post-1210

長時間労働、サービス残業だけでなく上司から暴力があるブラック飲食店

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

昔から飲食店の仕事がしたいと思い、埼玉県坂戸市にある某飲食チェーン店に就職することにしました。初めて就職する場所だったので、仕事が辛くても当たり前だと思っていました。ただ、最近になってブラック会社という言葉を耳にするようになり、以前つとめていたところがブラック会社だったと思うようになったのです。
「福利厚生が充実した会社に正社員として再就職したい、、」そんな時はハタラクティブ!

休憩はわずか、残業代はゼロ。長時間労働で帰宅できず

どんなところがブラックだったかというと、まず1日の勤務時間が12時間超えることは当たり前でした。最初に入社したときは9時間勤務で1時間の休憩があったのですが、見習い期間を過ぎると私も12時間労働は当たり前になり、最悪の場合家に帰れないほど過酷だったことがあります。

好きな仕事をしているという自負があったので耐えていましたが、だんだんと身も心も疲れてしんどくなっていきました。残業しても構わなかったのですが、残業代が全く出なかったのはちょっとショックでした。友人の会社ではしっかりと残業代はつくと言っていたので羨ましかったです。

上司によるパワハラ以上の暴力制裁

また、お昼丁度に休み時間が取れないのは飲食店だから当然だと思っていましたが、「最初の頃は1時間休めたのに次第に10分程度休めるかどうというほどの休み時間になっていました。そうでないと、調理などを担当している人が休めないからです。

つまり、休み時間はあるけれど、実質取れないという状況に追い込まれてしまうんです。私はご飯を食べるスピードが遅いので本当に辛かったです。

仕事場で辛かったことといえば、上司からのゲンコツ制裁です。ミスすると容赦なく飛んできました。もちろんミスはいけないことなのでありがたいのですが、本当に力の加減をしらないんです。仕事を終わると頭がボコボコになるほどでした。それくらい力を込めてゲンコツされるのです。なんで素直にありがたいと思えないのかというと、上司が尊敬できなかったからです。

会社の方針で、古い野菜などは炒めてしまえばわからないと言ってかなり傷んだ野菜を使って調理していました。その他の食材も調理してしまえばわからないからと、産地が違うものなどを平気で使っていたのです。これは上司だけの問題ではありませんが、会社を含めてわかっていてやっているところにショックでした。
「福利厚生が充実した会社に正社員として再就職したい、、」そんな時はハタラクティブ!

退職金よりも自由を選びパワハラ会社を退職

私は夢だった飲食店で働くことができたので、なんとか頑張ってきたのにあまりにも理不尽なことが多すぎて限界を感じ始めていました。私は完全にやる気を失いつつありました。そんな私を見つけて上司は、私が根性がなっていないだの、仕事に対する考えが甘いだのと言って社長に言いつけるや、仕事が終わってから毎日のように掃除をさせられました。

しかも次の日になると、掃除の仕方が悪いからやり直しさせられたり水を浴びせられたこともありました。これには私の心もさすがに折れました。こうして、私が最初に就職した飲食チェーン店を退職したのです。退職する際、私の都合だからといって退職金も渡さないと言われました。私はそんなことより一刻も早く辞めたいしかかわり合いたくないとさえ思っていたので、退職金など貰いませんでした。

今思うと何から何までブラックな会社に勤めていたんだなと改めて思います。でも、その経験から今ではとても良い職場に巡り合ってコックとして腕を振るっています。今の職場も仕事をする時間は長いです。でも、以前のようにやらされているのではなくて自分で仕事をしているので全然苦痛になりません。逆にオーナーが休めと言っているほどです。

そして、会社の仲間も助け合いながら今の店を居心地のよい飲食店にしようと頑張ってくれています。ブラック会社での経験があったから、今の職場がよりいいものだと思えるのかもしれません。とても充実していて満足しています。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細