リクナビネクストの評判や特徴は?どんな人が登録する転職エージェント?

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

リクナビネクストの基本情報

リクナビネクストの魅力を分析

リクナビネクストは、リクルートが運営する日本最大規模の転職サイトです。

知名度はNO1で日本全国どこでも求人を探すことができます。

リクナビネクスト会員数は約200万人とかなり多く、転職経験者の80%はリクナビネクストを利用しているということになります。

その最大の特徴は、求人数が多く扱う業種や職種のバリエーションも豊富なこと。

毎週2,000件以上の新着・更新情報が届くと言われていて、求人の掲載数に関しては申し分ありません。

また、今では多くの転職サイトやエージェントが導入している、企業から転職希望者にメールが届くスカウトサービスを早くから始めた草分け的存在です。

そのため、スカウトメールサービスの実績は高いものがあり、一か月に配信されるスカウトメールは約600万通とも言われています。

リクナビネクストのオファー機能はオープンオファー(公開求人)とプライベートオファー(非公開求人)に分かれていて、未経験の人やブランクの長い人などはオープンオファーから選び、自分の希望条件や仕事経験を登録して企業から直接求人を送ってもらうプライベートオファーを使ってしっかりと転職先を選ぶなどという風に使い分けることができます。

使い方次第でかなり使えるツールになることは間違いありません。

また、サイトがかなり使いやすいという口コミも数多く見られます。

リクナビネクストは転職エージェントではないため、キャリアコンサルタントによるサポートを受けるのではなく、自分で求人を探して転職活動を行う仕組みです。

そのため、転職希望者が求人検索をしやすいような工夫がされています。

例えば、希望の業種や職種で検索しやすくなっていますし、勤務地や勤務時間などの様々な条件で条件を絞り込めるようにもなっています。

また、リクナビネクストに登録すると使えるようになる「マイページ」は、自分の履歴書や職務経歴書の管理、求人情報のブックマーク、企業とのメッセージのやり取りなど、転職活動に必要な情報を一元的に管理できるようになっているのです。

転職エージェントから見た、他の転職サイトと比較したリクナビネクストのGOODポイント

 

求人数が多い

リクナビネクストの一番のグッドポイントは、やはり求人数の多さでしょう。

日本最大級の転職サイトで知名度もかなり高いため、たいていの企業は求人を登録しています。

ですから、あなたが目指す企業も必ず見つかるはずです。

もちろん、求人数が多ければ良いということではありませんが、出会える求人の数が多ければ理想の求人に出会う確率も高まります。

さらに、求人数が多いため登録されている業種や職種の幅も広く、子育て中の女性が多く働いている職場や未経験OKの仕事などといった様々な条件を満たした求人も数多く登録されています。

転職先に細かいこだわりがある人にも、ぴったりです。

スカウト機能は使いやすい

リクナビネクストのスカウト機能が良いというのは、リクナビネクストを使って転職をした人の間で言われていることです。

リクナビネクストのスカウト機能には、オープンオファー(公開求人)プライベートオファー(非公開求人)の二種類があります。

オープンオファーは誰でも見ることができる求人で、未経験の人やパートや派遣社員などの非正規雇用の人向けの求人です。

もちろん、正社員の求人もありますが、プライベートオファーに比べると求人の質は落ちます。

一方、プライベートオファーはあなたの希望条件や職歴などを登録しておくことで、企業がそれを見てほしい人材にオファーを出してくるものです。

つまり、あなたから求人を探すわけではなく、企業の方からオファーが来るということです。

ただし、プライベートオファーが来たからと言って、必ず書類選考が通るというわけではありませんので、ご注意ください。

サイトが使いやすい

リクナビネクストに登録すると、「マイページ」を使うことができるようになります。

このマイページの使い勝手が良いと、転職者の間でとても人気が高いのです。

マイページでは、企業の求人情報のブックマークをしておくことや面接日などのスケジューリング、自分の履歴書や職務経歴書の管理や、それらの応募書類をマイページから直接企業に送信することもできます。

さらに、マイページで企業とのメッセージのやり取りまでできるのです。

これらの転職活動に必要な情報を一元管理できるマイページは転職者の間でかなり人気が高く、このマイページを使えるだけでもリクナビネクストに登録する価値はあるかもしれません。

また、リクナビネクストは自分で求人検索をして転職活動を進めていく転職サイトなので、検索システムがかなり高性能です。

検索方法が多様で、様々な転職者のこだわり検索に対応しています。

他にも、「グッドポイント診断」という自己分析が簡単にできるツールもあります。

ただ、「自立心が強い」「決断力がある」などという自己分析が直接転職活動につながるかどうかは甚だ疑問であり、転職エージェントの間では「あまり役に立つツールとは言えない」というのが一致した意見となっています。

試しにやってみても良いとは思いますが、絶対に必要なツールというほどのものではありません。

転職エージェントから見た、ほかの転職サイトと比較したリクナビネクストのBADポイント

応募書類の添削や面接対策などのサポートは弱い

たいていの転職サイトには応募書類の添削や面接対策などの転職活動のサポートサービスが用意されています。

リクナビネクストにも、もちろんこのようなサービスはありますが、あまりサポート内容には期待しない方が良いです。

転職エージェントによる転職対策サポートは一人一人の要望に合わせて質問に答えてくれるなど、かなり役に立つサービスを提供しています。

しかし、リクナビネクストはキャリアコンサルタントがつかないため、「情報は提供するので、あとは自分で調べたり勉強したりしてね」というスタンスです。

履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策についてまとめた「転職パーフェクトガイド」、転職に関する質問集である「転職Q&A」、転職ノウハウを集めた冊子など、読み物やコンテンツなどは用意されています。

