40代50代男性のための転職ノウハウ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

男性が40代50代を超えると転職活動が苦しくなります。実力があるのにランクを下げた転職しかできないのは、非常にもったいないことです。損をしないために、40代、50代の男性向けの転職ノウハウについて詳しくご説明します。

面倒がらずに転職ノウハウを一から集めることが重要

サラリーマンとして多くの経験を積み、能力もノウハウも身につけた40代50代の男性であっても、転職するとなると話は別です。

ところが、応募書類の書き方や面接のノウハウを事前に勉強せずに転職活動をしてしまい、あえなく転職に失敗する中高年は意外と多いのです。

面接官に好印象を与えられるような転職ノウハウを知っているのと知らないのとでは、面接の結果に大きな差が出てしまいます。ここでは、中高年男性が特に失敗してしまいがちなことについてポイントを絞ってご紹介します。

わかっているようでわかっていない履歴書や職務経歴書の書き方

中高年の転職活動でよく聞くのが、「書類審査が通らない」という声です。「年齢だけ見てはねられているのではないか」と疑う人もいるかもしれません。しかし、実は単に応募書類の書き方が悪いだけということが、よくあるのです。

中高年の方の応募書類でよくある失敗事例について、まとめてみました。これから応募書類を書こうとしている人は、自分が当てはまらないか見てみましょう。

・顔写真が適当
履歴書で一番大事な項目はどこか知っていますか?普通に考えると職歴やスキル、資格欄だと思うでしょう。ところが、そうでもないのです。企業の人事担当者に言わせると、履歴書で一番見るところ、それは「顔写真」なのです。

顔写真というのは、思っている以上に多くの情報を面接官に伝えることができます。小さな字で職歴やスキル、持っている資格などの情報をたくさん書いても、一枚の顔写真から得られる情報には負けてしまうのです。

企業が面接で知りたいのは、その転職者を雇ったことでしっかり稼いでくれるのか、仕事の成果を出してくれるのかということです。しかし、それよりももっと知りたいことがあります。

それは、「この人はうちの会社に合っているのか」ということです。

どんな会社にも社風や独特の雰囲気というものがあります。うちは体育会系だとか、努力して資格を取ったり勉強したりする風土が根付いているだとか、顧客へのホスピタリティを何より大事にしているなどの会社があると思います。

それぞれの会社が、それぞれの独自の社風や雰囲気に転職者たちがうまく溶け込める人材を探しているのです。

どんなにすばらしい経歴や実力の持ち主であっても、何となくうちの社風には合わない、顔写真からにじみ出てくる雰囲気や人柄にどうしてもなじめないという人は、書類選考の時点で落とされてしまうこともあります。

ですから、履歴書に載せる顔写真はきちんとしたものを選ぶことが重要です。写真屋さんできちんと撮ることはもちろん、髪型や表情、女性ならメイクの仕方などに細心の注意を払って、好印象を与える一枚を撮る努力をしてください。

顔写真が妙な表情をしていたり髪型が乱れていたりするだけで、書類選考が通らないなんていうこともあるのです。

・読みにくい

履歴書や職務経歴書を書く時に、何に気を付けて書いているでしょうか?職歴をいかに華々しく見せるか、スキルや資格をどれだけ多く書けるかなど、アピールする内容を厚くするのは当然大事なことです。

しかし、「自分はこんなことができます」「自分は過去にこんな仕事をしました」というアピールにばかり目が行ってしまうあまり、失敗してしまう人が多いのです。その失敗とは、何なのでしょうか?

それは、「読みにくい応募書類を書いてしまう」ということです。とにかく、読みにくいのです。小さいスペースにできるだけ多くの情報を詰め込もうと、小さい字で書きまくる人、改行などは考慮せずとにかく情報を詰め込む人、何枚もの紙にずらずらと職歴や経歴を書き並べる人、そんな応募書類を送ってくる人は間違いなく書類選考で落とされます。

「こんなにたくさんの情報を書いて送っているのに、なぜ書類選考が通らないんだ!」と言う人は、面接官の目線になって考えてみる必要があります。読みにくい書類を送りつける、そんな人と一緒に働きたいと思うでしょうか?

