既卒、第二新卒で就活するなら絶対に知らないと損する現場事情とは?

最近第二新卒の転職市場は活発になっていますが、既卒の転職事情はどうなっているのでしょうか。「既卒と新卒の違いって何?」「既卒だと就職活動に不利って本当?」と皆さんが気になる疑問にお答えしていきます。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

1.既卒、第二新卒の転職事情はどうなってる?

既卒者の転職事情についてお話をする前に、20代の転職者に対してよく使われるキーワードは以下となります。

  • そもそも既卒とは?
  • 新卒:大学もしくは高校を卒業予定の学生
    第二新卒:就職をして3年以内の社員
    既卒:高校や大学卒業後、一度も正規社員(正社員、契約社員、派遣等)就職したことがない人

・既卒者の既卒者向けの採用枠でないと就職が難航しがち

既卒は社会人経験のない新卒社員と能力は同等ではありつつも、学生時代のうちに就職をしていないことが新卒採用枠ではネックとなります。

第二新卒採用や中途採用では未経験者歓迎案件もあり、エントリー自体はできますが、結局は就業経験がないことが足枷となるため苦戦することも多くなります。

・既卒者ニーズは増加傾向

ハンデはありますが、既卒者の皆さん、就職活動に絶望をする必要はありません。厚生労働省の通達により、既卒も新卒と同様の採用枠で選考を行われるようなり、若年者支援の施策もプロジェクトが動いています。

そして数は多くはないものの、既卒者をターゲットとした採用支援サービス、就職支援会社も存在します。意外にも多様性を重視したい等の理由から大手企業が既卒者採用にも積極的であるところすらあります。

しかし、どういった会社が既卒採用に前向きかは自分1人だけで探してもなかなかわかりません。ですから、既卒者を積極的に採用したい企業に出会えるよう、就職活動方法を工夫をすることでより就職可能性を高めることができます。

特に既卒者は新卒者よりも就業開始時期が柔軟に調整ができるため、採用ニーズが急増する会社では重宝されるケースもあります。

2.実際に既卒、第二新卒が求められている仕事と実態とは

既卒者が就職しやすい職種

  • 営業

    基礎研修をし、商材知識を覚えればすぐに現場に出やすい営業は未経験者が応募しやすい求人の代表例です。特に大量募集求人も多く、大手の生命保険やメーカーも募集を掲載しています。

    大手かつ社員になりたい希望があるならば、営業職がお勧めです。ただし、営業嫌いの方も多いのが現実です。人にものを売り込むのが嫌だ、残業が多そうなイメージとマイナスイメージもありますが、企業によって営業の仕事内容や性質もガラリと違います。

    実際に見聞きした上で嫌ならばいいのですが、食わず嫌いならばまずは営業について知ってみるのもいかがでしょうか。

  • サービス(接客、販売)

    基本的なマナーが備わっていれば入りやすく、学生時代のバイトでサービス系の仕事をしていた人も多く、応募の敷居は低い職種です。

    ただし、社員を目指すとなるとゆくゆくは店長やメンバーの管理等もしていかなくてはいけないので、バイトと社員の責任の違いを理解した上で応募をするようにしましょう。

  • 技術職

    人材不足が深刻であるため、既卒の採用にも前向きです。ただし、覚えることが多くプライベートの時間もITに触れていたい人ではないと長く活躍をすることは難しいかもしれません。

    技術トレンドの移り変わりが激しいため、常に探求心を持ち自主的に勉強をしていく姿勢が重宝されます。

  • 介護職

    高齢者の増加により採用枠が多い介護業界。行政も資格取得のサポートをしているため、社員採用確率も高くなります。ただし、体力的なしんどさやお年寄りとのやり取りには一定の忍耐力が必要となります。

    どんな仕事にも大変さはありますが、その仕事の本質を理解した上で応募をしましょう。

人気の求人(大手、事務職等)は社会人未経験の場合、より難易度が高くなります。就職活動期間が長引くとその間に何もしないのも勿体ないですし、

何か勉強をしていた方が入社後のキャッチアップも早くなるので、勉強をすることをお勧めします。面接でも「すぐに仕事を覚えられるよう〇〇の資格の勉強をしています。」と言えた方があなたの自信にもなりますし、採用担当者への印象アップにも繋がります。

    ※仕事別!既卒者が取得しておきたい資格※
    ・事務系職種:Microsoft Office Specialist、簿記2級
    ・銀行系職種:ファイナンシャルプランナー1級
    ・医療系職種:医療事務、介護福祉士
    ・不動産系職種:宅地建物取引士
    ・IT系職種:ITパスポート、CCNA、LPIC、Oracle Certified Java Programmer Bronze SE 7 / 8
    ・英語:TOEIC700

既卒の給与事情

企業の体質(年功序列、実力主義等)によって違いはありますが、年齢に関わらず通常新卒と同様の給与水準からスタートします。昇給も企業の方針によりますが、パフォーマンス次第では出世可能性は大いにあります。ただし、入社時期が同年代よりも遅いため、たゆまぬ努力が昇給を果たす条件にはなっていきます。

場所柄による既卒の就職事情

既卒向けサービスは発展途上のため、事業所が全国展開がまだ行きわたっていません。あって関西、名古屋までで、関東を中心とした就職支援会社が多い状況です。

求人媒体やハローワークの求人は全国を網羅しているので、東京エリア以外は主にネット上の求人サイトや最寄りのハローワークでお仕事を探すようになるでしょう。

既卒歓迎企業

実は大手が採用に積極的です。なぜならば、従業員数が多いため価値観の多様化を図りたく、研修ナレッジも豊富で業務分担もされているため、未経験者が入りやすくなっているのです。

