post-1508

自称デザイン意識が高い担当者に振り回されるが、社長の知り合い企業なので文句を言えずストレス

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

職業:グラフィックデザイナー
困った依頼:会社パンフレットの制作 

50人規模の会社の広報パンフレット制作を担当

以前、社長の知り合いの会社の広報に使うパンフレットを制作する事になりました。昔から社長の知人という人の会社は、従業員も50人に満たない小さな会社で、パンフレットの担当者はまじめそうな男性。

その男性と私で内容やデザインを相談し、相手会社の社長や上司が確認後、微調整をして入稿。という流れと聞いたので、私はその時はあっさり制作も終わるだろうなと思っていました。

しかしラフの時点で怪しい雲行き。何度提案しても「ちょっとここずらせる?」「ここの色味がなかなか…」「ここは上司が好きじゃない」「ここは社長が好きじゃない」修正を出すも「いや前の方が良かった」「ここは戻して」「むしろ修正前にもどして」の連続。

正直ラフの段階でこんなに時間がかかる人も初めてだったので、まずは方向性だけでも決めたいと言うと「自分にはビジョンが見えている」と豪語。それなら早くそのビジョンを伝えて欲しいと思いました。

自称デザイン意識が高い担当者に振り回される

やっとラフが終わったと思いましたが、次は写真の選別でも問題が。提出された写真を使用して制作をしていたのですが、途中チェックの段階で「やっぱりイメージが違う」を連呼。

さらに写真の補正が終わった後に、2、30枚程入れ替えたいと言われたり、電柱や看板だらけの写真を「デザイナーならフォトショップすぐに消せるんでしょ?」と言われたり、暗闇でぶれている写真を綺麗にするようにと言われたり…

これだけならまだ我慢出来るのですが、横から撮影した写真のアングルを上からに編集して欲しいと言われた時には目眩がしました。この人デザイナーを何だと思っているのかと。

本人がすごく(自称)デザイン意識が高い方だったのでもう毎日修正の連続でした。しかもデザインの意識が高い割には言う事はめちゃくちゃで、私は社内で他のデザインの案件も担当していたので、この案件も他と同時に進行していたのですが、数時間置きに来る修正のメールとそれを読んだのか確認する電話でもう他の案件がなかなか手につかない状態に。

社長に惨状を直談判するが、修正につき合えとの指示

やりたくはなかったのですが、社長に「申し訳ないが修正や要望が限度を超えている、修正の締め切りを超えても修正を出してくるし、修正すると前のがいいと言う。このままでは期日内に入稿が出来ないかもしれない」という内容をやんわり伝えました。

しかし、「申し訳ないとは思うが古い付き合いの友人なので、納得のいく物を作らせたい。何度でも修正につき合えば、きっと良い物が出来るから頑張れ」と話を聞いてもらえませんでした。

それからは毎日のように修正をする日々です。初めはカッチリとした印象のパンフレットでブルーベースが良いと聞いていたのに、話が進むにつれ要望がどんどん変わります。

写真を大きく使ったデザインチックなパンフレット、優しい印象のピンクベースのパンフレット、手書きの文字で親近感を出すパンフレット、緑黄ピンクを使用した女性にも受け入れられるパンフレット、若者受けするコラージュいっぱいのパンフレットとどんどん当初とはなれた印象に。

正直作っていて、いま自分は何をしているんだろうという気分でした。

社内でも迷惑がられるが、下手に出ろとの社長の指示でさらにストレス

私の毎日の業務のほとんどがその修正で追われる日々を過ごしていたのですが、デザインを出来る人が私しか居なかったので、社内も「お前が頑張れ、俺たちは知らん」という空気になっていて、すごく仕事しづらかったのを覚えています。

特に電話がかかってくるたびに先輩達が迷惑そうな顔をしていたので、肩身が狭い思いをしていました。しかし、強く言いたくても社長の知人の会社なので言えませんし、社長に下手に出ろ、相手の機嫌を損ねるな、と釘をさされていたので何も言えずにストレスの溜まる日々。

担当者がラフを上司に渡しておらず、結局作り直しに

そんなある日、もうすぐ1ヶ月がたとうかという時、相手会社の上司から「まだラフは出来ないのか?」と連絡が入りました。私はびっくりしました。なぜならラフはもう大分前に完成して、今は写真の修整やデザイン制作に追われていたからです。

お互いに話が噛み合ないので、よく聞いてみると担当者がラフを渡さず、完成品を上司に見せようとしていた事が判明。

しかも現在制作していた内容は我が社の社風とは合わない気がするので、作り直して欲しいとの事でした。もう本当にがっくりと来たのを覚えています。今までの自分はなんだったんだと。

今回は上司が確認してくれたのであっさりと納品

そこからは直接上司と話し合い、パンフレットは落ち着いた印象のシンプルなデザインで制作をすることになりました。確認も担当者の上司がしてくださったので、あっさりと入稿・納品が可能に。

当初の予定より2週間以上遅れましたが満足して頂けたようで良かったです。本当に人によって仕事のしやすさが変わるんだと痛感した案件でした。

今回迷惑だった相手担当者は上司の前でこそすみませんといった態度をとっていましたが、なぜか私が上司にクレームを入れて怒られたと思っているらしく、会うたびに嫌な顔をされました。

しかも、今回のパンフレットは自分のビジョンとは違ったらしいです。もう担当はしたくないと思いました。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。