これを読んで転職活動のコツがわかってしまえば問題ないでしょう。

しかし、実際は自分の面接での話し方や話す内容を実際に聞いてもらったり、コンサルタントに実際の面接の練習をしてもらったりというサポートがあった方がわかりやすいと思います。

転職エージェントなら面談を受けたり電話で相談したりすることもできますが、リクナビネクストはそのような実践的なサポートはないため、自分で何とかしなければなりません。

高収入案件は少ない

はっきりとしたデータがあるわけではありませんが、リクナビネクストで転職する人の平均年収はだいたい300万円~400万円の間と考えられています。

そのため、年収1000万円を目指して転職をしたいなどという、高収入案件を求めて転職する人には向きません。

管理職や専門職で高収入を得られる求人を求めている人は、エグゼクティブ専門の転職サイトや、IT系や医療系など専門職に特化した転職サイトを使った方が良いでしょう。

ブラック企業の求人が紛れていることも

高収入案件が少ないと言われているリクナビネクストで「年収1000万円以上!」などという高収入案件を見かけたら、それはブラック企業の求人である確率が高いでしょう。

もちろん、そのような求人全てがブラック企業のものであるわけではないでしょうが、しっかり注意しなければなりません。

ブラック企業が出した求人かどうかを見分ける方法について、お話ししましょう。

例えば、仕事内容の割には高収入の求人は怪しいと考えるべきです。

そこに書いてある高い給与額は、いろいろな手当や決して達成できないようなノルマや成果を上げなければ得られない年収であるなど、実質そんな高い年収をもらっている人は社内にはいない、という実際にはあり得ない年収額なのです。

「嘘は書いていないが、実際はあり得ない」情報というわけです。

また、目立つ位置に「求人広告枠」を購入し、「若干名採用予定」で実際は採用しないような高額な年収の求人をでかでかと載せているような求人は、ブラック企業のものである可能性が高くなります。

高収入求人につられてアクセスしても、実際はあまり条件の良くない求人にしかたどり着けません。

このように、あまり条件の良くない求人も紛れ込んでいますから、しっかりと求人情報を読み込んで吟味することが必要です。

スカウトメールは機械的で役に立たない面もある

リクナビネクストの売りともいえるスカウトメールサービスですが、実際は役に立たないという声もよく聞かれます。

なぜなら、オープンオファーは機械的な定型文を無条件に送り付けているだけのメールが多く、役に立たないことが多いためです。

オープンオファーにはあまり期待しない方が良いでしょう。

それならば、プライベートオファーが来れば良いのかというと、そういうわけでもありません。

登録した希望条件や職歴情報をしっかりと企業担当者が読み込んでいるわけではなく、いくつか条件にヒットした登録者に無条件に送り付けているという場合もあります。

そのため、プライベートオファーが来たからと言って、すぐに選考が先に進むというわけではありません。オファー機能はあまり過信するべきではないと言えます。

転職エージェントから見た、こんな人にリクナビネクストはおすすめ

幅広い求人の中から転職先を探したい人

リクナビネクストが向いているのは、やはり多くの求人を見たい人でしょう。求人数の多さでは業界一ともいわれています。

また、日本全国どの都市にも対応していますから、地方在住の人も便利に使うことができます。これも、求人数が多いリクナビネクストならではです。

さらに、求人数が多いだけでなく、業種や職種も幅広いため様々な種類の求人の中からあなたにぴったりの転職先を探し出すことができるでしょう。

転職先の条件のこだわりが細かい人

求人数が多いということは、様々な種類の求人が掲載されているということ。

そのため、正社員や派遣社員、パートといった雇用条件をはじめ、日勤や夜勤、勤務地や勤務時間、昇給体系、有給の取り方や福利厚生など、様々な条件の求人が掲載されています。

求人数が多いためおのずと求人内容のバリエーションが広くなりますから、選べる条件のバリエーションも広がるというわけです。

子育て中の女性や体力に自信がない人、副業をしている人、また、勤務時間や仕事内容などに細かいこだわりがある人は、できるだけ多くの求人を見てより適した仕事を選びたいですよね。

そんな転職条件のこだわりが細かい人に、求人数が多いリクナビネクストは最適です。

自分のペースで転職活動をしたい人

リクナビネクストは自分で求人情報を検索して、自分で転職活動を進めるタイプの転職サイトです。

そのため、転職エージェントのサポートを受けることはできませんが、自分のペースで転職活動を進めることができるように検索システムが進化していますし、便利なツールであるマイページを利用することもできます。

キャリアコンサルタントが紹介してくる求人だけを見るのではなく、全ての求人に自分で目を通して自分で選びたい、キャリアコンサルタントに企業を決められたり転職のペースを左右されたりするのではなく、自分で転職活動を切り開いていきたいという人に、リクナビネクストは向いています。

転職前に情報収集したい人

リクナビネクストは、転職することがまだ決まっていない人が情報収集するために使うことができるサイトでもあります。

まだ転職が決まっていないのに転職エージェントを使うのは、気が早すぎますよね。ですから、転職の前段階として自分で求人検索ができるリクナビネクストは、転職前の情報収集にぴったりなのです。

転職活動にとって重要なのは、情報を収集することです。転職活動に役に立つ面接対策などの転職ノウハウや企業情報などを、リクナビネクストを使えばしっかり収集することができます。

特に企業情報は、ある程度時間をかけて見ていかないと、転職市場の動向や企業の性質などをつかむことができません。

いきなり転職活動が始めのではなく、下準備としてリクナビネクストを利用して情報収集を始めるのが賢い方法かもしれません。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。