post-1409

Access
VBAからASP.NETへのリニューアル案件。納品後2年経過もまだ本番リリースには至らず

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

職業:システムエンジニア
困った依頼:社内プロジェクト管理システムリニューアル 

Access VBAからWebシステムへ移行するプロジェクトに参画

私がこれまでに最も困ったクライアントとは、何を隠そう自分と同じ会社のとある部署(以下、A部署)です。A部署は、社内で使われているシステム(勤怠管理や経理など)の保守を主な仕事としていますが、6年ほど前からAccess VBAで開発されたシステムをWebシステムへ移行する作業に入っています。

社内システムは多数存在するので、2年おきに1つずつ移行していっているようです。Webシステムにリニューアルする作業自体はA部署が行うわけではありません。A部署から自社の開発部隊へ依頼して、現行のシステムを解析してもらいつつ、新たな要件を呈示していくわけです。

Access VBAからASP.NETへのリニューアル

私は2011年の3月に社内のプロジェクト管理システムのWebリニューアルに参画することになりました。Access VBAで動作するシステムを、ASP.NET(言語はVB.NET)へリニューアルし、2012年2月末までに結合テストを終わらせる、というのが当初の開発計画書の内容でした。

2011年4月に概要設計、6月に詳細設計、10月に製造、翌年2月に結合テストシナリオ作成、及び結合テストの実施というマスタースケジュールでスタートしました。

初めのうちは現行システムの仕様や要件定義の不明点を確認しながら、概要設計を5月末に終わらせるスケジュールで各自作業を進め、全体的には順調に進んでいました。

詳細設計に入る段階で要件見直し依頼

ところが、5月になり、そろそろ詳細設計に入るという段階に来て、A部署は、データベースの構成や、画面のレイアウトから全部一度見直したいなぁと言い始めたのです。それでも当初の納期は守って欲しいという無茶な依頼でした。

5月に入って要件見直しと言われ、A部署の方で再度詰めた要件が呈示されるのがいつか全くわからない状態で翌年の2月納期を守れと?そりゃ、各自ぶーぶー言います。A部署の要求に対応するのかどうかは、プロジェクトマネージャーを超えたもっと上層部の人とA部署の部長以上の人たちとで話し合われ、結局引き受けることになりました。

最初の要件が出てきたのは6月下旬でした。ガラリと変わったデータベース、及び画面のレイアウトに一同しばらく黙り込みましたね。要するに6月下旬から概要設計のやり直しをしなければいけなくなったわけです。

概要設計どころか、実装方式、データベース設計、画面標準設計といった基礎の部分からやり直しをすることになったのですから、各自の残業時間は大幅に増加しました。

概要設計レビューでまさかの新要件を要求

当初は社内の要員(プロジェクトマネージャー1名、プロジェクトリーダー1名、サブリーダー1名、開発メンバー2名)に加え、製造・単体テスト要員にオフショア開発の要員5名程度でまかなえると考えていましたが、概要設計要員として新たに他部署から1名アサインしてもらい、オフショア開発の方は5名から更に要員を追加してもらいました。

結果的には本当にギリギリでしたが、2012年2月末に結合テストを完了させることができました。終わりよければすべて良しと言いたいところですが、概要設計のやり直しどころか新たな要件もいくつか追加された要件定義書に対し、各自思い思いの質問を投げかけるので、A部署がいっぱいいっぱいになったみたいです。

いつぞやのA部署との概要設計レビューで「○○さん(問合せ窓口の方)、QA票でこう回答されましたよね?」と念押しすると、「そんなもん知らん!」となぜかこちらが逆ギレされ、更には、レビューの場で新たな要件を要求してきました。

このような先方の態度に、「同じ社内でもこんなヤツらがいるんだ」とみな、A部署に対して辟易し、二度と関わりたくないと口々に言っていたものです。

社外のお客様にもスケジュール的に厳しい要求を突きつけてくる方は今まで何社かありましたが、入社して最も困ったレベルのクライアントがまさか自社の一部署になるとは思いもしませんでした。

2年経過した今も本番リリースには至らず

ちなみに、要件の見直し前のスケジュールでは、結合テスト完了してからの総合テスト、及びデータ移行設計はA部署が行って2013年5月頃に本番リリースを行うと聞いていましたが、本番リリース日は2013年8月にいったん延期となりました。

当時のプロジェクトリーダーと私は、担当プロジェクトが変わったのですが、残ったメンバーは実はA部署が行うはずだったデータ移行設計まで担当することになったそうです。

あれから約2年が経過しますが、実はいまだにそのシステムはWeb版の本番リリースには至っていません。私と、当時プロジェクトリーダーだった先輩は既に開発部隊を離れ、新規事業を立ち上げたりするためのマーケティング関連の部署に異動しており、データ移行設計を担当していた残りのメンバーも既に全員退職してしまっていました。

すべての作業をA部署が行うことになったことで、かろうじて当時のメンバーであったプロジェクトリーダーと私が在籍していることを頼りにしてか、未だにぽつぽつと当時のA部署担当者の方からプログラムや開発環境に関する問合せのメールが届きます。いったいいつ本番リリースされるのでしょうか。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。