40代・50代男性の転職は厳しい?中高年男性の転職事情を徹底分析!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

転職しやすい時期と言われていますが40代50代の中高年男性たちは、どのように転職活動を戦っていけば良いのでしょうか?そこで40代50代の男性の転職の助けとなる情報をまとめてみました。

家族のためにお金が必要な中高年の転職事情とは

40代50代の中高年男性たちはどのような事情を抱えながら転職活動をしようとしているのかを、見てみましょう。

子育てや家のローンなど一番お金がかかる中高年

まず、40代から50代の男性は結婚して子供がいれば、子供は中学生から大学生くらいになっている年代です。ということは、子供の学費が一番かかる年代ということです。

子供が小さいうちは意外とお金がかかりません。学費が高額になるのが、子供が私立の高校や大学に行ったり、家を出て遠くの学校に通ったりする場合です。

子供を大学に進学させる場合、安くても500万円、高ければ1,000万円はかかりますし、医学部や薬学部などに入ってしまうとさらに高額になります。高校から私立に入ってしまうとさらにかかりますし、浪人すればさらにかかります。

子供がどんな道を選ぶかにもよりますが、親としてはできるだけ子供の未来を選択させてあげたいと思うでしょう。そのためには、ある程度まとまったお金をプールしておかなければならないのです。

そして、人生で一番高い買い物と言われている「家」です。家のローンを抱えている人は、子供の学費とダブルで肩に重くのしかかってくることでしょう。そして、子供だけでなく、親が年老いて介護が必要になるという人もいます。

子供の学費、親の介護、そして、家のローンと、中高年の男性が背負うものは重いのです。

中高年からの転職では劇的な収入アップは難しい

そんな重い責任を持つ中高年の男性ですから、当然、家族のために働かなければなりません。ところが、その反面40代を過ぎると転職は難しくなります。

子供の学費や家のローン、親の介護など、一番出費の多い中高年が、転職においても不利になってしまうのです。このように、不利な面が多い中高年が条件の良い転職先を見つけるためにはいろいろな工夫や努力が必要です。

40代・50代男性の転職は厳しいのはなぜなのか?

では、40代、50代の男性の転職が厳しいのはなぜなのでしょうか?その理由を一つ一つ見ていきましょう。

年収が高くなりすぎている

一番の理由としてあげられるのが、年収が高くなりすぎていることです。以下のグラフを見ていただいてもわかる通り、男性は50代をピークに一番年収が高くなっています。

日本の企業にはまだまだ年功序列制度が根強く残っています。そのため、これくらいの年齢だとこれくらいの年収というように、ある程度年齢で年収水準が定められてしまっているのです。

ですから、40代、50代ともなれば、ある程度の年収でないと企業としても雇用しづらいのです。高い賃金を払って中高年を雇うならば、安い賃金の若者を育てて戦力にしたいという思いが強いのです。

年上だと扱いづらい

40代、50代ともなると、ほとんどの社員が自分より年下になるでしょう。すると、転職後に年下であっても上司になるというケースもあるかもしれません。

そうなると、年上の人に仕事を教えづらい、一緒に仕事をしづらいなどと、年配の転職者を敬遠する企業も多いです。

また、ある程度年齢を重ねた転職者の中には、自分の仕事のやり方に固執する、態度が偉そうなどという問題を抱えている人もおり、そんな過去の経験から中高年の転職者が嫌われていることもあります。

仕事を覚えてもらえなさそう

年齢を重ねると、若い頃には覚えられたものが覚えられなくなるということがあります。年を取ると記憶力はどうしても低下するのです。中高年には、そんな仕事能力に関する懸念もあり、転職の妨げになっています。

健康不安がある

そして、どうしても避けられないのが、年齢を重ねることにより起こる体力の衰えです。早い人は、40代ですでに成人病予備軍になってしまっている人もいます。

まして50代にもなれば、誰でも一つや二つは健康上の不安を抱えているものです。そんな健康不安が、中高年の再雇用を難しくしているという面もあります。

40代・50代男性が転職できる企業は、どのような傾向があるか?

