post-1479

労働時間は半日以上。残業代もボーナスもほとんど出さないブラック運送会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

丁度、リーマンショックの煽りを受けた就職氷河期でなかなか内定をもらえない中、説明会参加から1回の役員面接を経てあれよあれよという間に某大手運送会社(一部上場)より内定をもらい、「これもご縁かな」と入社を決意しました。職種は営業と決まってはいましたが、運送会社なので肉体労働はつきもの。スーツばかり着る訳にはいかないだろうなーと、ある程度の覚悟は決めていたのですが、甘かった…。
高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。

ボーナス月はお粗末な物品を強制購入させられ、ほとんど残らない

まず労働時間。渉外活動を終えて事業所に戻るのが夕方で、営業的な事務処理を終えた後(営業の仕事はここで終わりなのですが)夜は作業着に着替えてトラックの配車。ロクに食事の時間すらなく、全車発車するころには夜2時過ぎ。毎日、帰って寝るのが3時半をまわっていました(9時出勤)。

次にキツかったのが定期的に全社で行われる物販でした。ボーナス月(7月・12月)に「社内セール期間」と銘打って付き合いのある家電メーカーや食品メーカーの商品を定価で強制的に社員に売りつけるもので、店所毎・個人毎にノルマ金額が設定されており、それが店所評価や人事評価に繋がるものでした(ノルマ未達成者には処罰)。

品物の内容も、家電はどれも量販店にいけば半額以下で買えるし、布団やスーツも非常に安っぽいものでそれはヒドかったです。通常ノルマが5万。役職者には暗黙の了解でン十万のノルマが課せられていました。この物販により、ボーナスがほぼ吸い取られます。
高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。

過労によるストレスで医者から退職を勧められた

残業代の大幅な削減。ドライバーさんは日々ムリヤリ過積載で運行させられた挙げ句、商品が破損返品なら即買い取り。原因不明の商品事故は貨物事故処理の担当者が商品を自己弁償。。。など、こうやって並べただけで出るわ出るわです。

労組もほとんど機能せず、上記の物販や労働時間について議題はあがるものの、毎回どうでもいい決定ばかりが成されます(夏服の素材が変わった、とか)。そんな体たらくなので、疲れによる運行中の事故や、内勤の方がうつにかかって来なくなるのは日常茶飯事です。

私自身、持病の腰痛が悪化し、ひどい偏頭痛持ちになり、肌もボロボロでした(今まで出たこと無いような全身蕁麻疹で、いま思い返すと正直引きます)。すべて過労によるストレス由来と診断され、「早く辞めろ」とお医者さんに何度も注意される始末でした。

社員も、若い人間が入社したそばからガンガン辞めていくので非常に平均年齢が高く(おそらく平均40歳くらい)、寝て起きて仕事するだけの生活なので、出会いも無いため独身者が多かったように思います。独身寮はパンパンで、廃校のような汚さで、共用の風呂にはゴキブリが湧きまくっていました。
高卒、専門学校卒で学歴に自信のない人も正社員として働けるハタラクティブはこちら。

営業中の事故でも会社は保険処理を拒否

営業の仕事自体にはそれなりにやりがいを感じていたので、体を痛めつけながらも何とか持ち堪えていましたが、営業中に渉外車で事故を起こしてしまったことが辞める決定的な原因になりました。前日徹夜のあと仮眠し、出勤するなり「お客さんのとこへ今スグ飛んで行け!」と点呼も抜きで出発し、都内の混みいったバス道で、居眠り運転で追突してしまいました。

幸い双方無事でした(唯一の救い)が、もちろん過失は100 対 0で私。会社で自動車保険にもちろん加入しているので、保険処理になるのかと思いきや、私に突きつけられた選択は「自己弁償」一択。双方の車の修理代も、相手の通院代も全て私個人が払う以外の選択肢がない、というものでした。

その瞬間、「ここにいてはもうダメだ」と思い、テープレコーダーをこっそりスーツに忍ばせ所長と本社役員の恫喝を録音し、なんとか保険処理に持ち込むことができました。その後、私への風当たりが強くなることは明らかだったので、事故被害者の方の通院の結果(何ともなかったようで、心底安心しました)を見届け、退職しました。今思い返しても、どこを切り取っても壮絶でした。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。