書類選考を行う面接官は、毎日何人もの転職希望者の応募書類を読んでいるかもしれません。そんな忙しい中に読みにくい書類を送ってくる人など、「不採用でいい」と思ってしまうのは仕方がないのではないでしょうか。

では、応募書類を読みやすくするためには、どうしたらよいのでしょうか?書類を読みやすくするためには、意外とテクニックが必要です。まず、書く内容を厳選します。書く内容が少なければ少ないほど見やすくなるのです。

会ったこともない人の履歴書や職務経歴書など、面接官は読みたいと思いません。その状態から「もっと読みたい」と興味を引くには、情報を厳選していかに相手の目を引くインパクトのある書類が書けるか、と言うところにかかっています。

大事なのは、最初の行です。一番に目が行くところに、面接官が「この人に会ってみたい」と思うような一番大事な情報を書きましょう。

あなたの一番のアピールポイントはなんですか?「新規顧客を〇社獲得した営業手腕です」「〇〇人を率いて〇か月の大プロジェクトを成功裏に導いた、管理手腕です」など、面接官の目を引く情報をトップに持ってきましょう。

こまごまとした情報など、面接で話せばよいのです。まずは、「こまごました情報をこの人から聞きたい」と面接官に思わせるまでが、応募書類の仕事です。

面接官が読みやすく、目を引く情報を分かりやすく書く、ということを念頭に置いて、もう一度応募書類を書いてみてください。

・企業のニーズとかみ合っていないアピール内容

好印象の顔写真を貼り、読みやすくわかりやすい履歴書を書いたとしても、内容が企業のニーズとかみ合っていなければ意味がありません。技術力が求められる求人内容で営業力をアピールしても、採用されるとは思えません。

ですから、本当は履歴書や職務経歴書は使いまわすということは本来あり得ないのです。同じような人材を求めている企業をたくさん受けるというのであれば、使いまわすこともあるでしょう。

しかし、企業によって求めるポイントや社風は異なるはずです。それぞれの企業のニーズを正しく理解し、それにあった書類を書く必要があるのです。

その企業が一番欲しいと思っているスキルや仕事の経歴、成果を書くということを必ず念頭に置いて書いてみてください。そうすれば、おのずと書くことが定まってくるはずです。


面接時の身だしなみも重要ポイント

書類審査に通ったら、いよいよ面接です。面接対策で大事なのは、面接官に話すアピール内容ですが、その前にもっと大事なことがあります。それは、身だしなみです。

こういうことを言うと、「何年サラリーマンやってると思ってるんだ!毎日スーツを着て会社に出勤しているんだから、服装くらい大丈夫だ!」と怒る人もいるかもしれません。

しかし、ここは、「中高年の男性がやってしまいがちな失敗」についてのお話です。経験豊富な中高年男性にこそ、注意してほしいことがあるのです。面接で大事なのは、第一印象です。

最初に面接官に与えた印象が、実はあなたの全体の印象を決めてしまうのです。これはつまり、第一印象というハードルを突破しないと、あなたのスキルや能力、人間性をアピールするところまでたどり着かないということなのです。

せっかく良いものを持っていても、面接官にアピールすることができないのであれば意味がありません。毎日スーツを着て出勤している中高年だからこそ、失敗してしまう面接の服装マナーについて、お話ししようと思います。

・スーツがくたびれている

まず、中高年が一番やってしまいがちな面接のNGが、「くたびれたスーツ」です。いくら毎日スーツに慣れていると言っても、そのスーツがくたびれてヨレヨレになってしまっていては、台無しです。

袖や裾がほつれている、肘や膝、お尻の部分がすれてテカテカに光っている、ズボンにしわが寄っている、ネクタイの端が擦り切れているなど毎日着ていればスーツやYシャツ、ネクタイが汚れてしまうのは当然です。

それだけ毎日一生懸命働いた証とも言えます。いわば、くたびれたスーツはサラリーマンの勲章というわけです。しかし、その恰好のまま面接に行ってはいけません。

一つ一つのしわやほつれは小さくても、全体的にくたびれた印象になってしまうのです。営業職をしている人なら、常に身だしなみを整えているかもしれません。

しかし、普段客先に行かないで自社内での作業が多い人、顧客と会うことはあっても気心が知れた人ばかりと会う人などは、身だしなみがおろそかになってしまうことが多いのです。

特に、中高年になると、自分の身だしなみを自分で気遣うということが徐々になくなってしまいます。そういうことは奥さん任せ、という男性も多いのです。

そうなると、自分で気を付けているつもりでも、服のしわやほつれなどに気づきません。そんな状態のまま、面接に行ってしまうとどうなるでしょうか?