このように、転職が難しいと言われている40代・50代男性ですが、中には積極的に採用をしてくれる企業もあります。それは、どのような企業なのでしょうか?

高い専門性や豊富な経験を求めている企業

40代・50代と言えば、働き盛りの主戦力となる人たちです。本来ならば、若い頃に色々な経験を積んで知識も豊富な中高年世代が、若い人を引っ張ってどんどん利益を生み出していくはずです。

そんな高い専門性や豊富な経験を持つ中高年を求めている企業は多いはずです。特定の分野で長い経験や高い専門性を持っている人なら、同じ業界の他企業から求められるでしょう。

未経験から専門性が求められる分野や事務職への転職は厳しい

ところが、勤続年数は長くても他の企業で通用する知識やスキルがない人や、同じ分野で長く働いたことがない人は厳しくなります。転職時には「未経験」から始めるということになります。

若ければ一から覚えるということもできますが、中高年だとそれも難しいでしょう。そのため、未経験の中高年が専門性を求める分野や、事務職などへの転職を果たすのはかなり難しくなります。

介護福祉業界やタクシー業界・警備員など人手不足な業界

では、未経験の中高年はどのような業界に転職できるのでしょうか。それは、常に人手不足の介護福祉業界やタクシー業界、警備員などの仕事になります。

給与水準は決して高いとは言えず、仕事内容も大変かもしれません。しかし、やり手が少ないため、中高年でも転職しやすい業界と言えます。

介護福祉業界なら、資格を取れば昇給も望めます。お年寄りはこれからどんどん増えますから、仕事がなくなることもありません。また、タクシー業界も景気に左右されるとはいえ、自分の腕次第で稼ぎを増やすこともできます。

警備員の仕事も安定してあるでしょう。

中には中高年を使い捨てにするブラック企業もあるので注意!

ここで気を付けていただきたいのが、中高年を食い物にするブラック企業の存在です。中高年は厳しい転職事情にさらされており、なかなか内定をもらうことができない人が大勢います。

そんな中、「すぐに内定を出しますよ」などと言う企業が現れれば、つい飛びついてしまうかもしれません。

しかし、最近は、なかなか内定をもらえない中高年男性の足元を見て、安い賃金で働かせるブラック企業が暗躍しているのです。

やけに良い条件ですぐに内定を出してくる企業がいたら、「この企業は大丈夫なのか?」と疑ってみることが大事です。

40代転職ならリクルートエージェント

リクルートエージェント
初めて、
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

マネージャークラスや高収入の転職先、40代を対象としたなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

40代50代男性が未経験の分野に転職するためには?

40代から50代に入った中高年の男性は、年齢という点だけでも転職活動が不利に傾いています。ところが、「未経験」という要素が入ると、さらに転職活動は「いばらの道」になってしまうでしょう。

しかし、中高年男性の未経験からの転職という「いばらの道」にも、活路を見出す方法はあります。それはどのような方法なのかを見てみましょう。

40代・50代で未経験からの転職が厳しいワケ

40代・50代で未経験からの転職はなぜ厳しいのかを、考えてみましょう。中高年に差し掛かってからの転職が難しいのは、上記でお話しした通りです。

そして、さらに未経験という要素が加わると、より転職の難易度が高まるのは当たり前のことです。でも、それはなぜなのでしょうか?

