転職サイトは複数利用すべき!絶対に知らないと損する賢い活用法とは

ネット技術の進化によって転職活動についてもアナログからデジタル媒体による採用手法がスタンダードになりつつあります。ネットを介した転職が盛んになっていることにつれ、転職サイトを複数利用する求職者も増加傾向にあります。「転職サイトを複数利用すると管理が大変では?」「複数使う方が本当に有利なのか?」そんな疑問にお答えしていきます。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

転職サイトの複数利用はアドバンテージが盛り沢山

複数の転職サイトを活用することは転職活動成功の最も有効な手段の一つです。便利な転職サイトのメリット、デメリットを踏まえ、あなたの転職活動に活かしていきましょう。まず転職サイトとは、企業求人が掲載された情報サイトのことを指し、サイト上から求人検索、応募から企業とのやり取りができるサービスです。

サイト上には転職に役立つ記事やコラムが豊富であり、職務経歴書や履歴書のフォーマットなども無料で使用できるようになっているところが多くあります。スマホやパソコンがあればいつでもどこでも仕事探しや求職活動ができるので、手軽に転職活動を始められます。

複数転職サイト利用メリット

・求人の選択肢を増やせる

大手サイトであってもすべての求人を掲載できているわけではありません。もし、1つの転職サイトにしか登録をしていなかったら、他の転職サイトに希望にぴったりの求人があったとしても知ることができないため、応募できません。求人情報を漏れなくカバーできるよう、複数のサイトで情報を集めることは運命の出会いを逃さないための鉄則です。

・自分の希望にフィットするサイトを見つけられる

同じ求人であっても転職サイトによって書かれている内容に違いがあります。あまり詳しい情報がわからないサイトもあればより深く仕事内容や会社の内部事情が書かれているサイトもあります。複数のサイトを見ることで互いの情報を補完できるため、具体的な就業イメージを持ったうえで応募ができるようになります。

また、特に希望の業界や職種に強いサイトもあるため、外資希望なら外資系に強いサイト、IT系ならIT系の情報量の多いサイトといったように、より自分の希望にフィットするサイトをみつけるために複数サイト登録をして比較することも転職成功のポイントです。

・転職に関するお役立ち記事が豊富

転職サイトによって扱うコンテンツや求人検索項目にも違いがあります。キャリア診断や年収診断ができるサイトもあれば、自分の志向性を入力するとレコメンド求人が自動で表示されるサイトもあったりと、各社に特徴があります。複数のサイトを利用することで便利な機能をあますことなく使えるため、有利に転職活動を進めることもできるようになります。

<複数の転職サイト登録で成功できるタイプ>
・積極的に行動できる人
・自分の働く軸が決まっている人
・選考管理もしっかりできるセルフマネジメントが得意な人
・転職に慣れている人

複数転職サイトのデメリット

・自分から動かないといけない

複数登録のメリットは多くありますが、自分で求人を検索したり、必要な情報を調べたりと自分から動き出さなければいけません。

自分主体で自己分析をし、経歴書を作り、応募をしていかなければいけないので、受動的な方は登録をしても最大限の恩恵を受けにくくなります。

・セルフマネジメントが大変

転職エージェントと違い他者のサポートがないため、1人で応募管理、面接日程管理をしなくてはいけなくなります。たくさん応募をし、かつ複数のサイトを利用していると、1つのサイトだけで管理ができないため、抜け漏れが発生しやすくなります。

せっかく希望のスカウトメールが来てもメール数が多く埋もれて気付かなければ意味がありません。小まめにチェックしたり、一元管理できるアプリなどを入手し、上手に活用をしていくことが複数の転職サイト利用のコツといえます。タスク管理に課題がある方は転職エージェントの方が適正があるでしょう。

・転職エージェントのようなサポートはない

転職エージェントと違い、転職のプロによるキャリアカウンセリングや職務経歴書の添削、面接対策等を行ってもらうことはできません。転職に不慣れな方は自分で能動的に応募から面接、内定後の条件交渉等を行うことが大変であるため、転職エージェントに登録をしておくと安心でしょう。

<複数の転職サイト登録だけでは失敗するタイプ>
・受け身な人
・自分の軸が決まっていない人
・タスク管理が苦手で抜け漏れの多い人
・転職初心者

※企業へ複数サイトを利用していることはあえて伝えなくてもOK

求人サイトを複数利用していることはあえて伝える必要はありません。もし、面接で他の選考状況を聞かれた際には素直に複数のサイトで応募または、面接に進んでいると伝えても差し支えありません。企業側も採用をするために通常複数の転職サイトを持つ人材会社に求人掲載依頼をしている位なので、サイトの複数利用については問題ないと考えています。