しかし、大手求人は人気で狭き門。大手以外の中小企業にも魅力の多い会社はあるので、視野を広げて求人を探すようにしましょう。

既卒に向かない企業

既卒者を採用しようとしていても、実際には教える体制がなく、入社者が放置される会社も存在します。新卒採用をしたことがない、中途採用メインの会社やベンチャー企業によくある傾向です。

また、古い考えの企業は学歴や何かしらのレッテルにばかりに着目するため、既卒者は敬遠されます。また、いわゆるブラック企業は人が定着しないため、常に採用をしており、言葉巧みに入社をするよう働きかけてきます。

面接時には相手の言っていることを鵜呑みにせず、本当に働きやすい企業かを見極めるよう気を付けましょう。

3.既卒、第二新卒が就職活動で踏まえたい3つのポイントとは

既卒になった理由は人さまざまではありますが、既卒就職を成功に導くには大切なポイントが3つあります。

既卒になったことをしっかりと説明できるようにする

採用担当者は面接で既卒者を見極める時に何よりもなぜ学生時代の時に就職をしなかったのかが一番気になっている点です。

「就職活動を積極的にしなかったのでは?」、「コミュニケーションが取りにくいのでは?」と「何か問題があるのでは?」と勘ぐってきます。ですから、面接で既卒となった理由をしっりと説明できるようになる必要があるのです。

<STEP1>
既卒になった理由を伝えられるよう、事前に言うことを決めておきましょう。また、言い回しによってはマイナスに捉えられる可能性があるので、周囲の人に聞いてもらい、聞き手側の印象を確認しましょう。

<STEP2>
自信を持った態度で面接に臨めるようにしましょう。既卒ということで面接や就職に気後れを擦る方がとても多いのですが、自信をなくしたまま面接を受けても自信のなさが表われ、残念な結果となってしまいます。

既卒者となった過去は変えられません。未来の可能性を広げるため、どんな努力をしていくかや前向きに活動をし、自信を持てる行動を取るようにしましょう。

<面接で堂々として見えるようになるポイント>

  • 語尾までハキハキと話す
  • 長く話すことは避ける
  • ※呼吸が続かなくなると、頭に血が上りやすくなるため、簡潔に話して補足説明していきましょう。

  • 手や体を不用意に動かさない(貧乏ゆすり等NG)
  • 背筋を伸ばし、顎を引く
  • 相手の目を見て話す
  • ※目を見て緊張してしまう人は、相手の鼻あたりに視線を落としてもあなたが目を見て話しているように見えます。

変わる覚悟を持つ

学生時代の就職活動を頑張ったのにも関わらず就職ができず既卒になった方は、自分を変える決断が必要なのかもしれません。既卒になっても同じやり方で就職活動をしても採用バーの高くなった既卒採用では成功確率が高くありません。

行動数なのか、やり方なのか、考え方なのか、何を変えるべきかは人それぞれですが、社会に出ればお客様のため、周囲の人のために少なからず自分を変えていくべき状況も出てきます。

予行練習だと思って、就職をするためにベストな選択ができるよう自分を変える勇気を持ってチャレンジしていきましょう。

1人で頑張らない

既卒になると新卒よりも就職への難易度が増します。なぜなら、新卒よりもシビアに選考をされるようになり、かつ既卒向けの就職ノウハウも新卒に比べ少なく、自分1人で行動をしてもうまくいかない可能性が高いのです。

ですから、既卒の就職のプロや支援団体に頼るようにしましょう。客観的視点を得ることで新たな方向性が見えてきたり、自分の弱点と向き合うこともできるようになります。

4.既卒、第二新卒におすすめの人材エージェントをピックアップ

ウズキャリ既卒

就活サポートも親身と業界内での評判です。カウンセリング(自己分析サポート、職務経歴書添削)から面接対策まで1人の既卒者に20時間以上かけ徹底的に指導をしてくれます。

ITや営業の無料研修プログラミもあり、未経験から正社員への就職を果たすことも夢ではありません。また、ブラック企業を紹介しないことを目標に掲げており、求人も大手から中小まで内定実績も豊富にあり、安心して供に就職を進めてくれるサポーター的存在になってくれます。

ハタラクティブ

拠点を渋谷と立川においた首都圏特化型(東京、神奈川、千葉、埼玉在住者向け)の会社です。面接対策も熱心で既卒の就職活動をゼロから徹底的に指導してくれるため、書類選考通過率も高いのです。

何より求人の質が高く種類が豊富、上場企業の大手から掘り出し物の中小企業までバラエティに富んでいます。複数社登録する場合には必ず押さえておきたいサービスです。

いい就職.com

サイトのターゲットは既卒だけではなく、第二新卒もいますが、そのため、求人種類は豊富です。場所も東京、横浜、名古屋、大阪と拠点数が多くあります。

内定者の離職率も把握しているため、離職率の高い企業は紹介先から排除する仕組みもあり、職務経歴書ではなく、エントリーシートで就職活動ができる点が書くことに困る既卒者には魅力です。

リクナビ、マイナビ(新卒版)

新卒者を対象としたリクナビやマイナビは既卒者も使用することができます。勿論新卒をターゲットとしているので、既卒者にハンデはありますが、全国の求人を網羅しつつ大手から中小までの企業の細かな情報に触れることができるのでお勧めです。

5.既卒、第二新卒者が転職成功させたいなら…

上記のような支援会社や厚生労働省のサポートステーション、ハローワーク等既卒者を支援するサービスも多くはありませんが存在します。就職を成功させるためには、自分だけで頑張らず、既卒就職のプロの力を借り、あなたはの良さや強みを活かせる会社で働く未来を築きましょう。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。