一般的に、年を取ると新しいことを覚えるのが難しくなります。記憶力や集中力が低下するからです。また、体力の衰えもあり、新しいことを始めるという気力のいる仕事をやり遂げる力が落ちてしまっているということもあります。

そして、中高年が新しいことを覚えるのが難しいのは、年齢による衰えだけではありません。年を取ると、過去に覚えたことや身についていること、慣れていることに固執したがる傾向があります。

今や、パソコンやスマホで仕事をするのが当たり前の時代ですが、年を取れば取るほどIT化されたツールへの抵抗感が高まります。若い頃ならば柔軟に対応できましたが年を取って頭が固くなると、IT化についていけなくなるのです。

IT化に限らず、新しい方法、今まで常識とされてきたことと正反対のやり方に対応するのは難しいのです。

さらに、問題があります。それは、年を取ると人の話を素直に聞けなくなるということです。特に、自分より若い人から教えられる、注意されるということができない人も中にはいます。

年齢を重ねるうちに、プライドが高くなってしまうのは当然のことかもしれません。

このような、年齢による能力の衰えや柔軟性が失われてしまったこと、そして、高いプライド、これらが邪魔をして未経験から新しい仕事を覚えるということを困難にしてしまうのです。

年を取っていてもまだまだ新しいことにチャレンジできる、ITツールにも柔軟に対応できる、などという人もいるでしょう。

しかし、あまりそのような人はいません。
ただでさえ難しい未経験からの転職、そこに、年齢というリスクが合わさると、転職活動はそう簡単に行かないことがわかると思います。

未経験歓迎の仕事は収入や仕事内容のハードルが下がる

未経験からの転職は転職すること自体が難しいという問題もあります。しかし、中には「未経験歓迎」という求人もあります。そんな未経験OKの求人を選べば未経験でも簡単に転職できるかもしれません。

しかし、「未経験歓迎」の仕事はそれだけ仕事レベルが低く収入が低いというケースが多いです。未経験でもできるような仕事なのですから、それは当然かもしれません。

未経験歓迎の求人は転職しやすい反面、転職してから収入が低い、仕事レベルが低いためステップアップしていけないなどという問題もあるため、本当にそれで良いのかよく考えてから転職することが大事です。

資格の取得やIT知識の導入などの意欲を示せば収入を上げていける

中高年の未経験からの転職について、厳しいことをお話してきました。しかし裏を返せば、これらの問題点を一つずつ解決していけば転職できる可能性は高まるということです。

例えば年齢を重ねた人の最大のネックとなっている「ITツールへの苦手意識」も必死に勉強すれば必ず克服できます。「年を取るとITツールが使えないでしょう」という指摘に対して「いえ、使えます。」ということが言えれば良いわけです。

しかし口で「使えます。」と言っても信ぴょう性は低いです。ここはIT系の資格を取得する、過去の仕事でexcelやwordなどのITツールを使いこなした経験などをアピールするなど具体的な「IT系に強いことのアピール」をすると良いでしょう。

特にIT系の資格はとても多く、頑張って勉強すれば取得することができる資格もたくさんあります。

また、新しいことに取り組むことができるというアピールがしたいなら、転職したい企業で必要な知識について勉強した、資格を取得したなどというアピールをすることができれば、企業にそれがしっかり伝わるでしょう。

つまり、未経験という不安要素があるとしてもそれを覆すことができるだけの具体的なアピールがあれば良いのです。もちろん、それはそう簡単なことではないですが苦労は多くても努力すれば、十分の見返りを得ることができるはずです。

未経験分野でも過去の経験を生かそう!

未経験から転職をするにあたり、「未経験な部分」を努力する必要もありますが、「未経験ではない部分」をアピールすることも重要です。ここでは、中高年の人が特にアピールしてほしいポイントについて、まとめてみました。

・高いコミュニケーション能力はどの分野でも生かせる

まず、アピールしたいのがコミュニケーション能力です。コミュニケーション能力は、どんな仕事にも必要です。なぜなら、ほとんどの仕事において、自分一人だけで仕事をするなどということはほとんどないからです。

接客要素がない仕事でも、チームを組んで仕事をやり遂げるためには、チーム内のコミュニケーションが重要です。まして、営業や接客などの仕事をするならば、高いコミュニケーション能力は必ず必要になります。

年齢を重ねることでできるようになるコミュニケーションの方法というものがあります。話しているとなぜか安心する、柔らかい物腰で話しかけてくるので話しやすいなどのコミュニケーション方法を身につけている年配の人は多いものです。

過去の仕事経験の中で、激怒したお客様を何とかとりなした、気難しい顧客に気に入られたことがある、などという武勇伝を持っている人もいるかもしれません。そんな具体的なエピソードも交えながら、コミュニケーション能力が高いことをアピールすることで、若い人にはないアピールをすることができるはずです。

・過去に培った問題解決能力をアピールせよ!

