post-1537

二週間連続勤務にサービス残業・・労基が入っても改善しないブライダルホテル

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

私は、かねて憧れていたホテル勤務の募集を見つけ、長年勤めた営業職から転職をしました。始めは、ブライダルの部署へ配属となり、とてもキラキラした非日常の世界で働けることに、とても感動して他は何でも良いと思ってしまっていました。

結婚式に感動し、新郎新婦に感謝され、なんて素敵な仕事なんだと嬉しくなっていました。人間関係も、物凄く怖い先輩や上司がたくさんいましたが、それもみんな仕事のために必死なのだと、自分に言い聞かせていました。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

二週間連続出勤なんて当たり前

まず最初におかしいと感じたのは、1ヶ月の休日の日数でした。基本的に月6日しかありません。これがまず少ないと思いました。普通月8日くらいなかったかな?と感じながらも受け入れていました。

しかも、お客様との打ち合わせが調整出来なかったりすると、休日出勤もあり、しかも自分のスケジュール調整の責任だと、代替で休みはとれない状況でした。そのため、二週間連続出勤なんて当たり前です。

しかし、まわりも同じような状況のため、自分がきついからと言い出せるような雰囲気ではありませんでした。その状況を作り出している原因の一つに、ほとんどの社員が初めての就職から勤めているため、他の会社を一切知らないというのもあったと思います。基本、中途採用はしていない会社で、私は本当に例外だったのです。

残業申請は出せない、サービス残業は暗黙の了解だった

そしてもう一つのブラックだと感じる要因は、サービス残業です。仕事の性質上、シフトの勤務時間では絶対に終わらない日も度々ありました。婚礼や宴会が入ると、それが終わるまでが仕事ですからね。

盛り上がりによっては時間もかなり延びますし、自分の勤務時間なんてお構いなしです。夕方5時に終わるはずが、深夜0時を過ぎて日にちをまたいでいたなんて事もありましたから。帰ると深夜で、次の日も朝から仕事という日もざらにありました。

この仕事の環境について、おかしいと落ち着いて考える余裕も時間もない状態でした。また、おかしな話ですが、こんなに残業をしているのにも関わらず、タイムカードの退勤時間は全くもって無関係なのです。残業申請を上司に出して、承認されなければ残業代は出ません。

その残業申請の出しにくいこと出しにくいこと!このシステムのおかげで、みんなサービス残業していました。申請を出しにいくと、上司にはあからさまに嫌な顔をされるし、残業理由を事細かに説明しなければならず、とにかく本当に嫌な感じなのです。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

労働基準局の調査が入っても改善されなかった

こんな会社でしたが、夢だった職業だったため頑張ろうと思っていました。仕事自体は楽しかったですし、やりがいもありました。そして、一緒に働くまわりの社員には恵まれていました。だから頑張れたと思います。

でも、二年が限界でしたね。とにかく、体と心が限界で壊れそうで怖くなったのです。その時期には辞めていく社員も、とても多かったです。辞めたその足で、労働基準局へむかう人もいたようです。私が勤めている期間だけでも、二回は労働基準局の調査らしきものが入っていました。

でも、なかなか改善はされないんですよね。ちなみに、こんなに働いているのに、年収はわずか250万いくかいかないかでした。だんだんと私のまわりの一緒に頑張ってきた社員が辞めていき、私も辞める決心をしました。

会社を辞めた直後は、解放感からか、しばらくボーッとしてしまい、なかなか働き始めることが出来ませんでした。同じような失敗はしたくないと、次の就職先はかなり慎重に探しました。こんな会社はそう多くないだろうと思いながらも、怖くてなかなか応募出来なかったですね。

慎重に選んだ転職先は、福利厚生も残業代も休みだって取れます

次に入った会社は、月9日以上きっちりお休みで、残業代も一分から出るし、福利厚生も素晴らしく、前の会社とは比べものになりません。こんなに良い会社があったのなら、もっと早くに転職しておけば良かったと後悔しています。

まだ前の会社で働き続ける知り合いも何人かいるため、私はその人たちを思って、辞めるよう説得をしています。でも、その環境に慣れてしまって当たり前になっているため、なかなか動こうとはしてくれないんですけどね。

ホテル業界は、本当に華やかで見かけはかっこよく、ずっと憧れていましたが、この二年間で一気に夢から覚めた気分です。やはり憧れだけでは、何も分かりませんよね。ホテルの結婚式などに呼ばれても、もう憧れではなく、スタッフの方々を大変だなぁという目で見てしまいます。(笑)全てのホテルがブラックでは決してないと思いますが。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。