複数の転職サイト利用に自信のない人は転職エージェントを上手に併用

複数の転職サイト活用は利点が豊富ですが、先述のように向いていない人もいます。特にタスク管理が苦手な方は無理に複数サイトを利用しようとすると、逆に転職のチャンスを失うリスクもあります。向いていないタイプの方は自分のスタイルに合った転職活動をしていくようにしましょう。

別の転職サイトから同じ企業求人に複数応募は絶対NG

転職サイトを複数活用していてよくある失敗談の一つは、同じ企業に同時期に別の転職サイトから複数回応募をしてしまうことです。この現象は転職サイトが複数にまたがっているため、応募管理をしきれていない場合に発生します。

企業側から見れば同じ人が2回応募していると、「応募したことを忘れてるといるようなので、弊社は本命ではない」「応募管理ができていないルーズな人」と悪い印象を持たれることは必至です。

採用担当者に不快感を与えつつ、二度手間をかけてしまう失礼な行為にあたるため、応募管理、進捗管理の対策を練ることは失敗しないための必須条件です。

タスク管理に不安がある方は転職エージェントも選択肢に

複数の転職サイトを活用するのはあくまで転職成功の一つの手段でしかありません。

向き不向きはあるため「応募や進捗管理に不安がある」「転職のプロのサポートが欲しい」という方は転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントであれば現職中で忙しかったとしても、求職者に代わって応募管理、面接日程調整、入社日調整等工数のかかる調整を全て行ってくれます。

また、転職のナレッジが豊富であるためキャリア構築のためのアドバイスや求職者の市場価値を教えてもらうこともできます。職務経歴書や履歴書の作りこみや面接練習ももちろん無料で支援してくれるため、転職方法を模索している人にとってはとても心強いサポーターになってくれるでしょう。

ただし、複数の転職エージェントと転職サイトを併用する場合、最終的には自分でも応募した企業を覚えている必要はあるため、全てをエージェント任せにしすぎず、自分でも管理する努力を忘れないようにしましょう。

転職サイトは4社まで!比較してメリットを最大限活用しよう

転職サイトを複数活用することアドバンテージが多くありますが、闇雲にたくさんのサイトを使えばいいというわけではありません。あまりにも多くのサイトに登録をすると、管理しきれなくなり、余計な工数が発生します。うまく転職サイトを複数使いこなすためにも、知っておいて損はない、自分に合ったサイトの選び方をお教えします。

転職サイトの選び方

主要な転職サイトは多くても3,4つ位に留めておくと良いでしょう。自分の志望する仕事や業界にもよりますが、1つは求人数が多いサイト、1つはその仕事や業界に強いサイトといったように登録するサイトの役割分担をしておくとより効率的に選考を進められます。

あまり転職サイトについて知らない人は登録前に調べてみたり、実際に登録をしてみて使い心地を体験してみるのも良いでしょう。登録してみると、このサイトは希望のスカウトメールがよく来る、このサイトは興味のない情報が多く求人検索もし辛いというサイトごとの特性がわかってきます。

登録したら必ず活用しなくてはいけないわけではないので、自分の都合に合うよう組み合わせていくことが転職成功の秘訣です。

<お勧めパターン:基本>
1求人数の多いサイト①
2求人数の多いサイト②
3希望業界や職種に強いサイト
4無料セミナーや特典が充実しているサイト

<お勧めパターン:若年者、ベンチャーやIT希望者向け>
1求人数が多いサイト
2希望業界や職種に強いサイト
3SNS系の転職サイト
4レコメンド機能がついているサイト

<お勧めパターン:キャリアチェンジ、スキルチャレンジ>
1求人数の多いサイト①
2求人数の多いサイト②
3希望業界や職種に強いサイト
4SNS系の転職サイト
+転職エージェント、転職フェア、ハローワーク等

同じ求人でどの転職サイトから応募すべきか

複数の転職サイトに同じ企業の同じ求人が掲載されていることもよくあります。どの媒体から応募をすると選考通過率が高い、ということは基本ありません。そうはいっても、どの転職サイトから応募をしたらいいかのポイントをご紹介します。

①メインで使う転職サイト

複数サイトを使っていても頻繁に使うサイトもあればあまり使わないサイトもあります。自分が使うどの転職サイトにも掲載されていたならば、連絡の抜け漏れを防ぐためにもよく使うサイトから応募をするとメッセージの読み忘れも減らすことができ、ケアレスミス防止策になります。

②提示条件が良い転職サイト

同じ求人であっても転職サイトによっては稀に記載条件(年収、待遇、福利厚生)が異なる場合があります。自分は記載された条件を希望する、という意思を伝えるためにもより良い条件が記載された転職サイトから応募をすると良いでしょう。

③求人に祝い金等が提示された転職サイト

急な採用であったり、人が集まりにくい仕事には入社をするとお祝い金を企業からプレゼントしてもらえる求人も存在します。お祝い金の発生期間や支払額はサイトによって違うため、一番良い条件のサイト経由でエントリーしてはいかがでしょうか。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。