長い間働いていると、様々なトラブルに見舞われたことがあるのではないでしょうか。その時、どのように問題を解決したかということは、社会人にとってとても重要なことです。

仕事のトラブルをいかに上手に解決し収束させるかということが、できる社会人なのかそうでないのかという基準になるのです。ただ、言われた仕事を正確に素早くこなすだけでは仕事ができると言えません。

顧客からのクレームや社内外のスケジュールの遅れ、事故やトラブルなどの不測の事態に的確に対応できてこそ、できる社会人と言えるのです。

このような、問題を解決する能力は、やはり、経験豊富な中高年の方が高いものです。若いうちは経験がないため、突然起きた問題の前にただあたふたするしかないでしょう。

ところが、経験豊かな中高年ならば、過去に起こった数々の問題を対処した経験があるため、何とかしてしまう力が備わっているのです。

交通事情のために資材の搬入が遅れたがイベント開催を何とか間に合わせた、納期に間に合わないと大変な損失を出すところだったが、何とか人をかき集めて間に合わせた、などという具体的なエピソードを交えて、問題解決能力をアピールしましょう。

そうすることで、若い人にはない頼りになる人材だということをアピールできるはずです。

・過去の仕事の経験の中で生かせることが他にも必ずあるはず

中高年の人がアピールできるのは、コミュニケーション能力や問題解決能力だけではありません。違う職種や業種へ転職する場合であっても、過去の経験から次の職場で生かせることが必ずあるはずです。

どんな職場でも、売り上げを伸ばす、チームをまとめる、仕事のやり方を改善するという目的は一緒です。ですから、そのための手法も流用できることがあるでしょう。

また、違う職種や業種での経験があるからこそ、違う目線で新しい改善方法を提案できるかもしれません。

例えば、メーカー勤務だった人が、そのメーカーで扱う商品を販売・流通させる会社に転職した場合、そのメーカーで培った商品知識を生かすことができるでしょう。

全く異なる業界の企業に転職した場合でも、前職で得た売り上げアップの手腕や仕事の能率改善の方法を持ち込むこともできるはずです。

このように、過去の仕事の中で得た経験には、次の職場で生かせることが必ずあります。そして、40代、50代に到達した中高年ほど、過去の経験と言う引き出しは多いはずなのです。

あなたの中に生かせる経験はないか、一度探してみてはいかがでしょうか。

中高年男性は営業職に転職して収入アップ!

中高年男性におすすめしたい職種に営業職があります。なぜおすすめなのかを、見てみましょう。

営業職は転職しやすい職種の一つ

営業職とは、新規顧客を獲得し顧客に商品説明するなどという、接客を主に行います。どんな企業も、お客様にものを売ったりサービスを売ったりしなければ、商売が成り立ちませんから、営業努力が必要です。

ですから、営業職の求人は他の職種よりも多く、転職しやすい職種の一つです。転職市場では、若い人の方が圧倒的に有利と言われています。

しかし、企業から見れば一つでもモノを多く売ってくれるのであれば、若くても年を取っていてもあまり関係はありません。

ですから、営業職に関しては、実力があれば年齢は関係ないと言えます。

経験とコミュニケーション能力を生かせば成功する可能性あり

中高年ともなると、長い間企業で働いてきた中で培ってきた、豊富な経験と高いコミュニケーション能力が大きな武器になることは間違いないです。若い人にはない能力を生かせば、営業職として成功する可能性もあるのではないでしょうか?

