転職に失敗したかも!と思ったら確認すべき5つのこと

「転職したのに失敗だった」「今すぐ転職したい」そんな気持ちを抱きながら今の職場で働き続けるのはツラいものです。とはいえ、ふたたび転職して同じ失敗を繰り返すのも避けたいですよね。転職を成功させるにはどうすればいいのでしょう?この記事では、具体的な方法を詳しく紹介していきます。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

「転職したのに失敗だった」「今すぐ転職したい」そんな気持ちを抱きながら今の職場で働き続けるのはツラいものです。

とはいえ、ふたたび転職して同じ失敗を繰り返すのも避けたいですよね。転職を成功させるにはどうすればいいのでしょう?

この記事では、具体的な方法を詳しく紹介していきます。

①この転職は失敗なのか?判断するためにチェックすべき5つのポイントとは?

あなたの転職が失敗なのかどうかを判断するために、5つのポイントをチェックしてみましょう。

どれか1つでも当てはまるようであれば、その転職は失敗の可能性が高いと言えるでしょう。

1.転職が失敗かどうかを判断するための5つのポイント

チェック1 取引先業者への支払いが滞っている

取引先業者への支払いが滞っていたり、お客様に対して入金を早めてもらう交渉をしている企業は要注意です。

資金繰りが悪化している可能性があります。いずれ給与の支払いも遅延するかもしれません。

チェック2 入社前に聞いた条件と違う
給与や仕事内容、残業の有無、職場環境などに関する条件が、入社前に聞いていたものと異なる、というのもよくある話です。

条件違いが起こるおもな理由3つをご説明しましょう。

①労働環境が悪く人が集まらない職場なので、わざとごまかしている。

②社内の連絡がうまく行っておらず、現場の状況や要望が採用担当者に伝わっていない。

③採用した人を見て、入社直前に変更がなされた。

①についてはしばらく仕事を続けてみて、退職者の数や新たに人を募集する時の対応の仕方を見れば該当するかどうかわかるでしょう。

②に関しては、採用においてはよくあることです。採用担当者が現場の状況を100%把握することは難しいので、仕方ない部分もあります。

ただし、残業の有無・転勤の可能性など、重要なポイントが伝わっていない場合は、その企業の採用や労務管理に対する姿勢が疑われます。

入社後も同じようなトラブルが発生する可能性があります。

③については、ある意味あなたがきちんと評価されていることの表れです。より適性に合わせた調整がおこなわれたと見ると良いでしょう。

ただし条件が変更された結果、自分のやりたい仕事内容ではなくなっていることもあります。

営業職が嫌で事務職に転職したにも関わらず、営業経験が豊富ということを理由に営業職に配属されてしまうような場合です。

チェック3 将来性に不安がある
将来性には2つの意味があります。会社の将来性と、自分の将来性です。

会社の将来性がなければ、倒産・リストラの可能性があります。

また会社自体は安定していても、自分の昇給・昇進が見込めない会社であれば将来性がないといえます。

一方で、入社してすぐに「会社の将来性がない」と判断するのは時期尚早です。

たとえば経費をとことん削減していて、ボロボロの机やイスをいつまでも使っている、電気もマメに消していて社内が真っ暗、という会社は、本当に経営難で経費を削減している場合と、徹底してコストを削減した高収益の会社である場合があります。

早とちりで退職をして、あとから後悔しないように気をつけましょう。

チェック4 仕事が面白くない
日々の仕事が面白くない場合、「転職に失敗した」といえるでしょう。

面白くない仕事をこの先も続けていくよりも、転職を考えるべきです。

ただ、この場合も早とちりしてはいけません。働き続けるうちに内容が理解できて、面白くなることもあります。

転職したところで、もっと面白くない仕事の場合もありあす。

どんな仕事でも仕事である以上、「面白くない」要素はあるはずです。

自分にとって、何が面白いか、面白くないか、面白くないことは我慢すべきことなのか。

まずはしっかり考えましょう。

チェック5 悪質な不正をしている
ここ数年、企業の不正がニュースで多く報道されています。

自動車の排ガスや住宅の安全性など、「まさか」と思うような大企業が不正を行っていることが明らかになりました。

転職先でもこのような不正が横行している場合、注意すべきです。最悪の場合、自分も不正行為に関わったとして責任を問われる可能性もあります。

2.上記チェックポイントに当てはまる人はどうするべき?

