのことで驚きました。そんなことできないなと思っていたら、隣の人が要らない名簿をくれたのでとにかく電話することにしました。
高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。

扱う物件は耐震偽装どころじゃない、目に余る物件でした

電話は立ってかけるそうです。それで午後になってもアポが決まらない場合はそのまま立つ。決まっていたら座っていいという仕組み。1週間でアポが取れないと「タコ」社員という札がはられてそう呼ばれます。

アポに出かける時は和太鼓を鳴らす。社内の挨拶は「おつかれっすー!」前に座っていた人と休憩時間にちょっと会話を交わしたら、前の仕事は借金の取り立てで、何人も死に追いやったとか。恐ろしくて鳥肌が立ちました。

そして隣の女性は毎月マンションを売りまくってるのでさぞかし金持ちなのかと思ったら自分が売ったマンションに借り手がつかなくて売った相手から苦情がきて家賃を肩代わりしているので毎月家賃に120万くらい使っているから130万の収入で120万出て行くので全くお金がないと。

何のために働いているのでしょう。この人たち。しかもマンション情報をネットで調べたら全部Dランクでした。耐震偽装どころじゃないです。それを美辞麗句並べて売るのです。とにかく売らないとタコ社員と言われ怒鳴られるので、私も必死に売ろうとしましたが、自分が売ることで不幸になる人が出るのか—。と考えたら眠れない夜を過ごしました。

退職に向け周到に準備、出社拒否した日は100件の不在着信

そんなこんなで1週間くらい朝の6時から夜の11時まで働いて疲れてきてもう辞めたいと思うようになりました。合ってないので辞めたいと上司に言うとひどく怒鳴られてそんなの許せるわけがないだろうー!ということで。

上司は堅気じゃない仕事をしていた時に足を撃たれたとかで引きずっていました。恐い・・仕方ないんで次の日からこっそりと荷物を持ち帰ることを始めました。荷物が重かったのでパソコンを置いて帰ったら次の日人が使っているじゃないですか。置いてあったから俺のものにした。と。あほかと思いました。

荷物がそろそろ終わる日に全部ガンバって持ち帰り、次の日は出社しませんでした。そしたら電話の不在着信が100件(笑)それでも電話を無視し続けて3日したらかかってこなくなりました。荷物を置いたままみんなが辞めて行ったのはこういうことだったのかーと思いました。一部上場企業を社長夫人と不倫したのがばれて首になった隣の席の人は元気かな・・

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。