営業職は、他の職種と比べて実力主義である面が強い職種です。要は、売れれば良いのです。ですから、営業手腕や客あしらいに自信があるならば、営業職に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ノルマが達成できない、営業利益が上げられないことも

営業職の良い点は、実力次第で給料アップを狙えるということです。しかし、その反面、ノルマが達成できなかったり利益が上げられなかったりすると、つらくなります。

ノルマ達成のプレッシャーを背負わされ、自腹を払って商品を買わせる、家族や親せきに頼って買わせるなどという、ブラック企業も中にはあります。

営業職として転職する場合、厳しいノルマはないか、自腹を払わせるようなことはないかなど、しっかり確かめなければなりません。

また、営業成績が振るわないと給料にダイレクトに影響が出るのも営業職のつらい所です。営業成績が悪いと給料を大幅カットされたり、最悪の場合首を切られたりすることもあるかもしれません。

売れれば良いですが、売れなければ前職よりも給料は下がり、また、会社にいづらくなるということも考えられます。

そのようなプレッシャーに耐えられるのか、営業職という仕事が自分に向いているのかなど、よく考えてから転職する必要があるでしょう。

キャリアを生かして収入アップ!

中高年の転職は難しいと言いましたが、必ずしもそうとは限りません。むしろ、高い専門性や豊富な経験、人脈を持つ人なら、キャリアアップや収入アップのチャンスなのです。

中高年がキャリアを生かしてより良い条件で転職するためにはどうすれば良いのか、お話ししましょう。

自分のスキルと企業のニーズを正しく把握!

いくら高い専門性やスキルを持っていても、その能力を求めている企業に売り込まなければ良い転職にはつながりません。より良い条件の転職先を見つけるためには、自分の能力と企業のニーズの両方を正しく把握することが重要です。

自分の能力を正しく把握していなければ、企業にアピールすることができません。そして、企業のニーズを正しく把握しようとしなければ、あなたの能力を求めている企業を見つけることができません。

転職とは企業と転職者との出会いの場です。その中でより良い出会いを見つけるためには、自分の能力と企業が求めるもの、その二つを正しく把握することが何より大切なのです。

自分の安売りは決してしないこと!

中高年の転職希望者がしてしまいがちなことが、「自分の安売り」です。若い人に良い仕事を取られ続けているうちに、内定を取るためには何でもしますという態度になってしまうのかもしれません。

しかし、「何でもします」「どんな条件でも良いです」などと言ってしまうと、最低条件しか提示されないでしょう。そんな最低条件で転職しても、後悔することになるはずです。

それに、企業側としても「何でもいいです」という態度の転職希望者を積極的に採用しようという気にはならないものです。具体的にどのようなことができるのか、どんなスキルを持っているのかなど話を詰めていかなければなりません。

また、中高年を狙うブラック企業の存在も危険です。なかなか内定がもらえない中「どんな仕事でも良いから内定がほしい」と追い詰められた中高年を、最低条件で雇うことなど簡単なはずです。

そんなブラック企業に採用されてしまったら最後、こき使われて使い捨てにされてしまうのです。

ブラック企業につかまって体を壊してしまったら、ますます状況は悪化してしまいます。そうならないためにも、しっかりと主張するべきところは主張し、妥協しても良い所は妥協して、勤務条件を明示しましょう。

企業との交渉を引き受けてくれる転職エージェントを利用するのも一つの方法

日本人は自分をアピールするのが下手だと言われています。謙遜することが美徳と言われている国民性ですから、「ぐいぐいと自分のことをアピールするのはどうも苦手だ」という人が多いのです。

営業職や人とかかわる仕事に長年携わってきた人なら転職面接でアピールすることもできるかもしれませんが、エンジニアなどで黙々と作業をするような仕事をしてきた人などは、自己アピールするなどということはあまりしたことがなかったかもしれません。

そんな「アピール下手」な人の転職活動は、どうすれば良いのでしょうか?転職をするにあたり、セミナーや研修に通ってアピール方法を身につけるべきなのでしょうか?

