マイナビ薬剤師を使って転職しました。前職は病院で調剤を行っていました。

転職サイト名時給/年収求人はこちら
薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細へ

マイナビ薬剤師
時給2,500円
年収780万円
以上

詳細へ

ファルマスタッフ
時給2,500円
年収730万円
以上

詳細へ

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

性別・年齢・転職サイト・前職の職場

・女性
・20代
・マイナビ薬剤師
・病院

ロボットのような作業が性に合わず転職しました

前職では、病院にて調剤を行なっていました。
もともと薬剤師という専門職に強い憧れがあり、人の役に立つ仕事がしたいと思ってこの仕事を選びました。また、専門職というのにも憧れがあり、1つのスキルと磨いてスペシャリストになりたいという気持ちもあり、仕事を選ぶ際はスキルが一番磨けて、なおかつ経験値も積めるということで病院を選択しました。
しかし、病院での仕事は外から見た薬剤師としての仕事はほんの一部しかないことを知りました。

まず、医師の指示通りに調合を行いお薬と提供するだけといういわばロボットのように作業を強いられる状況が性格的にはあわず、医師から何気なく言われる一言というのに気づついたり腹が立つことも日常茶飯事でした。例えば、医師からは「言われた通りになんで調剤が作れないんだ。下手くそ」という言葉を言われたり、する日は新人時代には何度か耳にする言葉でした。こちらもミスがしたくてしているわけではなというのは大前提にあるのですが、医師も失敗をしたことがあるように薬剤師だって時には失敗してしまうこともあります。もちろん、薬剤師の場合における失敗は患者様の手元に渡る前のミスが大半のなのですが、医師の場合は手術や診察ミスによる失敗は、そのまま治療薬を間違ったもので指示を受けることもあります。

また、夜勤や当直もあるので体にも答える日々が続きますし、心や体が休まる日も少なく徐々に苦しい気持ちになっていきました。もともと不規則な生活に慣れていない体質なため、どうにも病院での勤務は長くできないなということを悟りました。

他の求人サイトよりも何より求人数が多かったのでマイナビ薬剤師を利用して転職活動をしていました

転職活動中は主に、インターネットから求人情報を探しました。
薬剤師ということで就職情報誌にも掲載されていることがあるなど、仕事と出会う場はたくさんある専門職だということが転職活動中に気づけたことでした。

ただ、病院での仕事内容を経験しているため、どうしても次病院で働きたいという気持ちは湧きませんでした。そのため、「調剤薬局」「ドラッグストア」という選択肢の前に立っていました。「製薬会社」という手もありましたが、企業ということもあり、なんとなく病院のように人間関係でまた壁にぶつかるのではないか?という嫌な予感もあり、転職先の候補からは除外していました。

とにかく、薬剤師という仕事をしていると、求人情報も必然的に薬剤師に特化したものだけを集めた求人サイトを利用するようになりました。そんな時に出会ったのはマイナビ薬剤師でした。マイナビは転職サイトの大手ということもあり、一般企業だけでなく薬剤師における転職情報にも突飛つしているなど他の求人サイトよりも何より求人数が多くて、出会うこともなくチャンスロスしてしまうようなもったいないことが起こらないサイトだと思い使用するようにしました。

今回は、ドラッグストアと、調剤薬局でなおかつ人数の少ない地域に密着した場所を志望していましたが、志望通りの求人情報が他のサイトよりもたくさんできたので、すぐさま応募する、面接を受けるの繰り返しで転職活動がとてもはかどりました。

調剤薬局で働くチャンスを手に「ありがとう」と言われるようになりました

転職をした結果、私は調剤薬局で働くチャンスを手にすることができました。
病院に勤務していると直接患者様と言葉を交わす機会の少ない、いわゆる黒子のような存在でした。そのため、自分が調合したお薬と医師の治療により、回復したのかどうなのか?実感できないままに調剤を行なっていました。

そのため、ただ、薬を作る機会のように感じてしまうことが多かったのですが、やはり自分が薬剤師という仕事目指すきっかけとなった「人のためになることをしたい」という点においては、調剤薬局では患者様と顔を合わして、自分が調剤したお薬を説明し薬の効能を理解して服用することができるなど自分が行なっている仕事が目の前の人の健康に繋がっているんだと実感ができるようになった点にとても充実感を感じています。

やはり、体が健康になると「ありがとう」という言葉をもらえた時はとても嬉しいですし、次の仕事も頑張ろうと闘志がみなぎってくるものです。しかし、病院時代になると本当に局内での人間関係がギスギスしていたり、変わった人が必ず1人はいるものです。

ただ、調剤薬局は現在6名ほどで運営をしているため、人間関係が限られておりみんなで仲良く協力をし合って和気藹々と仕事に取り組んでいます。仕事する上で、大事なのは人間関係による職場での居心地や、仕事に対するモチベーションややりがいだと改めて転職を通じて感じることができ、今の職場に転職してよかったと感じています。

やりたいことが今の職場で実現できないのであれば転職した方がいいです

転職は不安なことばかりではありません。
今の職場で実現できなかったことを次に、実現できる場所に移動するきっかけに過ぎないのです。モヤモヤしたまま仕事をするより自分がのびのび仕事ができる方が、スキルの習得速度も上がります。転職は悪いことだけではなく、良いことばかりです。環境を変えることは今の日本でも一般化しているので、迷っている人はまず一歩踏み出して見てはいかがでしょうか。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら