thyy

平均800万円超!年収から見るサイバーエージェントへの転職

誰もが知る株式会社サイバーエージェントの年収はいくらなのか?このページでは、有効アンケート回答数100以上から株式会社サイバーエージェントの年収について職種別にまとめてみました。気になるあの制度にも迫ります。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

1.株式会社サイバーエージェント全体の平均年収

まず、株式会社サイバーエージェント全体の年収平均は832.3万円。高いですね!!ちなみに年齢の平均は31.1歳、実際に調査対象となったみなさんの年齢は20代半ば~40前後といったところです。

さてサイバーエージェントの年収分布ですが、全体としては700万円から1,000万円で56%を占めています。特に細かく見ると、700万円から900万円にかなり集中している印象。全体的に高い印象ですが、900~1,000万円のところに壁があることもわかりますね。

2.サイバーエージェントは学歴社会?それとも・・・

誰もが知るサイバーエージェントは学歴社会というイメージが強いのですが実際にはどうでしょうか?まず、職員の学部卒と院卒(修士)の割合を調べてみました。今回の調査では、院卒の方は対象者の10%に満たないという結果でした。

サイバーエージェント社では院卒がむしろマイノリティなんですね。全体的に若い組織であることや仕事の実績重視であることなどともリンクしていそうです。

さらに年収平均を見てみると、大学院を卒業している社員の方が平均年収100万円安いことがわかりました。本当に学歴は関係ないみたいですよ。

サイバーエージェントへの転職を考えている方は「学歴がちょっと…」とためらわずにまず転職エージェントに登録してみてはいいかがでじょうか。

大学別に見ていきましょう。早稲田大学が全体の1割強。まあ早稲田大学はもともと学生の数も日本大学に次ぐ数ですから、これはある程度想定の範囲内です。あとは慶応義塾大学、青山学院大学と続きます。

社長の藤田さんが青学出身ということもあるのでしょうか。このほかは明治大学、立教大学等いわゆるマーチや関関同立など含めバランス良く続いています。全体的に国立大学出身者は少ないようです。

これら大学の名前と年収や役職には大きな相関関係は見られませんでした。学歴は重視していないというイメージ通り、データ上もリベラルな印象を受けます。

近年のIT企業の特徴かもしれませんが、そういえば株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)は学歴重視のイメージが強いですね。対照的な結果となっています。その他にもYahooに年収情報を調査しました。

3.サイバーエージェントの職種別平均年収

hop-ca-shokushubetsu

当ページでは「営業職・コンサルタント・マーケティング職・エンジニア」の4つの職種ごとに、年収の分析をしました。さっそく、サイバーエージェントにおけるあなたの今の職種の年収を見てみましょう。

これらの職種以外の年収を調べるなら、転職サイトに登録をしてキャリアコンサルタントに聞くのが確実です。

3-1,営業職の年収

現在はアメーバ事業部が脚光を浴びていますが、アメーバ事業が立ち上がる前のサイバーエージェント社の花形部署だったのはインターネット広告事業部。もちろん現在でも堅調に業績を支えています。同社がIT関連企業で有名になったのもこの部署に勢いがあったからですね。

意外なのは、営業社員の年収が1,000万円を超えているケースが少ないこと。成果に応じてどっかんどっかんボーナスが出ているイメージがありましたが(私だけ?)、そういったこともないようです。

マネージャー、局長クラスでも年収1,000万円を超えている人はそこまで多くないのです。また、年次や年齢と年収の相関関係もあまりありません。長く勤めているから高年収、年次が浅いから年収が低い、ということもなさそうえす。

実力がものを言うインターネット広告事業会社っぽいところです。

3-2,コンサルタント職の年収

職種について「コンサルタント」と回答した方はあまり多くはありませんでしたが、平均年齢が27.9歳と若め。このため年収も全体と比べて総じて低かったようです。

サイバーエージェントさんはIT関連のどこにでもドメインがありますから、この「コンサルタント」という方がどの部門の方なのかはちょっと不明。

ITコンサルタントの年収の平均は797.4万円と、エグゼクティブを除いた年収平均と大きく変わらないように見えます。もっともこれは、有効回答数が少なかったために統括のマネージャーの年収に引っ張られてあがった平均値と言えそうです。

統括マネージャーの年収は余裕で1,000万円を超えているようで、若手の500~700万円と比べて大きく差があるようです。

3-3,マーケティング職の年収

全体の年収分布は700~900万円に集中しているとお話ししましたが、マーケティング部門の皆さんの年収はこの分布より50~100万円低い印象です。

ただ、30代中盤~後半のマネージャークラスになると、1,100~1,300万円程度をどーんともらっているケースも少なくありません。

サイバーエージェントさんの中でも年収格差が開いている職種ということができるかもしれません。平均年齢は30.2歳と、サイバーエージェント全体の平均とそう変わりませんね。

3-4,エンジニアの年収

インフラやデータベースなど、システムエンジニアのみなさんの平均年収は807.8万円となりました。経営レイヤーの方も「全体」には入ってしまうため、これらを除くとほぼ平均ぐらいの年収と考えることができます。

年齢は34歳と、全体と比べて若干高め。こちらもサイバーエージェント全体の給与分布と同様、年収750~900万円のところに相当集中しています。

3年目でも10年目でもこの年収分布帯に収まっているケースがかなり多いことから、他の職種以上にこの帯に集中する傾向があるといって良さそうです。

年収1,000万円を超えるエンジニアとなると、PMやマネージャーとなってようやくといったところでしょうか。2011年から2012年あたりのDeNA(ディーエヌエー)、GREE(グリー)、サイバーエージェントさんらのゲーム系エンジニアの採用争奪戦では「1年目でも年収1,000万円を超える新卒が出るのではないか」などと言われました。

