post-160

有給など1日も使えずに毎月70時間以上奉仕したムカつくWEBデザイン会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

私は27歳の時にWeb系のデザイン会社に転職を考えていて、東京の神田にあるWebデザイン会社に内定を頂いたのがその会社に入社したきっかけです。普通はWebデザイン会社の場合、面接のときにある程度デザインなどのクオリティを聞かれたりするのですが、その会社は今思うとそういったところはあまり深く聞いてこないで、比較的あっさりと内定をもらえた気がします。今思えばそれだけ離職率が高い会社だったかもしれません。

月に80時間のサービス残業。俺の人生を返せ!

デザイン系の制作会社というのは年棒制をとっている会社も多いのですが、私が勤めている会社は月収で支払われる会社でした。そしてその会社では、辞める頃には月の残業時間が80時間を超えるときもありました。それでいて残業代は一切出ません。明らかに業務量と制作時間のバランスが悪すぎる会社でした。

それでいて会社はパーティーは船を貸し切って船上パーティを行うなどお金のかけ方が明らかに狂っている会社でした。社員への支払いはその分どれだけボったくっていたのかと腹が立ちます。

最初の入社して半年は残業は月30時間程度でした。それは会社の残業が少なかったというよりは私に配分した仕事量を少し抑えていたのかもしれません。ただ半年も経つと急激に業務量が増えてとても定時で終わるなど到底無理な作業量になりました。

もともとデザイン系の仕事というのは業務量が多くなりがちですが、それに見合った年俸や月収がもらえることが多いです。しかしこの会社は月収で22万円でした。それで月80時間以上も残業したことがあったのでどれだけ作業に対する収入を無駄にしたかわかりません。

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

相談できる上司もいなくて、本当に毎日がつらい日々でした

Webデザインの制作会社はもちろん業務用の変動はありますが、私が入って半年以降はほぼ残業は月50時間以上を超えていました。残業代が出ればまだ我慢できたかもしれませんが、そのような状態が1年以上続いたので辞めることにしました。

年収はおそらく300万弱だったと思います。前職でも私はWebデザインの会社に勤めていたのですが、そこも300万弱でした。ただし、そこでは月の残業が20時間もなかったので1ヶ月で換算すると30〜40時間は多く働いているのに給料が一緒という状態でした。しかも有給は結局1日も使えませんでした。使ったら次の日には白い目で見られるのがあきらかだったので使えるような状況ではありませんでした。

上司は営業の仕事を兼ねていたのであまりデスクワークの仕事はなく、それほど話す機会がありませんでした。むしろ同僚の方が仕事を押し付けるような形で私とうまくいっていませんでした。同僚に対してもストレスが溜まっていて私は辞める時には胃痛になってしまいました。

誰も相談できる人もいなかったのでとても辛い時期でした。例えば夜の8時に帰ろうとすると「もう帰ろうとしてるの?」と冷たい言い方をされてできるだけ長くやったほうが偉いというような空気があり、早く帰れる雰囲気は全くなかったです。

大切なのは、働いた分がちゃんとお給料になる会社を探すこと

今はWebデザインの在宅の仕事をしていて毎月決まった量だけ作業をするような仕事をしています。給料は多少減りましたがそれでも、健康と自分の時間が持てるので今のほうが幸せです。

よく仕事は3年は続けたほうがいいといいますが、その会社に勤めていたら間違いなくうつ病になっていたと思います。下手したらもっと最悪なことになっていたかもしれません。人間ある程度忍耐は必要だと思いますが、度を過ぎると自分が傷付いてしまうので家族や友人などに相談してできるだけ早く見切りをつけたほうがいいと思います。

世の中にはそういった企業もあるので無理に長く勤める必要は全くないと思います。自分の人生なので会社の言いなりになるのはもったいないです。作業量に対して正当な報酬を得るのは当たり前です。その当たり前が出来ない会社があるのは残念ですね。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細