post-1264

入社前からOJT名目でタダ働きさせるブラック企業

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

自分が新入社員として初めて入社した会社が、今にして思えばブラック企業でした。

理工系の学校を卒業して4月からシステム開発をしている会社に入社することで内定をもらっていましたが、入社前研修ということで3月の頭から出社していました。学校の授業はもうありませんでしたので、あまり問題はなかったのですが、見習いの見習いということで交通費のみ支給されていました。

労働基準法違反!入社前から給料なしで実務を担当

会社に慣れるためということで、業務の手伝いをし始めました。いわゆる、「OJT」というものです。自分より5つくらい年上の先輩に付いて、ソフトウェアの変更や修正を始めました。給料を出さずに働かせることが問題だとは、この当時は知りませんでしたし、転職後の会社で問題だと聞かされるまでは、何の疑問も持っていませんでした。

4月からは試用期間ということで、半年間は月給15万円固定でした。その会社の仕事の方針やルールはおろか、仕事としてソフトウェア開発業務をするのは始めてでしたので、右も左も分からずやっていました。先輩社員は一応質問すれば教えてくれたのですが、何を質問すればよいかが分からなかったので見よう見まねもいいところでした。

あるソフトウェアの修正業務は自分の担当という形になってしまい、納期まで設定されてしまいました。基本的に、「他とおんなじように直す」というあいまいな指示の元で、半分泣きながらやっていました。後で聞いた話では、この時自分が修正作業した代金は、しっかりお客さんに請求していたようです。まさに、タダ働きさせられていたわけです。数年後の忘年会でこのことを知ったのが、この会社を辞めるきっかけになりました。

年収250万で昇給も見込めず、仕事に忙殺され続ける

基本的に無茶な営業をしている会社で、利益を見積もらずに安い金額で仕事を受注する会社でした。そのため、いつまで経っても給料が上がらず、仕事の区切りもなくずっと忙しいままという状況でした。

ソフトウェア開発などの見積もりは一月当たりいくらで、それが何ヶ月かかるから総額はいくらになるという計算なのですが、1人で作業するのにもかかわらず、3人分の見積もりを出す、などということを平気でやっていました。

年収は、入社1年目は250万円程度で、5年間いましたが、5年目に290万円程度でした。5年目には増えていますが、わずかに昇給したことと、残業代が付いたからです。その会社には自分より3〜5才年上の先輩社員が3人いた他は、40才くらいの上司が2人いました。

先輩社員は会社にすっかり馴染んでいて、辞める気が全くなかったようです。上司2人は、社長や経理の人と、しょっちゅう会議室にこもって何か打ち合わせをしていました。ですが、全く仕事の管理をしないというわけではなかったです。

「福利厚生が充実した会社に正社員として再就職したい、、」そんな時はハタラクティブ!

仕事に追われる毎日なのに、読書感想文の提出を義務づけられ

とにかく営業がでたらめだったので、全員がいつも忙しいという状況でした。さらに、社長が縁故で色んな人を入社させるのですが、大した仕事もせずにすぐ辞めていっていました。半年ほどしかいなかった社員にも退職金などを支払っていたようです。

自分の上司として入社してきた同じ年齢の人は、自分よりも仕事が出来なかったために、忙しくなると1週間ほど出社しなくなるという事もありました。

社長は社員への啓蒙が好きで、自分が感動した本を買ってきて社員に読むようにと渡すのですが、お金もしっかり取られました。そして、感想文や論文を書いて来いというのがお決まりのイベントでした。しかも、パソコン全盛の時代に原稿用紙に手書きで書けというのです。もちろん締め切りもあります。買ってくる本も、ハードカバーの2千円近い本ばかり。

仕事術だの、整理術だの、といった本が多く、文庫化されているようなものも中にはありました。そして、ソフトウェア開発などとは何の関係もない本ばかりでした。このイベントには、社員全員が辟易していました。

有給を一日も使えず退社。そればかりか退職後も勤務し残務処理にあたった

インターネットで別のシステム開発会社の求人を見つけて転職することになったのですが、仕事があるからと、なかなか辞めさせてくれませんでした。1ヶ月ほど引き伸ばされた挙句に、2週間分ほどあった有給休暇は1日分も使えず、退社日も出社して仕事していました。

引き継ぎもろくに行えずに退職したため、退職後もしょっちゅう電話がかかってきて、あれこれ質問されていました。最後には、ソフトウェアを自宅に持ち帰って、電話がいつ来てもいいように準備しておくように言われました。転職後の会社でその話をしたところ、対応する義務は無いと言われ、それまではずっとサポート体制を取っていました。最後の最後までブラックな会社でした。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。