実際にはそこまで年収(お給料)が高い社員さんは多くはなさそうです。一時期のようなバブルではないまでも、ソーシャルゲーム事業部は4つの事業部の1つとして確固たる事業の柱のひとつではあります。

なお、事業部による年収の違いについてですが、ITエンジニアに関してはそこまで際立った傾向はないようです。

3-5,グループ会社の年収

サイバーエージェントは様々なグループ会社があることでも有名です。広告関連ではサイバーSSやマイクロアド、サイバーバズなど。最近では事業投資を積極的に行っているサイバーエージェントベンチャーズがあります。

他には新しいビジネスモデルとしてクラウドファンディングなども子会社で展開しています。証券事業を営むサイバーエージェントFXなどもありました。なかでもサイバーバズ社はインターネットの検索回数も多いようです。注目度が高いのでしょうか?

サイバーエージェント社では若いうちから子会社の取締役を任されることが多く、少し前には就職内定者のみを役員とするグループ会社なども生まれました。そういった意味ではこうしたグループ会社の給与・待遇も気になるところです。

こちらについて、各グループ会社の規模にもよりますが、幹部層以外は大きな差異はなさそうです。もっとも、グループ会社の取締役、COOやCTOといった幹部クラス役職は、さすがにサイバーエージェント本体と同等というわけにはいきません笑 

本体の幹部層では1,500万円以上もざらにありますが、グループ会社のエグゼクティブの給与は800~1,200万円のレンジにだいたい収まるかなという印象でした。

なお、本体の幹部層の平均年収は1064.2万円。さすがに全体平均よりはぐっと高いですね。200万円近い差です。驚くことに、今回の調査ではこの層の平均年齢は31.5歳と非常に若いこともわかりました。

4.サイバーエージェントが選ばれる理由はあの制度にあった!

サイバーエージェントで働いている人って、サイバーエージェントのことが大好きな人が多いんですよね。なぜでしょうか?

サイバーエージェントは人材まわりの仕掛けが特にうまく、給料以外の従業員満足度が極めて高いことで有名です。

年収以外のところで会社や仕事に魅力を感じている社員が多いことから、人事への力の入れようや仕事のやりがい、福利厚生の充実度などが伺えます。

本当の意味での会社へのロイヤリティを高める仕掛けがいくつもある結果、過酷な業務を強いられる営業社員もモチベーションを高く保って働き続けられるのかもしれません。

「年収もそれなりに欲しいが、それ以上に仲間とのつながりや職場の人間関係、仕事のやりやすさなどを重視して仕事がしたい!」という方に向いている会社と言えるのではないでしょうか。

支援充実。サイバーエージェントのちょっと変わった制度

サイバーエージェントが進めているマカロンパッケージという制度は聞いたことありますか?ママ(mama)がサイバーエージェント(CA)で長く(long)働くという意味のマカロン制度は、女性が出産・育児を経ても働き続けられる職場環境の向上を目指して作られたものです。

IT業界は男性のイメージがありますが、サイバーエージェントは女性の方にも優しい会社です。

具体的にはエフ休・妊活休暇・妊活コンシェル・キッズ在宅・キッズデイ休暇・認可外保育園補助・おちか区ランチ・ママ報といった制度があります。

転職エージェントに登録してお話を聞いてみてはいかがでしょうか?

ベンチャーへの転職に強い転職サイトは

サイバーエージェントなど、メガベンチャーのIT企業へ転職したいなら、適当な転職サイトに登録するだけではダメ。登録転職サイトを間違えると就職の道が閉ざされてしまう可能性があります。ちゃんと「ベンチャー企業との強いつながりがある」転職サイトに登録をしましょう。

当サイト一押しは「Geekly」と「ワークポート」。これらの転職サイトはメガベンチャーとのつながりが強く、企業側のニーズや面接で聞かれる事など的確に把握しています。転職を考えているなら、まずはこの2社に登録をしましょう。

転職サイト名
20代
30代
40代

Geekly(ギークリー)



登録はコチラ
web業界・ゲーム業界に強い転職エージェントで、サイバーエージェントと近い企業の求人が豊富。登録しないと見れない非公開求人が2,000件もあるので、求人情報をみたいなら登録は必須。リクルート主催のランキングで紹介求人案件満足度1位を獲得。(サイバーエージェントの求人が必ずしもあるとは限りません。)

ワークポート



登録はコチラ
ワークポートはIT業界に特化しており、業界内ではトップクラスの求人数を誇るエージェント。ゲーム業界・インターネットメディア・ウェブ制作などの求人を見たいなら登録必須。面談時に担当者が掘り下げてくれるのでサイト登録時の自己PRは記入不要。

地方の人が、状況を考えている時に知ってて得すること

さらに、地方在住の方にも嬉しいお知らせがあります。面接のためにくりかえし上京すると交通費と宿泊費が重なりますよね?

そこで、上記2つの転職エージェントに加えてマイナビエージェントに登録することをおすすめします。エージェントが代わりに会社側と交渉し、面接の日程をまとめてくれます。時間の節約にもなりますし、お金の負担も減りますよね。まさに在職中の転職活動を考えている人の味方です。



転職サイト名
20代
30代
40代

マイナビエージェント



登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。