面接で最初に面接官があなたを見た時に、「くたびれた印象だな」と思われてしまうと、大きなダメージです。そこから持ち直すことは難しいですから、しっかりと身だしなみを整え、時にはスーツを新調することも必要です。

・髪型やコーディネートがなっていない

中高年ともなると、髪型やスーツのコーディネートなどはほぼ固まっているでしょう。「俺のスタイルはこれ。散髪屋もここに決めているし、もう何十年も髪型を変えていない」という人も多いと思います。

その髪型やスーツのコーディネートがびしっと決まっていれば、別に問題はないのです。しかし、中にはちょっと変わった髪型や「個性的な」髪型や服装をしている人がいるかもしれません。

男性にはそういうことにこだわりを持つ人が多いです。「俺は、いつもこの髪型。絶対に変えない」というこだわりがあるのはいいのですが、一度客観的な目で自分のスタイルを見てみましょう。

面接向けの髪型や身だしなみなどのスタイルは「万人受け」しなければなりません。自分のこだわりを持つのは良いことですが、面接を受けるからには誰に対しても好印象を与えるような「普通の」スタイルに変えることが必要です。

奥様や子供、友人などに「この髪型とスーツ、変じゃない?」と聞くのも良いですが、一番良いのは転職のプロ、つまり転職エージェントに確認するのが一番です。

転職サイトや転職エージェントに登録すると、面接対策やセミナーを無料で利用することができます。そのようなサービスを積極的に利用すれば、面接前に髪型や身だしなみを確認することができるのです。

転職のプロに一度見てもらうことで、自分を客観的に見つめなおすことができますからおすすめです。

・加齢臭や口臭がある

そして、中高年の男性にぜひ注意していただきたいのが、加齢臭などの体臭や口臭です。男性が年齢を重ねれば、加齢臭が強くなっていくのは仕方のないことです。

仕事を頑張りすぎて内臓にダメージが起こり、口臭となって現れるということもあるでしょう。しかし、面接で加齢臭や口臭がひどいというのは、いけません。

そもそも、社会人としていろいろな人と一緒に仕事をするならば、最低限のエチケットとして体臭や口臭をできるだけなくし、周りの人に不快な思いをさせないようにしなければならないはずです。

そのような最低限のエチケットも気にかけられないようでは、採用は程遠いでしょう。体臭や口臭に関しては、やはり、奥様など信頼のおける人に確認してもらうのが一番です。

加齢臭などの体臭に関しては、こまめにウェットティッシュでふき取ったりデオドラントスプレーを使ったりして、臭いを抑えましょう。ガムや歯磨きなどで口臭がおさまらない時は、内臓に何らかの問題を抱えているのかもしれません。

食生活を見直したり飲酒を控えたり、また、必要に応じて内科を受診したりして、体調を整えましょう。


中高年男性が失敗しがち!面接時のマナーの見直しを

中高年男性が最も失敗してしまうのが、面接時のマナーです。こういうことをお話しすると、また「何年サラリーマンやっていると思ってるんだ!」と怒られてしまうかもしれません。

しかし、そこが落とし穴なのです。「俺は何十年もサラリーマンとしてやってきた」という「慢心」こそ、中高年の面接マナーを悪くしてしまう元凶なのです。具体的にどういうことなのかを見ていきましょう。

40代から50代に達した男性なら、いろいろな企業を転々と渡り歩いてきたのでもない限り、ある程度の地位についているでしょう。課長や部長、中には役員クラスに昇進している人もいるかもしれません。

そのような地位についていなくても、長年働いていればほとんどの社員が自分より年下だと思います。つまり、ここを読んでいる中高年男性のほとんどが、今の会社では「偉い人」というポジションについているということです。

長い間この「偉い人ポジション」についていると、自然と「偉い人としての態度」が身についてしまっています。これは、本人があまり自覚していないことかもしれません。

この、本人が自覚していない「偉い人としての態度」というものが問題なのです。相手を上から目線で見てしまうなどという「横柄な態度」を面接で見せてしまうことで、面接官の印象は最悪になってしまうのです。

誰に対してもしっかりとお辞儀をしていますか?椅子に腰かける時に、自然とふんぞり返ってしまっていないでしょうか?人から話しかけられたら、きちんと体全体を相手に向けていますか?

