入社1年目にして一人きりでの調剤・投薬業務を任されたのがきっかけです。

転職サイト名時給/年収求人はこちら
薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細へ

マイナビ薬剤師
時給2,500円
年収780万円
以上

詳細へ

ファルマスタッフ
時給2,500円
年収730万円
以上

詳細へ

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

性別・年齢・転職サイト・前職の職場

・20代
・女性
・マイナビ薬剤師
・調剤薬局

人手が十分足りず、入社1年目で一人きりの業務を任された

卒業後最初に入社した調剤薬局だったのですが、複数店舗はあるけれどそれほど大手の調剤薬局ではないため人手が十分足りず、入社1年目(それも半年足らず)にして薬剤師一人きりでの調剤・投薬業務を任されるようになったのが転職を考え出したきっかけです。
もともと門前の病院が8時~18時という長めの診療時間であり、お昼休憩もありますがきっちり1時間休めるわけではなく、間で患者様が来られたら対応することも多々ありました。また、1日の処方箋枚数が70~80ならまだしも、90を超えることがあっても薬剤師の人数が増えることなく私自身と管理薬剤師の計2人という状況と、業務内容が他薬局と比較してハードな割に給料は低めという状況に疑問を感じる日々が続き、さらには在宅業務をプラスしていくつか行うようにとの会社の指示があり限界を感じ転職を決意しました。
職場の雰囲気は明るく、人間関係も良好で魅力的な所ではあったのですが、私のようなまだまだ経験の浅い薬剤師にとっては一人きりで1日のうち短い時間とはいえ先輩薬剤師がいない状況で在宅業務や投薬業務を数時間のこなすのは大きなプレッシャーであり、仕事量も精神的、肉体的にキツイ状況でした。
卒業当初、この職場を選んだのは大学の同期の子の紹介があったのと、自宅から通える距離にあるということで気軽に選んでしまいましたが、もっとじっくり考えてから決めれば良かったと後悔しました。
また、社長に対して人数に対して業務内容が多すぎるとの訴えや経験の浅い自分にはプレッシャーが大きいことを何度伝えても「大丈夫大丈夫!できてるじゃん!」の軽い対応…もう無理だ!と感じました。

薬剤師専門の転職サイト2社に登録しました

以前より薬剤師専門の転職サイトの存在を知っておりましたので、転職しようと思ってすぐにサイトに登録しました。当初登録したのは2社ありましたが、1社は求人数がもう1社より少なかったのと、初回の連絡が来るのに少し時間がかかったため、最初に連絡の来たマイナビ薬剤師に絞って転職活動を始めました。
転職活動期間はおよそ3ヶ月程度。この期間、職場の人には誰にも内緒でしたので、頼りにできたのは担当になってくれた転職サイトの人だけでした。
当初の転職サイトのイメージは、ただ単に自分の希望に合った転職先を見繕ってくれる程度かなと思っていたのですが、実際はこちらの希望(給料や勤務形態、通勤時間等)を細かく聞いてくれて、その希望に合った求人票をピックアップ、さらにはその求人先の特徴を詳しく教えてくれて予想以上に頼りになりました。実際にこちらからは言いにくいことも先方に聞いてくださったりと、ありがたかったです。
また、転職サイトって無理にでも転職を勧められそうだと思っていたのですが、きちんとこちらの意思を尊重してくれていたのも意外なところでした。ただ、やはり急かされるような雰囲気は感じたので、私の場合はすでに転職を絶対すると決めてのサイト登録だったため特に不満は無かったのですが、悩んでいる状況でのサイト登録をした方にはプレッシャーに感じてしまうかもしれませんね。

転職に成功し給料もアップ

実際転職してみて、一応は成功かなと思います。
今の職場を決めた理由としては、やはり1人当たりの仕事負担割合の減少、頼れる薬剤師が他にも常にいる状況、給料アップです。
正直、わりときっちりした会社であるので以前のようなアットホームな職場とはいきませんが、それでも職場の人とは良好な関係を築けているかと思いますし、小さめの薬局に見られるようなあやふやな雇用状況ではなくきちっとした雇用状況のもとで働けているという安心感もあります。役職もまだまだ平の薬剤師ですが、ここでなら勉強に励み上の立場になれるような薬剤師を目指す前向きな気持ちにもなれています。前職の職場の方たちとも未だに個人的交流もあります。
逆に、少し失敗したなと思うところも無いわけではありません。それなりに店舗のある大きな薬局だと、それだけ全体のルールも細かくきっちりしていますので、例えば月に1度の報告会であったりだとか、自己評価の提出であったりとか、負担に思うこともあります。
ただ、どれもこれも完璧な職場というのはなかなか存在しないことも十分理解はしていますので、妥協ということにはなりますが、何を優先するかを考え、その優先すべきことが満たされている現状にはわりと満足しています。

何を優先するか、何を妥協するかをよく考えてから転職を始めるべき

転職を考えている方は、まずは何を優先するか、何を妥協するかをよく考えて転職されることをおすすめします。
仲の良い卸やメーカーさんがいれば、その方に転職希望の所の評判をこっそり聞くのもいいかもしれません。
薬剤師という資格を持っているとはいえ、やはり転職は何度も経験したくはないはず。自分でも転職先は見つけられますが、それなりに手助けしてくれる専門のアドバイザーの方(転職サイトの人等)は必要かと思います。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら