post-1535

営業ノルマが未達成だと自腹で教材購入を強制する厳しい教材販売会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Springエージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

就職活動をしていて、将来的には教育関連の仕事に就きたくて、学校の教師を目指していたのですが、残念ながら教師の採用試験に不合格となってしまったのです。大学時代に家庭教師のアルバイトをしていて、勉強に関して学生に喜ばれた思いがあり、どうしても教育の関連会社に就きたかったので、様々な教育関連を取り扱う会社を回っていました。

会社の中で目に引かれたのは、全国でも有名な教育の教材を販売している会社で、会社の採用担当者との面談でも好印象であったことです。面接に関しても印象が良くて、教育関連の会社に営業職として採用となって就職をすることができたのです。

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

ノルマが達成できないと自腹で購入

会社に入社して、入社式の際にいきなり大きな声で社訓を読み上げなければならなかったのです。ブラックなのは大きな声で社訓を読めなければ、上司が了承するまで叫び続けなければならないことです。

そして、営業の際に最初は研修として教材の売り方などを教え込みますが、すぐに営業の現場でノルマを課せられていたことです。月毎の教材販売のノルマが達成しないとノルマを達成するまで外回りをしたり、始末書を書かされたり、正座をさせられた事です。

1ヶ月で達成できないとしても、2ヶ月目で前月のノルマを達成できれば何も言われませんが、前月の分までノルマを達成しないと教材の関連の商品を自腹で買わされるのです。ノルマを無理にしても達成する事がブラックであったのです。

営業成績に関しては、一ヶ月ごとに上司が確認をしますが、ノルマを達成していないと達成していない分を加味して、給料を下げる措置を行ったのです。会社に入社して、ノルマも達成する事も勉強である事を研修で言われた事と将来への会社の貢献という考えを持っていたので、会社に入社して6ヶ月は我慢できたのです。

残りの6ヶ月の期間はノルマを完全に達成する事ができずに、会社もしつこくノルマの事を押し付けてきたので、退職も考えるようになった事です。お客様も教材の内容に関して、なかなか興味を持ってくれなくて、営業に向いていないと感じながら教材に関する営業回りをしていた事が印象です。

>>>ハタラクティブならとにかく「内定が取れる」そのワケは?

ノルマ達成のため、ひたすら営業回りを押し付ける上司

我慢していた理由として、営業回りをする時にお客様が教材に関心を持ってくれて、一般家庭に訪問する時にお客様が私の説明が丁寧であって、親身であるという事を伝えてくれました。

お客様のお役に立つ教材のメリットや生徒に対する成績のアップに貢献するためのアドバイスをして、お客様や会社に貢献したいという気持ちがあったので、教材を売る事とアドバイスがお子様の成績の向上に貢献できる事から我慢できたのです。

年収に関して、一年で退職した時の収入を換算すると成績が出せなかったので、250万円しか貰っていなかったのです。上司に関しては、私が成績を出せない事に期待を持っていなかった印象であったのです。

度々成績を出せない理由に、上司が何度も問いただした事もあった事です。営業のノルマが達成できない人に関しては、ひたすら営業回りを押し付けるのが恒例となっていたので、どうして営業の目標が達成できなかったのかを面談して、営業成績を上げることを解決するという感じはなかったです。

>>>ハタラクティブならとにかく「内定が取れる」そのワケは?

退職を勧告され、辞表を出しました

同僚に関しては、確かにノルマに達していなかった人もいて、同僚に対してもノルマに関して上司が叱咤していた事です。ノルマを達成する解決策を上司が一緒に解決してくれなかったので、営業のノルマを達成している同僚とノルマの達成のための努力を一緒に考えて、一緒に解決しようとする考えを持っていたので、同僚を信用したのです。

同僚の相談との甲斐もあって、一年に何回かはノルマを達成した月もありましたが、上司はほめてくれる事もなかったです。ノルマの達成していない月も多くて、退職の勧告もあったので、3月に退職届を提出して、教材の販売の関連の会社を退職しました。

退職した後は、昔から好きなコンピュータ関連での営業の仕事を行っています。コンピュータに関しては、昔から好奇心であった事とコンピュータの詳細な知識が理解できる事で、会社からも信頼されています。

仕事内容はコンピュータの関連の危機やソフトを売る仕事ですが、取引先から信頼のある説明の印象がある事で、営業の成績もトップクラスです。また、同僚も仕事ぶりに感心していて、教材の販売関連の仕事を行っていたときよりもやりがいを持って仕事に打ち込んでいます。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。