もし、あなたが営業職やホテルマン、ウェイターのような接客業をしているならば、問題ないでしょう。常に、相手に失礼のないような完璧な接客態度が身についているはずだからです。

しかし、そうではなく、ある程度社内で偉い人と言われる立場に上り詰めてしまった中高年男性が、問題なのです。では、そういう自覚がある人は、どうすれば良いのでしょうか?

転職サイトや転職エージェントなどが主催している面接研修やセミナーを積極的に受けてください。もう一度、面接におけるビジネスマナーや礼儀作法などを一から学ぶことで、「偉い人としての態度」を直すことができます。

優良な非公開求人ならDODA

DODAの非公開求人情報
初めて、
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

優良の非公開求人などなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

企業は中高年男性のここを見ている!

企業は、面接の場で中高年男性の何を見ているのでしょうか?中高年男性ならではの、面接で注意したいポイントについてお話ししましょう。

若い人と働ける?面接官は中高年の「腰の低さ」を見ている!

中高年を中途採用しようとする企業のほとんどが見ていること、それは、中高年の「腰の低さ」です。今の会社で偉い人としての地位と威厳を保つために、中高年男性は無意識に「偉そうな態度」が身についてしまっています。

そして、若い人に対し、上から目線で威圧的な態度を取ってしまうこともあります。しかし、中高年男性が転職するということは、新しい環境や人間関係に溶け込まなければなりません。

前職での地位を維持したまま転職できる場合であっても、最初は腰を低くしていかなければならないはずです。特に、中途採用として自分より若い人から仕事を教わる立場になるのであれば、それなりの態度が求められます。

そのため、面接官は、「この人は自分より若い人とうまくやっていけるだろうか?」「新しい環境にうまく溶け込めるのか?」というところを見ているのです。

スマホ・パソコン、新しいことを吸収する気はあるのか?

面接官が中高年男性に確認してくることが、IT系のツールに対応できるかと言うことです。近年では、中高年であってもメールやword、excel、スマホなどパソコンツールを使いこなして仕事するなど、もはや当たり前のことです。

ですから、これを読んで「それくらいできますよ。当たり前です。」と思っているならば問題ありません。しかし、中には「IT系ツールはどうも苦手」という中高年男性もいるのではないでしょうか?

IT系ツールに限らず、新しい仕事のやり方、若い人の感覚で仕事をするなど、新しいことを吸収する気が全くない、という中高年は、採用とは程遠いでしょう。

健康アピールはほどほどに

中高年男性を面接する際に、面接官が気にするのは「健康について」です。若い人ならば問題ありませんが、ある程度年齢を重ねると体の調子が悪い、持病を抱えているという人もいるかもしれません。

健康不安がある人を積極的に採用する企業はあまりないでしょう。しかし、だからと言って「もう、健康体そのもの。何の問題もありません。」などという、健康体アピールをするのは考え物です。

中高年と言われる人なら、誰もが一つや二つの健康不安があるのが当然です。それなのに、「全くの健康体」などと言うことで、「逆に怪しい」と思われてしまう可能性があるのです。

では、健康について聞かれたらどう答えるのが正解なのでしょうか?健康不安があってもさらっと触れる程度にし、毎日の食事には気を配り、適度な運動を取り入れるなどして健康に気を付けているということを説明できれば良いでしょう。

もちろん、そのような生活をする方が良いに決まっていますから、実際に健康的な生活を送るようにしてください。要は、「自分の体のことをしっかり考えて、きちんとメンテナンスをしている。」ということがアピールできれば良いのです。


40代・50代男性が取得すると転職に役立つ資格とは?

40代、50代から転職する男性が、取得しておくと転職に役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか?