上記の通り、せっかく転職したのに失敗だった、というのはよく聞く話です。

「仕事が面白くない」というだけで済めばよいのですが、転職先の倒産や不正に関与してしまうのは避けたいところです。

また、後ろ向きな気持ちで仕事をしていても、成果は出ませんし、自分の成長にもつながりません。

転職歴が増えることによるデメリットはありますが、選択肢をなくすのではなく、再度の転職も視野に入れましょう。

「前の会社のほうが良かった」と思うのであれば、素直に前職に戻ってみるのも一つの手です。


②選択肢その1:元の会社に戻る。でも出戻りが許されるのはどんな人?

一度やめた会社に再度入社することを「出戻り」といいます。
「一度やめた会社に戻りたいなんて許されるの?」という心配もあると思いますが、実は企業側にとってもメリットがあります。

それは「採用のリスクを回避できる」という点です。書面審査や面接だけでは、その人のすべてがわかるわけではありません。

結果的に期待はずれに終わることもあります。

しかし、出戻り人材であれば、良い面も悪い面も知った人物なので採用のリスクはありません。

採用される本人から見ても、会社の内情を把握した上での入社なのでリスクは大幅に軽減されます。

とはいっても、一度は退職した身分なので無条件で再度入社できるというわけではありません。

歓迎される場合と、そうでない場合があります。

1.以前勤務していた時に一定以上の成果を出していた人

出戻りが許されるケースとしては、まず「一定以上の成果を出していた人」がいます。

成績の良い営業マンがわかりやすい例です。支払う給与以上に売上・利益を上げてくれる人材であれば、採用しない手はありません。

何を成果とするか職場によって違いますが、周囲から「あの人が戻って来るなら心強い」と思ってもらえるのであれば、出戻りも許されるでしょう。

2.退職時に周りに迷惑をかけていない人

退職時に迷惑をかけていないことも、出戻りの条件の一つです。

きちんとした引き継ぎもしないまま急に退職されてしまうと、残された側は非常に困ります。出戻りをしたいと言っても受け入れてもらえません。

また、退職のタイミングも重要です。会社によっては期の途中で退職されると人員補充ができない場合があります。

人事異動が多い4月など会社のタイミングに合わせて退職をすると、交代人員の都合がつきやすいため比較的迷惑をかけません。

また、退職理由や退職時の言動も気をつけましょう。退職時に「今の職場が嫌なのでやめます」などと言ってしまうと、出戻りしづらくなってしまいます。

「ほかにやりたいことがある」など前向きな理由を伝えて退職すべきでしょう。


3.転職してからも前の職場との関係性を維持している人

出戻りするのであれば、退職後も職場の人たちと人間関係を持続させることが大切です。その理由は、次の2つです。

・安心感がある
前職の人たちとは定期的に食事をするなどして、近況を伝えるようにしましょう。今の仕事内容や、頑張っていることを伝えることで、前職の人々に安心してもらえます。

今の職場で得た知識やスキルを上手に話すことで「在職時より成長している」という印象を与えられるでしょう。

・職場の情報収集ができる
自分が退職したあと、前職でどのような変化が起こっているか知ることは重要です。たとえば何人も退職者が続き、人手不足で困っているとわかれば、出戻りの狙い目だといえます。

また、業務内容や景気動向について、前職の変化を知ることも大切です。職場の状況は刻々と変わります。自分の在職時と同じだと思ってはいけません。

在職時と同じだろうという姿勢では、退職後の変化に適応できない人だと判断されてしまいます。今の職場にふさわしい受け答えができるのがベストです。

出戻りにはデメリットもある?

