post-1477

給与は高いのに使う暇がない!時間貧乏な高収入のブラック会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

大学を卒業して新卒でその会社に就職しました。同期は100人弱くらいだったと思います。それぞれの支店や営業所に散らばるので、みんなで集まったのは研修と入社式の時だけでした。私も支店に1人だけ配属だったので、自分が仕事に慣れるので精一杯でした。同期がどんな感じで働いているのかなど考える余裕はありませんでした。

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

定時までに終わらない仕事量で残業するも、ほとんどがサービス残業

とにかく忙しい会社でした。仕事の絶対量がキャパを超えています。なので定時なんてあってないものです。世間ではアフター5なんて言うけれど、私の場合はアフター10でお店に入れればいい感じでした。

もちろん総労働時間なんて規定をあっという間に超えています。真面目にタイムカードを押せません。労働時間管理ができていないと、支店の評価が下がり、自分の査定も下がり、ボーナスの査定に響くのですから。自分の首を絞めることはわざわざしませんよね。

残業代は一定時間分までなら出ました。もちろん毎月フルです。タイムカードを早く押してその後も働いているのですから、2倍も3倍も残業代はカットされていることになります。忙しい時期はそれでも仕事が終わらなくて、休日出勤でした。もちろん言われてではなく自主的にです。そうしないと結局自分の仕事が回らなくて大変になるだけですからね。

>>>脅威の内定取得率75%以上。ハタラクティブはこちら。

自分の会社よりももっと過酷なブラック会社とは…

サービス残業や休日出勤は当たり前の風潮が社内にはあって、みんな普通だと思っていたようです。上司は更に大変で長労働時間、会社に泊まることもあるし休みなんてほとんどなかったのではないかと思います。たまに同期と会って、こんなにひどい職場なんだとグチると、更に上を行くエピソードを聞きました。

日中はいろいろな対応に追われてぜんぜん自分の仕事ができず、夜中静かになってからが自分の時間だと。会社にはお泊りセットが置いてあるし、寝袋やダウンも置いてあると。時間を過ぎると空調が止められてしまうので、夏は窓を開けてなんとか過ごし、冬は寒くてダウンを着て仕事をするそうです。この勤務体系が新人ですよ。普通のOLっぽい生活を送っている友達はうらやましいというか別世界の人に見えました。

>>>脅威の内定取得率75%以上。ハタラクティブはこちら。

給料はいいけど休みが少ないので使う時間がない

勤務体系はブラックでも、給料はまあまあ良かったです。OLレベルと比べると良かったと思います。1年目はボーナスが少ないのですが、380万~400万くらいでした。

感想を言うと、こんなにお金はいらないから時間をくれ!ですよね。普段お金が足りないとか節約しようとか考えたことがなかったです。使う時間がないのですから。お昼ごはん何にしようかとか、外出した時にちょっといいおやつを買ってこようとか、そのくらいです。

休みをとって旅行にでも、なんてことにはなりません。なんせ旅行に行けるほどの連休がとれないのですから。田舎に帰ったくらいかな、なんて寂しいですよね。

>>>脅威の内定取得率75%以上。ハタラクティブはこちら。

ストレスは同僚との飲み会で発散するも激務によりストレス症状が

自分の体を騙し騙しもたせて頑張れたのは、同僚に恵まれたからだと思います。ドロップアウトする人は早々にします。残った人は残るんですよね。みんな頑張っていました。上司はそれ以上に大変でしたからいたたまれなく、私も投げ出さなかったんだと思います。

仕事が終わって飲みに行く時間は遅いけれど、よくみんなで飲みに行きました。11時過ぎから飲み会開始でしたね。2次会3次会と続き、もちろん終電はないのでみんな朝までコースです。けっこう頻繁にやっていました。みんなここでストレス発散していましたね。

しこたま飲んでベロンベロン酔っ払って、カラオケで騒ぐ、朝牛丼を食べて、始発に乗って帰っていました。ハードな仕事の後にオールナイトで騒いだ翌日は廃人みたいになっていましたが、それがまた心地良かったです。

自分の体を騙せなくなった時、私の体にストレス症状が出始めました。これ以上ここで働き続けると体を壊して将来に響くので、辞める決心をしました。体を壊しても精神的には大丈夫だったので、最後まできちんと出社し、引継ぎをしました。有給なんか消化したこともなく余っていましたが、そのまま消化できなかったと言った方が早いでしょうか。

同僚とも同期とも仲が良かったので、その後も会ったりメールのやり取りをしています。離れても離れない一生の友というのがありますが、そんな同僚と同期でしょうか。耐えただけあって一生物ですね。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。