医療・介護関連

人手不足の医療・介護業界への転職を考えているのなら、医療系や介護系の資格を取得することをおすすめします。全く資格がなくても転職することは可能ですが、できる仕事を増やし昇給を狙うなら、資格取得がおすすめです。

社会福祉士や精神保健福祉士などの資格があれば役職者になることができますから、月給が数万円レベルで上がります。

警備員の資格

警備員にもいろいろな種類があり、大きく4つのカテゴリに分けられます。

・1号警備・・・ビルや一般住宅、施設の警備を行う
・2号警備・・・工事現場や催し物などの誘導警備を行う
・3号警備・・・現金輸送や核燃料の運搬の輸送警備を行う
・4号警備・・・いわゆるボディガードなどの身辺警備を行う

内容を見てもわかる通り、1号警備が一番簡単な内容で、数字が上がるにつれ難しい内容になっていきます。また、警備員の管理職になるための「警備員指導教育責任者」と言う資格もあります。

仕事をしていく上で上級資格を取得していけば、キャリアアップにつながるでしょう。

マンション管理士

近年リストラされた中高年や定年を迎えた中高年の再就職先として人気が高いのが、マンション管理人です。しかし、その仕事内容は様々で、ただマンションの管理人室にいれば良いというわけではありません。

マンション内の清掃やゴミ出しの管理、設備点検、受付での警備、鍵の保管、住人の苦情やトラブル対応など、仕事内容は多岐にわたります。

ほとんど昇給することがない仕事ですが、マンション管理士の資格を取ればある程度の昇給が見込めるでしょう。

IT関連の資格

WEBサイト構築やプログラミング、ライティング、データ入力などのIT関連の仕事で転職をしようとしているなら、IT系の資格を取ることがおすすめです。IT関連の資格は仕事に直結する資格もありますから、転職後も役に立ちます。

とはいえ、資格を持っていればすぐに仕事ができるというものでもなく、基礎知識レベルなものがほとんどですから、仕事を始めてからも積極的に勉強を続けなければなりません。

IT系スキルを高めていくための入り口としても、IT系の資格取得はおすすめです。


転職サイト?転職エージェント?40代50代男性におすすめの転職媒体とは?

中高年男性が転職する際にぜひ利用してほしいのがハローワークや転職サイト、転職エージェントなどの転職媒体です。一人で転職活動を進めるよりも、転職のプロの力を利用した方が無駄なく効率よく転職することができるからです。

しかも、どのサービスもたいていが無料で利用できますから、利用しない手はありません。でも、これらの転職媒体には、どのような違いがあるのでしょうか?

それぞれの転職媒体の特徴を理解し自分にぴったりの転職媒体を選ぶために、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントのそれぞれの特徴についてまとめてみました。

ハローワーク

ハローワークは地方自治体が運営する職業あっせんのための施設です。転職サイトや転職エージェントと大きく違う点は、企業が求人を掲載する際の掲載料が安いという点です。

そのため、企業が求人を掲載しやすいので、幅広い中小企業などの求人を閲覧することができます。

また、地域密着の求人が多いため、住んでいる地域の求人を探すことができます。しかし、求人の掲載料が安いということによる、デメリットもあります。それは、求人の質が悪いということです。

高い求人掲載料を払えず給料もそう高くない企業や、そもそも求人を集めるためにあまりお金をかけたくないという企業がハローワークを利用することがあります。中にはブラック企業もハローワークに求人登録することがあります。

ハローワークは幅広い企業や地域に密着した求人を探せるという反面、登録された求人の質は下がるということを理解しておいた方が良いでしょう。

転職サイト

転職サイトとは、インターネットを使えば簡単に求人検索ができる、便利な転職ツールです。転職エージェントやハローワークとの違いは、求人を探すのも面接を受けるのもすべて自分でするということ。

ハローワークの職員や転職エージェントのコンサルタントなどが担当につくわけではないので、全て自分で動かなければならないというデメリットはあります。

しかし、メリットとしては、自分の目で求人情報を確かめることができるということや、自分のペースで自由に動けるということがあります。

中高年男性が転職サイトを利用するならば、中高年向けやエグゼクティブ向けというサイトを利用することをおすすめします。

転職エージェント

転職エージェントは登録すると担当者がついて、求人検索や紹介、転職に関するアドバイス、企業との面接交渉や年収交渉までしてくれるという、至れり尽くせりのサービスです。