確かに、自分をアピールするということを一から学ばなければ、転職活動を乗り切ることはできないでしょう。しかし、もっと効率の良い方法があります。それは、転職エージェントを利用する、というやり方です。

転職エージェントは無料で誰でも利用できる転職サポートサービスで、転職先の紹介・あっせんはもちろん、応募書類の書き方や面接対策のアドバイス、転職活動の悩み相談、そして、企業との調整や転職者のアピール、年収交渉までしてくれるとても便利なものなのです。

ですから、転職をするならば、利用しておいて損はないサービスです。

自分のスキルや経験を相手に好印象を与えられるように上手にアピールし、できるだけ高い年収で働けるように年収交渉をするというのは、苦手な人にはなかなかハードルが高いことです。

そのようなアピールをすべて転職エージェントに任せることもできるので、有利に転職活動を進めることができるでしょう。

主要都市ごとに40,50代男性の特別な転職事情はあるか?

最後に、少し目線を変えて、都市ごとに転職事情の違いはあるのか?ということを考えてみます。あなたが住んでいる都市にはどのような転職事情があるのかを知ることで、その都市に合った転職活動を展開できるでしょう。

求人が多く転職しやすい「東京」

まずは、東京です。東京はもともと求人が多い上に東京オリンピックを控えており、求人がかなり多くなっています。そのため、売り手市場で転職しやすいでしょう。

ただ、求人が多い反面人口も多いため、条件の良い求人は取り合いになるということもあります。そうすると、どうしても年齢の若い人の方が有利になってしまいます。

求人が多いため中高年向けの求人も多いはずですから、若い人と競合しない求人を狙っていくのがポイントかもしれません。

メーカーと製薬会社が多い「大阪」

大阪にはパナソニックや積水ハウス、サントリーなどの優良メーカーや、武田薬品と言った製薬会社など、大企業が多い街です。そのため、メーカー勤務、製薬会社勤務の人は求人が探しやすいでしょう。

ただ、大阪というのは特殊な人間関係があります。それは、「義理人情に厚い」ということ。べたべたした人間関係が苦手な人には合わないかもしれませんが、そうではない人には居心地の良い街です。

「合う合わないがある」というのも、大阪の大きな特徴かもしれません。

製造業の街「名古屋」

名古屋と言えば、トヨタ自動車をはじめとする製造業が盛んな街です。また、2027年にリニア中央新幹線が開通すれば、東京~名古屋間が40分で結ばれますから、さらに発展することが予想されます。

そんな、さらに発展を続ける名古屋の転職市場は圧倒的な売り手市場ですから、転職しやすいと言えるでしょう。

有効求人倍率が若干低めの「福岡」

福岡は東京や大阪、名古屋と比べると若干有効求人倍率が低めです。以下の表の2015年の県別有効求人倍率を見てもわかる通り、他の都市に比べても低くなっています。

都市名 有効求人倍率
東京 1.85倍
愛知 1.56倍
広島 1.52倍
宮城 1.36倍
大阪 1.26倍
京都 1.24倍
福岡 1.21倍

福岡で有効求人倍率が高い業種は、製造業、建設、医療・介護、飲食関連です。特に製造業の有効求人倍率が全国的に見ても高く、ねらい目と言えます。

福岡と一口に言っても、商業施設が集まる福岡市、工業都市の北九州市、農業や水産業が盛んな地方などに分かれています。

その都市ごとに転職しやすい職種や業種は異なりますから、しっかり見極めることが重要です。

まとめ

40代から50代の中高年男性の転職事情について詳しく見てきました。決して転職しやすいとは言えませんが、つらい転職活動の中にも対処できる部分があったと思います。

自分を良く理解し企業についてしっかり勉強しておく、そして、より良い転職活動を進めるための対策を講じることが、回り道のように見えながら転職成功への最短の道になるでしょう。

40代転職ならリクルートエージェント

リクルートエージェント
初めて、
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

マネージャークラスや高収入の転職先、40代を対象としたなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。