ここまで出戻り転職の良い面をご紹介しましたが、デメリットもあります。

かつて退職した職場では、どれだけ丁寧に引き継ぎをしても、ほかのメンバーに必ずしわ寄せが発生していたはずです。

それにも関わらず再入社した人材を面白く感じない社員もいるでしょう。さらに、同じ条件・同じポジションで採用されたなら尚更です。

大抵の場合、出戻り入社をすると、給与・職位が下がります。場合によっては、在職時に自分の後輩・部下が自分の上司になっている可能性もあります。

出戻りは都合の良いことばかりではないことを覚えておきましょう。

いずれにしても、出戻り入社をしたのなら、誠意ある態度で周囲に接し、仕事で恩返しをするという気持ちで業務に取り組む事が大事です。


③選択肢その2:新天地に再転職する

1.再転職は甘えた考え方ではない

転職しようと思って先輩や友人に相談したら「転職は逃げ」「甘えでしかない」と言われた、という話をよく聞きます。

「指導してくださった先輩方や、同僚に迷惑がかかる」などと言われると、転職が悪いことのように思えてきます。

たしかに転職することで周囲に迷惑がかかることはあるでしょう。しかし、しっかり考えた上での転職であれば、罪悪感を抱く必要はありません。

一度しかない人生です。我慢を続けて後悔するのであれば、楽しく気持ちよく働ける職場に転職しましょう。

2.再転職を成功させるためには

転職活動をするうえで自己分析は必須です。

分析といっても難しいことではありません。普段何となく考えていることをまとめる作業です。

たとえば退職理由や志望動機などは漠然とは考えていても、いざ言葉にするとなると難しいものです。

たとえば「やりがいが感じられない」という理由で退職した場合、面接で質問をされて「やりがいが感じられなかったので退職しました」と答えるだけでは話が進みません。

なぜやりがいを感じられなかったのか、どのような仕事であれば感じられるのか分析しましょう。

仮に「毎日同じことの繰り返しで面白くなかったから、やりがいを感じられない」という場合、確かにそうかも知れませんが、世の中に同じことを繰り返さない仕事はほぼありません。

次の職場でも同じことの繰り返しでやりがいを感じられず、すぐに退職すると判断されてしまいます。せめて下記のような深いレベルに落とし込んで話せるよう、分析をしてみましょう。

同じ仕事の繰り返しで面白くなかった

↓分析して深掘り

毎日同じことをマニュアルに沿って繰り返さなければならない仕事でした。自分はもっと効率の良い方法で改善していきたいと提案したのですが、認められませんでした。

↓分析して深掘り

御社では若手の意見も積極的に採用し、業務改善をおこなっていると聞きました。自分のアイディアをどんどん出して、業務改善のお役に立ちたいと思っています。

ここまで分析をすれば、退職理由から志望動機までブレずに話すことができます。

「学生時代にはどう考えていたか」「なぜ就職に失敗したのか」「自分の能力やスキルは何か」など、自己分析のテーマはたくさんあります。

充分に分析をした上で、就職活動をおこないましょう。

自己分析しておくべき内容としては以下が挙げられます。上記の要領で深掘りをしてみましょう。

・なぜ今の職場を選んだのか?
・入社前のイメージとどこが違ったのか?すべてがイメージと違っていたのか?
・自分に合っていた部分と合わなかった部分は?

自己分析の仕上げとしては、転職エージェントに登録し、自己分析のチェックを受けることをおすすめします。新たに自分の強みや特徴が見つかるかもしれません。


④また失敗しないために転職エージェントを活用する

1.転職のサポートを全て無料で受けられる

転職に不安がある、自己分析も思うように進まないという場合

転職エージェントに相談すれば、自己分析結果に対して無料でアドバイスをもらえます。

履歴書・経歴書を見ながら自己分析結果を伝え、エージェントからの質問に答えましょう。

エージェントは、企業が求職者のどのような点を見て、どのような質問をするのか熟知しています。

自分ではさまざまな角度から分析をしたつもりでも、いざ質問されると答えに詰まることがあるでしょう。

エージェントからの質問、分析結果に対するアドバイスを受けて、再度自己分析をしましょう。

2.事前に企業が求める人材を知ることができる

転職エージェントを利用するもう1つのメリットは、企業の情報収集ができることです。

求人情報や企業のWEBサイトを見ても、得られる情報は限られています。

表面的なことはわかっても、企業の実情はなかなかわかりません。

企業がどのような人材を求めていて、どのような質問をしてくるのか、実際に応募するまでわからないことばかりです。

しかしエージェントを利用することで、これらの情報を入手することができます。

あなたが志望する企業に紹介実績のあるエージェントであれば、企業の評価基準だけでなく、面接で聞かれる質問内容や、好まれる回答など実戦的な情報も持っています。

これから応募しようとしている企業が、実は自分に向いていない、もっといい会社がある、といったアドバイスももらえます。

転職エージェントは、自己分析でも気づかなかった自分の長所・短所と、求人情報だけではわからない企業のニーズの両方を把握しています。

また、転職サイトにも掲載されていない非公開求人を持っている場合もあります。

エージェントが持つ豊富な情報と、転職に関するノウハウは、失敗をしない転職のためには欠かせません。

転職活動を進める際には、まずは転職エージェントに登録をしてみましょう。

一般公開されていない優良な非公開求人を手に入れたいならDODA

DODAの非公開求人情報
初めて、20代 無料登録 履歴書対策 高年収求人

優良の非公開求人などなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。