転職のプロによるアドバイスを受けることができ、企業へのアピールや交渉などのサポートを受けることができるということです。転職したことがない人や、アピールをするのが苦手という人ほど利用するメリットは大きいでしょう。

デメリットとしては、コンサルタントに転職を急かされたり希望の企業を紹介してもらえなかったりするなど自分のペースで動けないことがあるという点です。またコンサルタントが希望通りに動いてくれない、使えないというリスクもあります。

優良な非公開求人ならDODA

DODAの非公開求人情報
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

優良の非公開求人などなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

中高年におすすめの転職サイト

転職サイトにもいろいろなものがあります。若者向けや女性向け、IT系に強い、ナースや工場の仕事に特化しているなど、それぞれの転職サイトには強みがあります。

中高年男性におすすめなのは、中高年向けやエグゼクティブ向けの転職サイトです。具体的にどのようなサイトがおすすめなのかを、見てみましょう。

FROM40

「40代から」ということを表すFROM40は、その名の通り40代から50代向けの転職サイトです。中高年向けの転職サイトというのは、他にはあまりなく珍しい存在です。

アルバイトや派遣の求人が中心なので、正社員としての転職を希望しているなら、あまり良い求人は見つからないかもしれません。

しかし、正規雇用でなくても中高年向けの求人が多いというのは、やはり中高年にとっては魅力です。非正規雇用から正規雇用を目指すという手もあるので、登録しておいても損はないでしょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは日本最大級の転職サイトです。求人数もかなり多いため、中高年の転職に特化したサイトではありませんが、中高年向けの求人も数多く登録されています。

マイナビ転職

マイナビ転職も、リクナビNEXTと並び求人数が多い転職サイトで、幅広く豊富な求人を扱っています。求人の偏りを防ぐために、転職サイトは複数利用するというのが転職活動の王道です。

そして、その中に一つはリクナビNEXTやマイナビ転職などという大規模転職サイトを使うと、幅広い求人の中から探すことができます。

アイデムスマートエージェント

アイデムと言えば、新聞に入っている折り込みチラシで見たことがある人も多いのではないでしょうか。アイデムは地域に密着した転職サイトです。

大手転職サイトのように全国区の大企業の求人は多くありませんが、地域に強いというのは大きな魅力です。正社員や契約社員の求人も見つけることができます。


中高年におすすめの転職エージェント

転職エージェントを選ぶ場合も、転職サイトと同じように中高年向けのサービスを使いつつ、大手エージェントを併用するというのが王道です。

リクナビエージェント

リクナビエージェントは業界最大手のリクルートが運営している転職エージェントです。求人数や質、コンサルタントの質など、どれをとっても問題ないでしょう。

大手のエージェントに登録すれば、応募書類添削や面接対策などのいろいろな転職サポートを利用することができますから、おすすめです。

DODA即戦力ミドルの転職

DODAは人材サービス企業の大手であるインテリジェンスが運営している転職サービスで、その中でも中高年の転職支援に特化しているのが、DODA即戦力ミドルの転職です。

中高年に特化した転職エージェントはあまり多くないため、貴重な存在です。一般的な転職エージェントを利用して年齢制限で切られるよりは、最初から中高年に特化したエージェントを利用する方がストレスが少なくて済むでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリアも大手転職エージェントの一つで、取り扱う求人数はとても多く、扱う業種や職種も幅広いものがあります。ですから、良い求人を見つける可能性が高いのはもちろん、キャリアコンサルタントの質が高いのも魅力です。

面談でのきめ細かなヒアリングや応募書類に関するアドバイス、模擬面接、面接フォローなど、手厚いサポートを受けることができるでしょう。

まとめ

中高年男性の転職ノウハウについてまとめてみました。これらのノウハウを知っているのと知らないのとでは、大きな違いがあるはずです。

内定がなかなかもらえないのは、本当に年齢のせいなのでしょうか?もしかしたら、応募書類の書き方や面接マナーが間違っていたのかもしれません。

転職サイトやエージェントなどの便利なツールを利用することで、もっと有利に転職活動を進めることができるかもしれません。

もし、このような転職ノウハウを知らなかったというのであれば、あなたの転職活動に取り入れてみてはいかがでしょうか?

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。